週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア【第256話】空、高く群青のネタバレ!インターンの成果をお披露目!

2020年1月4日発売、週刊少年ジャンプ6・7合併号の僕のヒーローアカデミア【第256話】空、高く群青のネタバレや感想をまとめました。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法は?

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む

【前回のあらすじ】

黒霧の正体だった白雲に語り掛けて自我を取り戻させ、「病院」という言葉を引き出した相澤。それはホークスにも伝えられ、何やら動き始めるのでした。

僕のヒーローアカデミア【第256話】空、高く群青のネタバレ

雄英高校では1年A組の生徒たちが、インターンの成果を披露していました。

始めに青山がネビルセーバーというソードでロボットを倒していきます。

さらに青山がベルトから出したビームを葉隠が曲げて光を屈折させ、ロボットを攻撃。

仕上げに芦戸が粘性MAXのアシッドマンでロボットをキックし、溶かしました。

その様子を見ていた生徒たちは、オールマイトに促されて3人に拍手を送ります。

芦戸と葉隠と青山は具足ヒーローのヨロイムシャの元でインターンを行っていました。

攻防一体の策が多く、ついていくためにコンボや新技を開発したという葉隠。

芦戸はアシッドマンをアンブレイカブルからパクッたと言いながらニヘと舌を出して笑い、切島はおぉ!と返します。

 

そして他の生徒たちも次々にインターンの成果を披露し始めました。

まず尾白&砂藤は手数と先読みの力。

インターン先はライオンヒーローのシシドでチャートNo.13です。

耳郎&障子は索敵強化中。

インターン先は鯱ヒーローのギャングオルカでチャートNo.12です。

上鳴&瀬呂&峰田は最短効率チームプレイ。

インターン先は峰山ヒーローのMt.レディ(チームラーカーズ)でチャートNo.23です。

さらに飯田は物腰。

インターン先はノーマルヒーローのマニュアルでチャートNo.222です。

口田は円滑なコミュニ―ケーション。

インターン先は洗濯ヒーローのウォッシュでチャートNo.8です。

常闇は総合力向上。

インターン先はウイングヒーローのホークスでチャートNo.2(事務所不在)です。

切島はいかに早く戦意喪失させるか。

インターン先はBMIヒーローのファットガムでチャートNo.58です。

麗日&蛙吹は決定力。

インターン先はドラグーンヒーローのリューキュウでチャートNo.10です。

八百万は予測と効率。

インターン先は魔法ヒーローのマジェスティックです。

そして爆豪&デク&轟は底上げとスピードと経験値。

インターン先はフレイムヒーローのエンデヴァーでチャートNo.1です。

オールマイトはトップヒーローになるならチャンスは逃すな、これは君自身が勝ち取った力だとデクに言ったことを思い出します。

そしてあの頃が遠い昔のようだと感じるオールマイト。

デクの背中を見つめながら、君はもう私を振り返らないだろうと心の中で語りかけました。

(振り返らなくていい。征け少年)

デクは黒鞭を操り、見事にロボットを倒して見せました。

 

その後、生徒たちが褒めあう中、見事に黒鞭を使いこなしたデクに俺の個性がアレになっちゃうよと嘆く瀬呂。

するとデクがお茶子に、ちゃんと使えるようにしたよ、あの時はありがとうとお礼を言います。

いつの話をしとるんだい!と笑うお茶子。

お茶子はあれがきっかけで、このワイヤーを導入したと言いながら、手の装具からワイヤーを出して見せます。

私はとっくに力に変えた、お互い向上したってことで!というとお茶子は右手の拳をスッと差し出します。

デクはお茶子の拳に自分の拳を合わせながら、再びありがとうとお礼を言いました。

そんな2人のやり取りを生徒たちが微笑ましく見つめる中、峰田は「何なん」とつぶやいて不満げな表情を浮かべていました。

全員の成果を確認したオールマイトは、録画したから相澤くんに渡しておくと話し、引き続きインターン頑張ってくれ!とエールを送ります。

 

一方寮に戻ってきた相澤とマイク。

インターンの件といい公安は何かつかんでいると相澤は言います。

脳無の製造元が分かったら、お前はどうするという相澤の言葉に、飛んで行ってカラオケ大会してやるよ!はらわたが煮えくり返ってモツ煮だと怒りを露わにするマイク。

マイクに「お前は」と問われ相澤が答えようとしたとき、ミリオと天喰がやってきて、エリの様子がおかしいと言います。

エリはねじれに抱かれながら、角がムズムズすると泣いていました。

そんなエリの頭を撫でながら、ここは雄英高校だから大丈夫だと落ち着かせる相澤。

 

その頃、仮眠室ではオールマイトとデクと爆豪が話していました。

オールマイトに黒鞭を使いこなしたことを褒められ、お礼をいうデク。

「爆豪少年も君どこまで昇り詰めるの!?って具合だ・・・!」というオールマイトに、爆豪は「んだそりゃ!!」と返します。

そしてオールマイトは結局すべては分からなかったが、次のステップへ進めなければならないと話しながら、ワン・フォー・オールの歴代継承者のノートを取り出すのでした。

僕のヒーローアカデミア【第256話】空、高く群青の感想

今回は生徒たちのインターンの成果がお披露目されました。

それぞれ成長していて、これからがますます楽しみになりましたね。

そしてワン・フォー・オールのさらなる秘密が明かされるようなので、次も楽しみです!

次回の僕のヒーローアカデミア【第257話】が掲載される週刊少年ジャンプ8号は1月20日に発売されます。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む