週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア【第257話】紡げ、何者でも無く。のネタバレ!デクが次に習得する個性とは?

2020年1月20日発売、週刊少年ジャンプ8号の僕のヒーローアカデミア【第257話】紡げ、何者でも無く。のネタバレや感想をまとめました。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法は?

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む

【前回のあらすじ】

インターンの成果を披露した1年A組の生徒たち。見事に黒鞭を使いこなせるようになったデクに、オールマイトは次のステップに進むことを提案するのでした。

僕のヒーローアカデミア【第257話】紡げ、何者でも無く。のネタバレ

オールマイトに呼び出されたデクと爆豪。

そこでワン・フォー・オールの歴代継承者の詳細を、可能な範囲でまとめたノートをオールマイトが取り出します。

2,3代目に関しては手掛かりも見つからず、時代とワン・フォー・オールの性質が相まって記録から探るのは不可能だったというオールマイト。

そんなオールマイトの話にしびれを切らした爆豪が、どーでもいいから話進めろ!と怒ります。

デクは黒鞭をまだ一秒くらいしか持続できず、瀬呂や相澤のようには扱えないものの、補助能力としてすでに強力な”個性”だと思うと話します。

あれ以来歴代との接触はないんだね?というオールマイトの質問に、はいと答えるデク。

その間爆豪はワン・フォー・オールのノートをめくり、書いてある文字を読み始めました。

 

第五代継承者「ラリアット」。

本名・万縄大悟郎。”個性”「黒鞭」。

身体から放出するヒモ状のエネルギーで捕縛と空中機動を得意とした。

 

爆豪はどれも特に強い”個性”を持っているわけじゃねんだなと言います。

デクがめちゃくちゃすごい”個性”だらけじゃない!?と言いますが、てめーは”個性”なら何でもすげぇんだろが、ザコ価値観が!という爆豪。

するとオールマイトは爆豪の言うことも間違いじゃないと話し始めます。

オール・フォー・ワンはワン・フォー・オールに固執していたというオールマイト。

今では考えられないほどに悪が力を持っていた時代。

オール・フォー・ワンは強い者を徹底的につぶしていきました。

歯止めの効かない悪意と支配が、それを可能にしていたのです。

地獄の中をもがき息絶える中、歴代はこの力に未来を託し紡いできたのだとか。

彼らは”選ばれし者”ではなく、繰り返される戦いの中で、ただ”託された者”であり”託した者”だったのです。

そんなオールマイトの話につばを飲み込むデク。

すると爆豪は「どーりで。どいつも早死にだ」とつぶやき、ノートを机の上に置きました。

さらに爆豪が、次はクソナードに何習得さすんだと聞くと、オールマイトは「浮遊」と答えます。

それはオールマイトの師匠である志村菜奈の”個性”でした。

それを聞いた爆豪は「勝った!!」と大きな声で喜びます。

俺は爆破で浮ける!!てめーは俺が既に可能なことに時間を費やす!その間インターンで俺はさらに磨きをかける!つまりてめーより先にいる!Q.E.D!!

そんな爆豪の言葉に、デクはすぐに習得して追いつくと慌てます。

しかし、どーせまたパニクって爆発して死ぬ!!という爆豪。

そんな2人のやり取りを、オールマイトは微笑ましく見守るのでした。

 

その後、寮へと戻ってきたデクと爆豪。

準備が整ったところで、「インターン意見交換会」兼「始業一発気合入魂鍋パだぜ!!!会」がスタートしました。

寒い日は鍋に限るよな~!!と喜ぶ切島。

耳郎が暖かくなったらもう2年生だねとしみじみ言います。

あっという間だったという梅雨とお茶子。

後輩が出来るため、有望な奴がきたら嫌だと話す生徒たち。

すると飯田がまだ約3か月も残っているぞ!!期末も控えてることを忘れずに!と注意しました。

そんな飯田に鍋が不味くなるからやめろと怒る峰田。

楽しく食卓を囲みながらデクは考えます。

激動の日々の中でデクは時々我に返ることがありました。

今僕がここにいること。

オールマイトに見てもらえるなんて思ってもいなかったし、かっちゃんと普通(?)に話せる日が来るなんて思っていなかった。

「(僕は)恵まれすぎてる」とデクはつぶやくのでした。

 

一方寮の外に座るオールマイトのもとに、相澤がやってきました。

エリ少女は?と聞くオールマイトに、ぐっすりねむってますと答える相澤。

今週中にでも訓練を始めさせるという相澤に、手伝うとオールマイトが言います。

その後、押し黙るオールマイトに相澤は、どうしました?と尋ねます。

するとオールマイトは「生きると決めたんだ」とポツリとつぶやきました。

無気力感がふつふつと湧いてくるというオールマイト。

生徒が成長するたびに、何もしてあげられない歯がゆさに苛まれると言います。

そんなオールマイトの言葉に、ワーカーホリックが治ってないんですという相澤。

何十年もこの国を支えてきた、その落差からくる中毒症状だという相澤にオールマイトは手厳しいなと返します。

すると相澤は、何もしてあげられないと言っていたオールマイトの言葉に返すように「してあげられてますよ」と言いました。

生きてここにいる。

それだけで背中を押されてる人間がたくさんいます。

あなたは堂々とふんぞり返っててください、変わらずに。

そんな相澤の言葉に、目頭を押さえながら「すまない・・・!!」というオールマイト。

そして相澤は塚内からの言伝として、ステインとの面会を遅らせてほしいと告げるのでした。

 

それから月日がたち、桜も咲き始めた3月下旬。

この日、街からヒーローが消えました。

僕のヒーローアカデミア【第257話】紡げ、何者でも無く。の感想

デクが次に習得しようとしているのが、志村菜奈の能力である浮遊だということが明らかになりました。

これを覚えればデクにとって、大きな力となることは間違いなさそうです。

そして最後はヒーローが街から消えたという唐突な展開となりましたが、死柄木が関係しているのでしょうか?

次の展開もとても気になりますね!

次回の僕のヒーローアカデミア【第258話】が掲載される週刊少年ジャンプ9号は1月27日に発売されます。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む