週刊少年マガジン

七つの大罪【第312話】開戦のネタバレ!ゼルドリスの体を使って復活した魔神王!再び七つの大罪の戦いが始まります!!

2019y06m01d 225653881 637x720 - 七つの大罪【第312話】開戦のネタバレ!ゼルドリスの体を使って復活した魔神王!再び七つの大罪の戦いが始まります!!

2019年5月29日発売の週刊少年マガジン26号、七つの大罪【第312話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

突如エリザベスを襲った岩の塊!!

メリオダスはエリザベスの尚叫び、一同は騒然となりますが、危機一髪、マーリンがエリザベスを瞬間移動で救ってくれていました!

ホッとする一方、メリオダスたちの前に現れたのは、メリオダスが消滅させたはずの魔神王によってエリザベスに掛けられた”永劫の輪廻”でした。

メリオダスは再び消滅させようとしますが、呪いはすぐに復元してしてしまいます。

考えられることは一つ──────

魔神王はまだ生きている!!

魔神王の半身とも言える戒禁、それはメリオダスの弟・ゼルドリスを器とされ、魔神王が復活していました。

マエルによってチャンドラーと分離したキューザックが、重傷を負ったゼルドリスに絶叫しながら拒絶するゼルドリスを無視して、戒禁を写してしまいました。

チャンドラーを邪魔と思ったキューザックは、彼を始末しましたが、復活した魔神王によって、邪魔と判断段されたキューザックもまた魔神王によって消されてしまいます。

ゼルドリスは最早父である魔神王に乗っ取られてしまいました…

七つの大罪最新話を無料で読む方法は?

七つの大罪最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、七つの大罪最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
七つの大罪最新話を読む

七つの大罪【第312話】開戦のネタバレ

魔神王の復活が分かった今、七つの大罪は再び戦いへと赴くことになりました。

メリオダスは、魔神王が誰を依り代にしたのか尋ねられ、見当がつかないと言葉を濁しましたが、エリザベスにも、当然メリオダスにもゼルドリスが依り代にされたことに気付いていました。

所変わって、ある農家の畑では、大雪の後の雹という異常気象に、老夫婦が嘆いていました。

そこへ通り掛かった一人の青年のボロボロのいで立ちに、怪我でもしてるなら家で休んでいきなさいと声を掛けました。

青年はゼルドリスの体を乗っ取った魔神王です。

魔神王は改めて自分の身なりを見て、王が惨めな姿では格好がつかないと言い、魔法で服装を改めました。

魔力の流れもスムーズだと、ゼルドリスの体を確かめるように声を掛けてくれた老夫婦の家に向けて右手をかざすと、あっという間に夫婦の家を山ごと消滅させてしまいます。

魔神王は、ゼルドリスはメリオダスよりも性能が劣ると憂慮していたようですが、なかなか悪くはないと言いました。

完全に支配下におけば魔神王本来の力を再び取り戻せるとも…

魔神王の中で眠るゼルドリスに、愚かな兄のようにお前は父を拒絶するなよと魔神王は語り掛けました。

エリザベスへかけた呪いの再発を知れば、七つの大罪が動くことは魔神王も分かっています。

けれど、まだ器としているゼルドリスを完全に支配するには時間が必要なようで、魔神王は対策を考えました。

下位魔神では七つの大罪相手に足止めにもならないとし、今となっては十戒ですら力は及ばないだろうと言う魔神王にとって、七つの大罪は厄介な存在なのです。

その時、魔神王はある魔力反応に気付きました。

「誰が作ったものかは知らんが都合がいい…!!」

魔神王は不敵に笑みを浮かべました。

再び、豚の帽子亭に集まっている七つの大罪たちの元へ場面は移ります。

メリオダスは、魔神王が誰を依り代にしたかは分からないが、それよりも魔界の門はきちんと閉めてきたかとマーリンに尋ねました。

マーリンは、勿論だと答え、間もなく閉じると言います。

元々人が通れるほどしか開けておらず、魔界から此方へ来ようとしても、精々雑兵通るのがやっとだろうと言います。

しかし、その閉まりかけた魔界の門を見つけた魔神王は、僅かな隙間を残しただけの門へ向けて召喚術を使いました。

七つの大罪もその魔力に気付きました!!

そして、魔神王が呼び寄せたのは『インデュラ』という巨大な魔獣で、魔人族ですら畏れ忌み嫌うとされるものでした。

キングは、ホークとエスカノールに、この事を早くバルトラ国王と聖騎士団に伝えて欲しいと言いました。

そして、バンはキング、ディアンヌ、ゴウセル、マーリンに声を掛け、魔神王が動いていない今の内に、まずその化け物を倒すといいます。

けれど、メリオダスは自分が外されていることに待てと言ってみんなを止めようとしました。

ディアンヌは、メリオダスは残ってエリザベスを護るように言います。

そして、バンも呪いが復活した今、エリザベスを護れるのは魔神王と同じ力を持つメリオダスだけだと説得しました。

険しい表情のまま、メリオダスはバン達を送り出すことにしました。

みんなが出て行ったあと、エリザベスはどうして魔神王が新しい器に選んだのはゼルドリスだとみんなに言わなかったのかとメリオダスに尋ねました。

メリオダスは、これは自分と弟、そして父である魔神王の問題で、これ以上仲間たちを巻き込みたくないと言います。

けれど、バンが言うようにエリザベスを放って行くこともできないと悩むメリオダスは、エリザベスにどうすればいいと尋ねました。

「ダメよ…行かなくちゃ!!」

エリザベスは迷いなく、魔神王の元へ行かなくてはと言いました。

そして、取り出したのはメリオダスの神器です。

神器をメリオダスに渡したエリザベスは、自分を放っておけないメリオダスだけど、ゼルドリスを3度も見捨てるわけにもいかないとメリオダスが揺れる気持ちを理解していました。

「だったら、私がメリオダスと一緒に行けばいい」

エリザベスは、メリオダスにとって大切なものは自分にとっても大切なのだと言いました。

そんなエリザベスに、もう一度一緒に戦ってくれるかとメリオダスは決意します。

メリオダスは三千年前に魔界を出ていく覚悟を決めた時も、今のようにエリザベスが手を放さずそばに居て、背中を押して勇気をくれたと言います。

そして、エリザベスのそう言うところ全部に惹かれたのだと言うメリオダスは、一緒に飛び立ったエリザベスの手をしっかりと握りしめて、魔神王の元へ向かうのでした。

七つの大罪【第312話】開戦の感想

魔神王が本格的に動き出しました。

けれど、まだゼルドリスを完全に支配したわけではないようで、彼を救えるチャンスは残っているんですね!

インデュラという魔獣の出現も気になりますが、魔神王との本当に本当の最後の決戦になると思うと目が離せません。

次回からはまたバトル開始の雰囲気ですが、みんなが笑ってハッピーエンドを迎えられるように祈りつつ、今後の展開を楽しみたいと思います。

次回の七つの大罪【第312話】が掲載される週刊少年マガジン27号の発売日は6月5日になります。

七つの大罪最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、七つの大罪最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
七つの大罪最新話を読む