週刊少年ジャンプ

僕のヒーローアカデミア【第231話】道のネタバレ!遂にタワーへ到着!!一方では、ヒーローたちが謎の失踪!?

2019y06m11d 154026290 - 僕のヒーローアカデミア【第231話】道のネタバレ!遂にタワーへ到着!!一方では、ヒーローたちが謎の失踪!?

2019年6月10日発売の週刊少年ジャンプ28号、僕のヒーローアカデミア【第231話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

トラウマからくる精神的ダメージを”仲間を救いたい”という思いから克服したトゥワイスは『二倍』の”個性”を進化させ、自身の群衆を作り出すことで危機を脱しました。

その頃、荼毘は氷使いの外典と呼ばれる男と対峙していました。

近くで他の解放軍を相手にしているMr.コンプレスも疲労を抱えながらマキアの目覚める時を待っていました。

そこへ合流したのは大群となったトゥワイスです。

なだれ込んでくるような圧倒的な数の暴力に、外典の氷はものともせず、大量のトゥワイスを一瞬で消されてしまいました。

荼毘が長時間戦えない事を見抜く観察眼や、味方を躊躇せず自分の技に巻き込む外典を、危険と感じたMr.コンプレスは、マキアをぶつけるには最適だと思いました。

その頃、荼毘たちの危機を見ていたドクターは、助け船を出すように、マキアの目覚めを促していました。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法は?

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む

僕のヒーローアカデミア【第231話】道のネタバレ

ギガントマキアはドクターに促され目覚めると、死柄木を追って動き出しました。

一方、同時刻の大阪──────

大きな荷物を抱えたヒーロー・ホークスは、ビルの上で連絡を待っていました。

ホークスの奥に見える巨大な街頭ビジョンには、ベストジーニスト失踪!?という報道が映し出され、サイドキック達とも連絡がつかないという不穏な見出しが…

ある日──────

ホークスはビルの上を渡りながら電話をしていました。

「内部にいるからこそ痛感してるんだ。ヒーローなんて仕事いっそなくなっちまった方がいい」

そんな話をするホークスの電話の先にいたのは荼毘でした。

荼毘は、ヒーローから敵連合へ寝返ろうとするホークスに、中世の証を求めます。

そして、ホークスが訪ねたのはNo3.ヒーローのベストジーニストの元でした。

先の戦いで肺を失ったベストジーニストですが、静養から復帰する旨をホークスに語っていたところです。

「それは残念です」

ホークスは武器を取り出しました。

「人ん覚悟は無碍にせんでほしか」

ホークスは背負った大きなバッグを撫で、ビルからビルへと飛んでいきます。

その頃、荼毘は氷使いと交戦中です。

巨大な氷の塊は、近くを走っていた死柄木とスピナーの所にも届いていました。

とめどない周囲からの攻撃を避けながらタワーを目指す死柄木たちですが、タワーが近づくほどに人の数が増えていきます。

そして、その数は死柄木たちを襲う攻撃の数でもありました。

迎え撃とうとする死柄木を救ったのは、大勢のトゥワイスでした。

流石に驚きを見せる死柄木とスピナーと合流したトゥワイスは、その圧倒的な数で解放軍とぶつかります!

死柄木はトゥワイスにタワーまでの道を拓けるかと言いました。

タワーには解放軍のボスと義爛がいます。

その情報の信ぴょう性については、行ってみなければわからないと言う死柄木ですが、現にタワーに近付くほどタワーを守るように敵が増えていることは事実でした。

マキアをぶつけるための駒はさておき、解放軍のボスはちゃんと殺さねばと言う死柄木も体力はとうに限界を迎え、ふらついていました。

トゥワイスは死柄木とトゥワイスを置いて先にタワーを目指すことにしました。

トゥワイスの波が道を切り拓いていくのを見て、もうトゥワイスだけでいいんじゃないかと言うスピナーでしたが、死柄木はトゥワイスは義爛を好きすぎると言います。

「人の心を弄びやがって…許せないぜ解放軍」

死柄木たちの後方には、また花畑の選挙カーがやってきました。

花畑が演説をするたびに、人々は死柄木たちへの攻撃を強めていきました。

トゥワイスたちの援護を受けながら、尚も解放軍の攻撃に苦戦するスピナーは、自分のやるべきことを模索していました。

「よーうてめーか!?俺たちの居場所をブッ潰してえバカ教祖ってのァ!?」

タワーへ先行したトゥワイスは、リ・デストロの元へと遂に辿り着きました!!

「ずいぶんハゲてんじゃねーかてめ───ハゲ教祖じゃね───か。失礼しました」

若干人格が混じり合う、いつものトゥワイスです。

「宮下と違って捻りがないな」

自分が殺した部下の名を上げ、リ・デストロは怒りをあらわにしました。

僕のヒーローアカデミア【第231話】道の感想

一足先にタワーへ辿り着たトゥワイスですが、リ・デストロの能力は未知数です!

死柄木たちの到着まで持ちこたえる事はできるのでしょうか?

そして、目覚めたマキアが死柄木たちの元へ追い付くのはどのタイミングなのか…まだまだ気が抜けない展開が続きそうです。

一方、荼毘と通じてヒーローを裏切ろうとしているホークスというヒーローの存在も気になります。

ベストジーニストの安否や、他のヒーローも音信不通になっているとは穏やかではありません。

ヒーローたちはどこで何に気付き、動き出すのでしょうか!!

次回の僕のヒーローアカデミア【第232話】が掲載される週刊少年ジャンプ29号の発売日は6月17日になります。

僕のヒーローアカデミア最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕のヒーローアカデミア最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕のヒーローアカデミア最新話を読む