週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア 【第216話】決着!A組VSB組のネタバレ

2019y02m09d 141103944 - 僕のヒーローアカデミア 【第216話】決着!A組VSB組のネタバレ

前回までのあらすじ

佳境を迎える対抗戦。

ワン・フォー・オールの継承者からもらった黒い力は凄まじい威力を発揮しますが、にもデクは大きな力に恐怖することはありません。

思い出すのはオールマイトに言ってもらえた言葉だけでした。

黒い力に持続性はなく消えてしまいます。

その際に痛みが走ったことからも、個性についていかない身体を自覚し、ワン・フォー・オールの本当の力はもっと先にあるとデクは確信します。

デクが心操を追う一方、お茶子はデクの指示で物間を捕まえました。

庄田に峰田が捕まってしまいますが、挟み撃ちにあって危なかった芦戸はお茶子が柳と小大を止めるアシストもあって庄田を倒しました。

後はデクの勝利を信じて待つのみです。

「絶対勝つから」

そうお茶子に言ったデクは、先代や仲間たちを信じて、何よりも『原点を忘れず』飛び込んだ心操の懐で、最後の一撃を繰り出しました。

僕のヒーローアカデミア 【第216話】決着!A組VSB組のネタバレ

デクの一撃が心操を捕えた瞬間、心操は改めて思いました。

───凄いなァ ヒーロー科───

倒れ行く心操は笑っていました。

対抗戦第5セットは4-0でA組の勝利!

そして、5セット中3勝1敗1引き分けで、今回の対抗戦のA組勝利も決定しました。

勝利に沸くA組と、そこまで対抗意識はなかったと言いつつやっぱり悔しいB組の面々の横で、心操は先生たちに歩み寄ります。

「俺の編入試験も兼ねてたんですよね」

状況的にそうではないかと思っていたと心操は言います。

相澤はまだ講評の時間が残っているから戻れとひとまず答えを避けました。

「えーとりあえず緑谷。何なんだお前」

相澤の一言で周りもデクの黒い力の不思議にざわつきます。

ワン・フォー・オールの事は他言できない為、デクは言える範囲で伝えられる言葉を模索しました。

デク自身もまだハッキリとは分からず、抑えられない力が怖かったと正直に伝えます。

けれど、お茶子と心操のお陰で『そうじゃない』と気付けたと、原点を思い出せた事を二人に感謝するのでした。

ミッドナイトもデクを止めた二人の行動を褒めますが、芦戸は素早くデクに抱きついたお茶子をからかいます。

お茶子は真っ赤になりながらも冷静さは必要だったけど、何もできなくて後悔するよりは良かったと言いました。

そんなお茶子を見て、相澤はいい成長をしていると褒めるのですが、当のお茶子は更に真っ赤になっていて聞こえていない様子です。

お茶子の隣ではデクもつられて真っ赤になっていました。

「……俺は別に緑谷の為だけじゃないです」

そう言った心操は、お茶子の指示があって動いた事や、状況的に抑える必要があって、デクに勝ちたかったからそうなったのだと言います。

「俺の心は自分の事だけで精一杯でした」

肩を落とす心操に詰め寄った相澤は、そのままキュッと心操の捕縛布を引っ張って首を絞めました。

生徒たちはP・T・Aコールで暴力だと騒ぎますが、相澤は構わず心操に告げました。

「誰もお前にそこまで求めてないよ」

皆が誰かを救えるヒーローになる為の訓練を積んでいて、いきなりそれができるのはオールマイト級の天才だと言いました。

「『人の為に』その思いばかり先行しても人は救えない」

「自分一人でどうにかする力が無ければ他人なんて守れない。その点で言えばお前の動きは充分及第点だった」

相澤はそう言って心操に諭します。

デクもまた、心操の戦いっぷりをこれでもかというほど熱く語って称えました。

「誰かの為の強さで言うなら僕の方がダメダメだった」

そう言って拳を握るデクに相澤もそうだなと答えます。

そして、これから改めて審査に入るがと前置きしつつ、心操は二年からヒーロー科に入ってくると皆に伝えました。

真相が入るのはA組かB組かで沸き立つ生徒たちに、相澤は、そのへんはおいおいだと言いながらなだめます。

物間は負けを認めながらも内容はA組に負けていなかったと言い、

「緑谷くんの”個性”がスカだと分かればそれに応じた策を練れる」

だからもう1回やれば次は分からないと続けるましたが、授業は終わりだと管に言い捨てられるのでした。

デクは物間の言う”スカ”の意味を思案します。

最後、心操を追っていたデクに生じた庄田の”個性”の発動は物間によるものです。

物間がデクの”個性”について何を知ったのか分からず、デクも不安の色を見せました。

相澤は物間を見て、物のついでで悪いがと思い出したように声を掛けました。

「物間、ちょっと明日エリちゃんのとこ来い」

真意の読めない呼び出しの行方を見守ります。

僕のヒーローアカデミア 【第216話】決着!A組VSB組の感想

対抗戦の決着がつきました!

デクの暴走など大変な場面もありましたが、ラストの展開はスピード感があってすごく楽しかったです。

そして、2年生からヒーロー科に入れることになった心操のこれからの活躍も気になるところです。

個人的にはA組に入ってくれたらいいなぁ~と淡い期待を抱いてます。

新しい展開に期待も膨らむ中で、物間のいうデクの”個性”がスカと言ったのがどういう意味なのか気になりますね。

また、エリちゃんのところに行けと言われた物間ですが、物間の何かを消す必要があるという事なのでしょうか?

エリちゃんの登場は嬉しいですが、どうなっていくのか次回も楽しみです。

次回の僕のヒーローアカデミア【第127話】が掲載される週刊少年ジャンプ12号の発売日は2月18日になります。