週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア【第243話】ネタバレ!いざ!エンデヴァー事務所!

2019年9月14日発売、週刊少年ジャンプ42号の僕のヒーローアカデミア【第243話】いざ!エンデヴァー事務所!のネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

インターンが再開されることが発表されたものの、インターン先が決まらない様子のデクと爆豪。そんな2人を轟がエンデヴァーのインターンに誘いました。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法は?

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む

僕のヒーローアカデミア【第243話】いざ!エンデヴァー事務所!のネタバレ

大晦日。

雄英高校の生徒たちは全寮制化の経緯から帰省は難しいと思われましたが、プロヒーローたちの護衛付きで生徒は一日だけ我が家に戻れることになりました。

デクは母親にバトルの話をしますが、生で聞くのは心臓に悪いと母親は泡を吹きます。

そんな中、デクは壊理が平仮名を勉強しながら書いてくれた手紙を嬉しそうに見せました。

自分がしてあげられたことは少ししかないけど、頑張って手紙を書いてくれたんだというデク。

そんなデクの話を聞いた母親は号泣します。

小さい頃からオールマイトの真似をして、困っている人を助けるんだと青タンを作っていたときのデクを思い出す母親。

力がないのに無茶をするデクを守らなくては、と思っていたようです。

そんな母親の話を聞いて涙目になるデク。

しかし母親は今のデクの顔を見て安心したと話すのでした。

新年の朝。

デクは母親に見送られながらインターン先へと向かいます。

 

一方スパイ活動中のホークスは、ヴィラン連合と異能解放軍が融合した異能解放戦線のアジトにいました。

勝手に行動するホークスにスライディンというヒーローが注意しています。

そこへ近属友保がやってきました。

近属は現在位置や通信記録、リアルタイムでの会話内容や見ているものまで、ホークスに取り付けた20のマイクロデバイスで情報を収集し、ヒーローを丸裸にしようと考えていました。

ホークスはヒーローネットワークの奥へと通ずることができると近属は言います。

 

これより前の出来事。

ホークスはまだ警戒が解けておらず、連絡のやり取りを監視されることを事前に公安に報告していました。

そして連絡事項は全て暗号で行い、一日でも早く脳無の出所を突き止めると告げたのでした。

 

その頃、デクと轟と爆豪はエンデヴァーの元に到着していました。

「ようこそ」と笑顔で迎えてくれたと思いきや、そんな気分ではないなと眉間にしわを寄せるエンデヴァー。

エンデヴァーは轟の頼みだったため渋々許可したものの、本当は轟だけで来てほしかったと言います。

そんなエンデヴァーに、許可したなら文句言うなよ、という轟。

そのやり取りを見ていた爆豪は「補講の時から思っていたが、きちィな」といいますが、トップの現場が見れるのなら何でもいいと考えてエンデヴァーを選んだようです。

そんな爆豪の言葉にエンデヴァーは、友人は選べと言ったはずだ!と轟に向かって声を荒げます。

するとデクは「許可していただきありがとうございます」とエンデヴァーにお礼を言いました。

フレイムヒーロー、エンデヴァーは強烈な威圧感が頼もしいトップヒーローです。

デクにとっては体育祭の時の印象が強く、あれ以来恐かったようですが、今回会って雰囲気が変わったと感じていました。

 

デクと爆豪がオールマイトに、エンデヴァーの元へインターンに行くと報告したときのこと。

是非もんでもらいなさい、オールマイトは喜びます。

ワンフォーオールの修業はどうするかとデクが聞くと、自分は順調だと考えていると言うオールマイト。

「黒鞭」発現から今日まで、まだ見ぬ”個性”が飛び出すこともなく、施錠・開錠のイメージ作りができていれば、また暴れさせるようなことにはならないはずだと言います。

「俺だったら全ブッパできる」という爆豪に「しそう」と返すデク。

するとオールマイトは爆豪もグッドタイミングだと言います。

エンデヴァーは爆豪と似たところがあるため、今のエンデヴァーを間近で見られるのは爆豪にとって良いことだというオールマイト。

二人ともトップヒーローになるならチャンスは逃すな、とオールマイトはデクと爆豪を応援するのでした。

 

「学ばせてもらいます!」とエンデヴァーに向かっていうデク。

するとエンデヴァーは以前デクが話していた「焦凍は俺じゃない」という言葉をデクに確認します。

その時、エンデヴァーはヴィランの出現を察知しました。

申し訳ないが焦凍以外に構うつもりはないと言いつつ走り出すエンデヴァー。

学びたいなら後ろで見ていろというエンデヴァーに、指示お願いします!とデクと轟と爆豪は戦闘態勢になり、ついていこうとします。

エンデヴァーは驚きつつも再び、後ろで見ていろ!!と叫びます。

 

街では宙に浮く複数の球の上に乗っかるヴィランが出現中です。

そこにはホークスも来ていました。

ホークスは「タイミング悪・・・」とつぶやきながら、高みの見物をするのでした。

僕のヒーローアカデミア【第243話】いざ!エンデヴァー事務所!の感想

デクと轟と爆豪はエンデヴァーの元でインターンをすることになりました。

早速ヴィランも登場して、どんな展開になるのか楽しみですね。

来週は休載のようなので、再来週を待ちたいと思います!

次回の僕のヒーローアカデミア【第244話】は週刊少年ジャンプ44号に掲載されます。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む