僕が僕であるために。

僕が僕であるために。【第43話・惑う躊躇いに、凛として決意。】ネタバレ!紗奈はどんな思いを抱えているのか・・・。

FDA2CD69 A1A0 47BF 874D 65BE357397DF 1280x720 - 僕が僕であるために。【第43話・惑う躊躇いに、凛として決意。】ネタバレ!紗奈はどんな思いを抱えているのか・・・。

月刊ガンガンJOKER6月号(5月22日発売)、僕が僕であるために。【第43話】のネタバレ・感想をまとめました。

前回のあらすじ

紗奈が髪を切ってきて、自分のせいだと思い悩む駿。

すると康平に言及され、事実を告白。

自己満足でしかないだろ、と康平に責められるも、駿は自分の思いを表明します。

そんな駿に感化され、康平も1人決意を固めようとするのでした。

僕が僕であるために。最新話を無料で読む方法は?

僕が僕であるために。最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕が僕であるために。最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕が僕であるために。最新話を読む

僕が僕であるために【第43話・惑う躊躇いに、凛として決意。】ネタバレ

「紗奈。

一緒に帰らない?」

「うん、いいよ」

一瞬躊躇いつつも笑いかけてくれた紗奈に、駿は静かに言いました。

「ありがとう」

紗奈と一緒に帰路につきながら、駿は考えます。

(どうにかしないとと思って帰り誘ってみたけど、紗奈はいつもみたいに笑顔で承諾してくれるんだな…。

昨日のことは触れてもいいのか、それとももう普段通りの会話をした方がいいのか…それとも…)

駿が思い悩んでいると。

「…くん、駿くん!

私お腹すきました!」

「え、え?」

「今日実はお昼あんまり食べてなくて…」

「え、それって…」

もしかして自分のせいなのでは、と考えてしまう駿。

しかし、紗奈はお弁当を忘れてきたと言います。

いつもと変わらない紗奈に戸惑いつつも、コンビニに寄って一緒に買い食い。

その後、また駿は一人で悩みます。

すると。

「ねえ駿くん。

私に遠慮してるでしょ。

本当に気にしないでね。

もう大丈夫だから」

笑って、駿の少し先を歩く紗奈。

「…って、私が急に髪まで切って、駿くんが気にしないわけないよね。

でも本当にもう気にしなくていいよ! 髪も切ってさっぱりして、これで元どおりー! なんてねっ」

笑う紗奈に対して、駿は俯いて呟きます。

「…それって、いつに元どおり?」

「え?」

「紗奈、俺さ…自分のことがずっと好きじゃなかったんだ。

面倒なことに巻き込まれたくなくて、その場しのぎの対応ばかりで…そんな自分に気付いてからも、人から嫌われたくなくて益々嘘が加速していった」

駿の言葉を、じっと聞く紗奈。

「歩と入れ替わってるときはあいつのキャラを借りてるからか、本心で話せるような気がしていたけど結局それもみんなにどんどん嘘を上塗りしている感じがして苦しかった」

「駿くん…」

「でもこの前紗奈に入れ替わってたことを打ち明けて、やっと肩の荷が少しだけ降りた気がしたよ。

その代わり紗奈のこと傷付けちゃったけど」

そして、駿は恐る恐る聞きます。

「…紗奈。

本当に俺のこと嫌いになってないの?」

少し間を置いて、紗奈は答えました。

「うん。

嫌いになってないよ。

むしろ教えてくれてよかったって思う」

「…そっか」

紗奈の言葉に安心し、駿は紗奈の頭に手を添えました。

そして髪を混ぜるように撫でます。

「わ、どうしたの駿くん…!」

「ずっとこうしたいって思ってた。

…康平みたいに。

嫌われてる今だったらやっても大丈夫かなって」

「だから嫌ってないって!」

「冗談冗談」

と言いながら笑う駿を見て、紗奈も笑います。

「あとぐしゃぐしゃの仕方康平くんよりずっと優しいよ」

そんな会話をしながら、家の近くに着いた二人。

「じゃあまた明日学校でね」

「うん」

紗奈が家の方へと曲がろうとした時。

「紗奈!

俺、紗奈のこともう絶対に不安にさせないから。

あんなことしておいて信用出来ないかもしれないけど、でもこれが俺の今の本心だから!

もう少しだけ、俺のこと見ていてくれないかな…」

駿の言葉に、紗奈は笑顔で答えました。

「いいよ!」

すると、眉を下げて笑う駿。

「よかった」

その笑顔は、紗奈にとってはとても覚えがある物でした。

「またね紗奈。

もう少しの間よろしく!」

「う、うん…」

(あの笑い方はもしかして…)

歩と入れ替わっていた時の駿の笑い方に似ていたのです。

紗奈が好きになった笑い方に。

駿の背中を見ながら、考える紗奈。

(嫌いにはなってない。

でももやもやが完全に晴れたわけでもない。

あのときの歩くんは、実は駿くんだったの?

本当だったらもっと駿くんのこと責めて当然なのに、でも責められないのはどうしてだろう…)

遠くなっていく駿の背中。

(私はこのとき、自分のことにいっぱいで、駿くんの言ってた「もう少し」の意味がわかっていなかった)

僕が僕であるために。【第43話】感想

さて、今回で駿が引っ越してしまうのはほぼ確定なのではという流れになってきました。

駿はどうにか残ろうとするんじゃないかな、と思っていたのですが…。

今後は紗奈や康平達が駿を引き止める、という展開になるか、一度別れてまた再会、という展開になるか…。

ともあれ、駿の心情も紗奈の心情も切ないです。

これから二人はどうなってしまうのでしょうか。

僕が僕であるために。最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、僕が僕であるために。最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
僕が僕であるために。最新話を読む