週刊少年マガジン

化物語【第59話】のネタバレ!撫子を解放した蛇切縄が向かう先とは?

4564846874684 - 化物語【第59話】のネタバレ!撫子を解放した蛇切縄が向かう先とは?

2019年7月24日発売、週刊少年マガジン34号の化物語【第59話】のネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

撫子の蛇切縄をお祓いするため、神原同行の元、”解呪の儀”を行った阿良々木。忍野に教えられたやり方で無事撫子の蛇切縄が祓われたと思った直後、撫子の体は宙に浮き、突然暴れだしました。

阿良々木はその時初めて”2匹目の蛇切縄”がいたことに気づくのでした。

化物語最新話を無料で読む方法は?

化物語最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、化物語最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
化物語最新話を読む

化物語【第59話】のネタバレ

2匹目の蛇切縄に巻きつかれ、宙に浮き、白目をむく撫子。

撫子を救出するため、阿良々木は神原と共に走り出します。

「先に行くぞ、阿良々木先輩。」と阿良々木を追い抜いていく神原。

「神原っ頼むッ」

「うむ!任された!」

しかしスクール水着姿の神原は、森の中で肌に枝が当たってうまく進めず、阿良々木は「だから言っただろうがッ!こんな山ん中でその格好はやめろって!!着替えてこいっ!!」と指示します。

そして一人で走りながら、蛇切縄が2匹いたことに気づかなかった自分を悔やみ、気づくべきヒントはいくらでもあったという阿良々木。

思い返せば、撫子の体についていた蛇の”鱗の痕”は両手両足に満遍なくついていました。

いくら怪異と言っても所詮は蛇なので、空を飛んできたわけでもなく、地面を這って足から巻き付いたはずです。

”―――だったら見えなくても、解らなければいけなかった。1匹では構造的に両手両足に巻き付くことなんて、不可能・・・!!”

蛇は1匹では片手片足にしか巻き付けないので、両手両足に巻き付くためには、2匹必要なのです。

”それに忍野も言っていたじゃないか。蛇切縄の本質は蛇ではなく「縄」のメタファーの方だと。縄は1本じゃつくれない。必ず2本必要だ。”

そして阿良々木は、ようやく撫子を捕まえます。

撫子の体を引きずって逃げようとする見えない蛇切縄を、阿良々木は鷲掴みにします。

ぬるっとした感触に思わず「うげっ」と声がでる阿良々木。

”・・・いるッ・・・いや・・・いて・・・当たり前なんだけど・・・。”

忍野は阿良々木なら蛇切縄を障れるはずだと言っていました。

「キモ・・・手にさらさらした粘液みたいな感触が・・・。」

阿良々木は初めて触る蛇の感触に戸惑いつつも、蛇切縄を撫子の体からはがそうとします。

忍野は阿良々木が怪異そのものでもあり、北白蛇神社には良くないものが渦巻いていると話していました。

蛇切縄が良くないものの影響で実体化してるのと同じように、それらを味方につければいいと。

そうすれば阿良々木の吸血鬼の血も強化されるのです。

激しく暴れ始める蛇切縄を阿良々木は、なおも鷲掴みにします。

「千石だって自分で蛇を10匹以上捕まえてたんだ・・・”お兄ちゃん”の僕がこの程度できなくて―――」

その時、蛇切縄が阿良々木の腕にかみつきました。

クシャっと腕がへこみ、苦痛に顔をゆがめる阿良々木。

そんな阿良々木の足に、続けて容赦なく蛇切縄が咬みつきます。

「ぐっ・・・あ・・・あああい・・・いいっ・・・痛てえっ・・・!!か・・・咬まれたっ・・・!!?」

阿良々木が思わず蛇切縄を離した瞬間、撫子は蛇切縄から解放されました。

息をし始めた撫子を見て安心する阿良々木。

蛇切縄はガサガサと音を立てて、阿良々木達から離れていきます。

”逃げた・・・・?いや・・・違う・・・・!!向かったんだ・・・・!!”

人を呪わば穴二ツ。

”呪う”も”呪われる”も結局同じ行為で、撫子を呪った相手は呪いという穴でつながっています。

”千石は・・・死ななかった・・・・―――呪いは千石側では失敗した・・・となれば・・・蛇が向かう先は・・・当然―――”

そう考えた瞬間、右腕に強い痛みが走る阿良々木。

見ると先ほど咬まれた箇所がドロッと溶けていました。

”傷が―――治らない!?いや・・・むしろ悪化して・・・溶けてる。”

溶けた腕が千切れた瞬間、阿良々木はそれが蛇の毒だと気づきます。

”僕の治癒スピードより、毒が回る方が早いのか・・・!!”

阿良々木は少し考えた後、溶けてない左腕からコウモリの羽を広げ、空へと舞い上がりました。

”行かせないっ!!!”

化物語【第59話】の感想

撫子の呪いは解決しましたが、2匹目の蛇は呪いをかけた子の元に向かったようですね。

そのため阿良々木が2匹目の蛇を追って、動き出しました。

どんな結末になるのか、とても気になりますね!

次回の化物語【第60話】が掲載される週刊少年マガジン35号は7月31日に発売されます。

化物語最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、化物語最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
化物語最新話を読む