週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア【第245話】決起のネタバレ!ホークスの暗号の内容とは?

2019年10月7日発売、週刊少年ジャンプ45号の僕のヒーローアカデミア【第245話】決起のネタバレや感想をまとめました。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法は?

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む

【前回のあらすじ】

エンデヴァーの元にインターンにやってきたデク、轟、爆轟の3人。そんな中、スパイ中で監視下に置かれるホークスは、エンデヴァーに情報を伝えるために現れました。

僕のヒーローアカデミア【第245話】決起のネタバレ

ヒーローが暇を持て余す世の中にしたいと笑顔で語っていたホークス。

しかしエンデヴァーは真剣な表情で、異能解放戦線と書かれた本を差し出すホークスに違和感を覚えます。

そしてホークスは本をエンデヴァーに渡しました。

デクはあの速さの秘訣が隠されているかもしれないから、僕もホークスが推す本を読んでみようと興味津々です。

するとホークスは、そんな君のために持ってきてましたと本をたくさん取り出して、デクたちに配り始めます。

時代はNo.2ですよ!速さっつーなら時代の先を読む力がつくと思うぜ!というホークス。

この本が大好きなんですね、こんなに持ってるなんてという轟に、デクは「布教用だと思う」と言います。

ホークスは「そゆこと」とデクを指さしてにこっと笑いました。

その本を全国の知り合いやヒーローたちに勧めているというホークスは、これから少なくとも解放思想が下地になっていくと思うと言います。

そしてマーカー部分だけでも目を通した方がいい、”2番目”のおすすめなんですから、とエンデヴァーに念を押すホークス。

ホークスは4人共インターン頑張ってくださいね、と言いながら飛び立っていきました。

デクは若いのに見えてるものが全然違うとホークスに感心しますが、爆轟は気に食わない様子。

エンデヴァーは本をめくりながら「ああ・・・そうだな」とつぶやきました。

 

その後、デクたちはエンデヴァーの事務所に到着。

サイドキックのバーニンが3人を迎えいれました。

しかしエンデヴァー事務所は大手で、サイドキックが30人以上いるため「あんたらの活動する場はなァァい!!」というバーニン。

爆轟はプロのお株を奪えってことかと察し、バーニンは「そゆこと!」と返します。

轟に対しても息子だからって忖度しないから、せいぜい食らいついてきな!というサイドキックたち。

活気にあふれるエンデヴァー事務所は基本的にパトロールと待機で回しており、緊急要請や警護依頼、イベントオファーなど一日100件以上の依頼を捌いているのだとか。

爆轟は早く仕事にとりかかろうと急かします。

ホークスに手柄を取られて、イラついているようです。

しかしサイドキックの一人は、威勢は認めるがエンデヴァーの指示を待ってな!と言います。

 

そんな中エンデヴァーは、一人部屋の中でホークスのことを考えていました。

あの時と違い過ぎるとホークスの様子が、腑に落ちないエンデヴァー。

先ほどのホークスは以前話していたこととは、まるで言っていることが真逆でした。

エンデヴァーはホークスをにやけた顔でうそぶくように本心を語る奴だと思っており、少なくともエンデヴァーの前ではいつもおどけた表情でいたのです。

しかし先ほどのホークスは真逆の印象で、本心じゃないと感じるエンデヴァー。

マーカー部分だけでも目を通した方がいい、”2番目”がおすすめだと言っていたホークスの言葉を思い出し、エンデヴァーはわざとらしい物言いだと感じます。

言えない何かがあって、それでも伝えんとするような―――・・・。

そしてホークスから渡された本を見ていたエンデヴァーはあることに気づきました。

マーカー部分の2文字目がつながっていると。

 

一方ホークスは公安には無事暗号を届けたものの、鈍そうなエンデヴァーに暗号が解けるのかと心配していました。

解放戦線にヒーローが何人もいる以上、公安から公に情報を晒すわけにもいきません。

エンデヴァーには表情で察してほしいと考えていたホークスですが、我ながら気持ち悪いと感じていました。

 

その頃、エンデヴァーは本を次々とめくり、マーカー部分の暗号を解読してつなげていきました。

「敵は」

「解放軍」

「連合が」

「乗っ取り」

「数」

「十万以上」

 

解放戦線の本部に戻ってきたホークス。

幹部たちに、解放思想の浸透を頑張ってます!と報告します。

さらに公安が未だに連合は少数で潜伏していると思っていて解放軍の存在に気づいていないことや、泥花市事件の連合関与について捜査中であるものの戦士たちが上手くやっていること、後進育成が始まっていることを報告しました。

エンデヴァーの元にいる3人は、あまり成長してないみたいだと荼毘が言うと、言っても学生ですからねとホークスは返します。

その後リ・デストロに下がって良いと促され、部屋を出るホークス。

 

ホークスの剛翼はどれだけ小さなSOSもとりこぼさないように鍛えてきました。

剛翼は振動幅から音の種類を割り出すため、部屋を出てからも部屋の会話が聞こえてくるのです。

ホークスの耳には、予定通りでいいかとスピナーに確認する声が聞こえてきました。

スピナーは戦士たちの士気を維持しておけ、と言います。

そして死柄木が「力」を手に入れたら、いよいよ全部壊すというトガヒミコ。

決行は「4か月後」。

エンデヴァーもそれを知るのでした。

僕のヒーローアカデミア【第245話】決起の感想

ホークスの伝えた暗号をエンデヴァーは無事解くことができました。

作戦が4か月後に決行されることを聞いたエンデヴァーは、どう動くのでしょうか。

次の展開も楽しみですね!

次回の僕のヒーローアカデミア【第246話】が掲載される週刊少年ジャンプ46号は10月12日に発売されます。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む