週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア【第238話】解放のネタバレ!覚醒した死柄木の強さ

2019年8月5日発売、週刊少年ジャンプ36・37合併号の僕のヒーローアカデミア【第238話】解放のネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

家族を全員殺し、一人街を彷徨う転弧に声をかけたのはオールフォーワンでした。オールフォーワンは転弧に死柄木弔という名を与え、「弔いを招く存在に生まれ変わろう」と死柄木に告げます。

そして過去のことをすべて思い出した死柄木は、自らを縛り付けていた父の手から解放されるのでした。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法は?

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む

僕のヒーローアカデミア【第238話】解放のネタバレ

「こんなもの、要らないんだ。」

そういって、父の手を崩壊する死柄木。

リ・デストロはストレス100%の状態で死柄木に攻撃を仕掛けます。

死柄木はそれに片手で応戦し、2人が激突したと同時にすさまじい衝撃波が周囲の建物を崩壊させました。

煙が晴れるとリ・デストロの前に解放された状態の死柄木が現れます。

「振り切る前に壊せば、そこまででもないな。」

そんな死柄木の言葉にドクンと鼓動が大きく波打つリ・デストロ。

「でかいだけだなぁ。わかるよ。目障りなモノを思いっきり壊すと・・・愉しいよな。」

死柄木の言葉に反論するようにリ・デストロは、

「私の力は手段である!人々を解放するための!デストロの遺志を完遂するための!」

と声を荒げます。

そう言いつつも、リ・デストロは恐怖を感じ始めていました。

(先ほどから波打つこの鼓動は―――恐怖?いいや違う!私は恐怖も力に換える!ならば何故―――)

そんなリ・デストロに、死柄木は半笑いで「リ・デストロ。窮屈そうだな。」と言います。

 

リ・デストロはその時、子供の頃に言われた言葉を思い出しました。

『力也さん。私たちは代々隠れて生きてきた。あなたはデストロの遺志を完遂する人。デストロの無念をあなたが―――』

 

そしてなぜストレスが引いてしまうのかと考えつつも、周辺のパーツのようなものを次々と身体に装着していくリ・デストロ。

完成したのは、デトネラット社謹製の負荷増幅鋼圧機構”クレストロ”です。

「150%だ!!」

そんなリ・デストロの言葉に、ふらつきながら「ああそう。そりゃいいや。」と答える死柄木。

 

一方街でギガントマキアが暴れる中、トガヒミコを抱えて走るトゥワイス。

「近づきすぎんなよ!?」

「解放軍を引き付けてくれてンのァ良いが―――・・・」

「圧倒的過ぎる。今のうちにみんなと合流できれば・・・。」

トゥワイスとトガヒミコがそんなやり取りをする中、コンプレスも今ギガントマキアとぶつかれば連合全滅だと危機感を抱いていました。

そばにいる茶毘は戦っていた外典が消えて、とどめを刺せなかったことを悔やみます。

コンプレスはドクターに「転送頼む!マキアヤバ過ぎ!みんな死んじまう!」と連絡をとりました。

しかし「ジョンちゃんを殺す気か!」というドクター。

「ジョンちゃんは転送を使うたびに、扁桃炎になるんじゃ!」

そんなドクターの言葉に「知るか、頑張れ!つーか嘘つけ。ぽんぽん使ってただろうが!」とコンプレスが返します。

するとドクターは第三者に居場所が知られている者と濃い付き合いをするつもりはないと話します。

「解放軍のマーキングを外して、出直してきなさい。」

そんなドクターの言葉に「アンタ死柄木が死んでもいいのか?オールフォーワンの後継なんだろ!?」と聞くコンプレス。

しかしドクターは「だからこそ追い込む必要がある。」と言いました。

 

一方、氷に乗ってどこかに向かう外典。

この時、外典はリ・デストロの言葉を思い出していました。

「連合と異能を交える上で最も注意すべきは、茶毘の広域火炎放射だ。外典、君が解放軍の要だ。」

そんなリ・デストロの言葉を思い出しつつ、心の中で謝る外典。

(ごめんなさいリ・デストロ。あなたを心配してしまうなんて)

外典はリ・デストロのために、ギガントマキアを食い止めようとしていました。

そして外典は氷に乗ってギガントマキアに突撃します。

しかしギガントマキアはあっさりと外典を片手で払い、弾き飛ばしました。

「主の後継!!」と叫びながら死柄木の元へと向かうギガントマキア。

その瞬間、ギガントマキアは何かを見てピタッと動きを止めました。

ギガントマキアの視線の先には死柄木の姿が。

リ・デストロはこの時、胸の高鳴りの理由にようやく気付きます。

(抑圧ではなく解放を。異能の自由行使は人間として当然の―――・・・。すべて解放されたかのような―――そうか、この胸の高鳴りは)

リ・デストロがその答えに気づいた時、死柄木は「150%ね。ブルスウルトラってやつだ?」と不敵な笑みを浮かべ、地面を崩壊させました。

僕のヒーローアカデミア【第238話】解放の感想

死柄木が覚醒して完全に形勢逆転したように見えます。

150%までストレスを解放したリ・デストロですが、死柄木はどこまで戦闘力が上がっているのか気になるところですね。

次回の僕のヒーローアカデミア【第239話】が掲載される週刊少年ジャンプ38号は8月19日に発売されます。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む