週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア【第233話】アカルイミライのネタバレ!四ツ橋の能力が判明!

2019年7月1日発売の週刊少年ジャンプ31号、僕のヒーローアカデミア【第233話】アカルイミライを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法は?

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む

僕のヒーローアカデミア【第233話】アカルイミライのネタバレ

トゥワイスは瀕死のトガヒミコを発見しました。

コピーする相手をメジャーで計測しないとコピーできないため、今は耐えてくれと言いながらトガヒミコのサイズを測るトゥワイス。

トガヒミコを増やしてトガヒミコのコピーに輸血させるのが目的のようですが、トゥワイスの個性は「測った時点」の状態でコピーされるため、今の瀕死の状態では元気なトガヒミコは増やせません。

そして性格や記憶などの内面は、トゥワイスが「最後に見た時点」にアップデートされます。

そんな中、近属友保は部下のコピーを次々作り出し、失敗していないと狂ったように自分に言い聞かせながら、トゥワイスを捕まえようと迫っていました。

 

一方、政治家・花畑と対戦中のスピナーは、トゥワイスの分身たちと共に花畑を襲おうとしています。

それは死柄木の負担を減らすための行動でした。

しかし花畑は周りにいる自分の支持者たちを戦士にさせ、スピナーに襲い掛からせます。

デトラネット社が作ったスピーカーが複数ついたマスク「セブンスラウド」を被り、戦士を鼓舞する花畑。

花畑孔腔、解放コード「トランペット」。

異能は「煽動」で、彼の声に宿る特殊電波は心許す者を高揚させ、肉体や精神をブーストさせるのです。

声、すなわち空気の振動が大きければ大きいほど効果は上がるため、セブンスラウドを装着したことによって効果が倍増しました。

「皆さん!我々を脅かす敵に天誅を!」

花畑の煽動によって、トゥワイスに襲い掛かる戦士たち。

スピナーは個性「ヤモリ」で、壁に張り付き攻撃をかわします。

そんなスピナーに、出来ることは壁に張り付くくらいだという花畑。

そして花畑はスピナーがいじめられて引きこもっていたという過去について触れます。

「今ここにいる理由はその怨嗟でしょうか?残念ながら私には君が何かを為せる人間には見えません。」

するとその時、スピナーは戦士に鋭い棘のようなもので攻撃されてしまいます。

刃物で棘を切断し、戦士を引き離すスピナー。

何かを為せる人間ではないことは、スピナー自身が一番よくわかっていました。

トガヒミコのように好きなものもなく、やりたいこともありませんでしたが、それでもステインを初めて見たとき、スピナーの心は燃えたのです。

あの時確かに”こいつの見据える未来を見てみたい”と思ったというスピナー。

「人に乗っかってなきゃ、何もできねぇ小市民、それが俺だよ悪いかよ!?あ!?悪くねぇよな!?だってあんたらも同じだろ!?なぁ政治家さんよぉ!」

そんなスピナーの叫びを聞いて、花畑は「・・・同列に語ってます?」と不快そうに答えました。

 

その頃、異能解放軍のアジトのタワーが崩壊し、現れた四ツ橋と対峙する死柄木。

明らかに巨大化している四ツ橋に、死柄木は「こんなにでかかったっけ?」とつぶやきます。

そして四ツ橋に今どんな気持ちかと聞く死柄木。

「11万人、数に任せて高み見物決め込んで、格下相手にわざわざリンチの場ァ設けてさァ。ここまで来るこたーないとタカくくってよォ。その挙句に落っことされた気分さ、どうなんだって聞いてんだよ!」

怒りを露にして地面を崩壊させ攻撃する死柄木に対し、上へと回避する四ツ橋。

触れていないものも崩壊するため、トゥワイスは義爛を連れてその場を離れます。

そして四ツ橋は死柄木の問いに「怒ってるよ」と答え、上空から強烈な威力のパンチで反撃。

死柄木は間一髪で攻撃を避けますが、腕を負傷します。

四ツ橋は「私は怒りを溜め込む性質でね。おかげで額もこの通りだ。」と、自分の溜め込んだ怒りで大きくなった額をみせます。

「戦士たちをたくさん殺してここに来たね!?」

そういって四ツ橋は、死柄木の負傷した左手をつまんで「悪さをするのはこの手の平か?」と手首から引きちぎろうとします。

四ツ橋力也の解放コードは「リ・デストロ」。

異能はストレスです。

ストレスをためてパワーに変え、溜め込むほどに強靭・巨躯となっていきます。

 

一方、泥花市の外縁部は通行止めで、外部の者は市内に入れなくなっています。

その時、地響きと共に激しい揺れが起きました。

僕のヒーローアカデミア【第233話】アカルイミライの感想

四ツ橋はストレスをため込んで巨大化するという異能を持っていたようですが、かなり強そうですね。

今後どのような戦いになるのか、楽しみに待ちたいと思います!

次回の僕のヒーローアカデミア【第234話】は、週刊少年ジャンプ33号に掲載されます。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む