週刊少年マガジン

七つの大罪【第304話】処刑人は願うのネタバレ!魔神王の攻撃に割って入ったゼルドリス!!

2019y03m20d 231550841 564x720 - 七つの大罪【第304話】処刑人は願うのネタバレ!魔神王の攻撃に割って入ったゼルドリス!!

2019年3月20日発売の週刊少年マガジン16号、七つの大罪【第304話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

魔神王にエリザベスは既に殺したという偽りの言葉に動揺したメリオダスでしたが、そこに駆けつけたのはエリザベスと七つの大罪のみんなでした。

ゴウセルの力によって精神体になってメリオダスの元へやってきた皆の顔を見ると、メリオダスは再び力をとり戻し、魔神王へと反撃します。

メリオダスとエリザベスが久しぶりの再会を果たしている頃、外ではバンが魔神王相手に苦戦を強いられていました。

魔神王は、精神体となってメリオダスの元へ行った者達を攻撃しようと、地震とは別に”嘆息の賢人”を放ちました。

魔神王だけで手いっぱいのバンは皆を守りに行く余裕がありません。

既に深手を負っているマエルとリュドシエルが懸命に皆を守ろうとしますが、限界はすぐにやってきました。

もう防ぎようがなくなり、”嘆息の賢人”が更なる攻撃を放った時、それを止めたのはなんとゼルドリスでした。

七つの大罪最新話を無料で読む方法は?

七つの大罪最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、七つの大罪最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
七つの大罪最新話を読む

七つの大罪【第304話】

「なんの真似だゼルドリス!?」

魔神王の問いかけに、上空にとどまるゼルドリスは、メリオダスに用があるから父は退場しろと言いました。

その一方、自分とゲルダの仲を知った上で、吸血鬼一族の処刑を命じたのかを魔神王に改めて問いました。

魔神王は、息子を病から救おうとする親心だと言います。

ゼルドリスは弱いと魔神王は続けました。

与えた戒禁からゼルドリスの行動は逐一把握していた事や、いずれ魔神王の座を奪い、誰もが平穏に暮らせる魔界を作ろうとしていた事も知っていたとして、それをくだらないと吐き捨てました。

従順なだけが取り柄と言い、それもここまでだと言った魔神王は、自身から作り出した小さな魔物を作り出すと、ゼルドリスに向けて”刹那の隠者”として放ちました。

一方、メリオダスの中での戦いは、メリオダスが優勢に転じていました。

闇から圧縮されてできた塊を弾丸のようにぶつけるメリオダスの攻撃はすさまじい威力を見せています。

メリオダスは皆が一緒にいてくれると思うだけで力が湧いてくると言います。

そして、みんなに声を掛けると、自分はもう大丈夫だから後はバンを助けてやってくれと言いました。

エスカノール、マーリン、ゴウセル、キング、ディアンヌもまた、一人一人がメリオダスに声を掛け、戻ったら全員で酒でも飲み明かそうと約束しました。

そして、エリザベスは力強く言いました。

「メリオダス!!待ってるから!!!」

魔神王を地面に叩きつけたメリオダスも答えます。

「すぐに行く!!!」

再び場面は外の世界に戻りました。

上空で戦うゼルドリスと、地上で戦うバンのどちらもが激しい攻防の中にいます。

その中でゼルドリスはメリオダスに対して、今も魔人族を裏切ったことを許せないと思いつつ、一つだけ認めなければならないとしました。

たいせつな存在(もの)のために世界(すべて)を敵に回す覚悟だ───

それは、ゼルドリスが持てなかった意志だと思うのでした。

”刹那の隠者”を粉々に消し去ったゼルドリスは、バンにメリオダスの体から魔神王を出せと言いかけたその時です。

魔神王が放った攻撃でゼルドリスは肩から腹までザックリと切り裂かれました。

魔力攻撃が効かないはずのゼルドリスになぜと皆が思っていると、

「忘れたか?『魔神王』(そのちから)は我が貸し与えた力だ…!!」

ゼルドリスに意識を向いた魔神王に、すかさずバンが一撃を加えました。

ゼルドリスは途切れる意識の中で、メリオダスならきっとすべてを変えられるはずだと思いを託して落ちていきます。

───任せたぞ───

場面は再び内側で戦うメリオダスへと移ります。

魔神王を追いつめるメリオダスの攻撃はとどまる事を知りません。

「…次で決める!!!」

決着はもう間もなくというところまで迫っていました。

七つの大罪【第304話】

前回、ゼルドリスが入ってきた時は本当に驚きました。

勿論、メリオダスに対してのわだかまりが消えたわけでないのはすぐに分かりましたが、魔神王のしたことが許せなかったのでしょう。

そして、闘いも佳境を迎えてきました。

色んな人達の思いを受けたメリオダスが魔神王を倒す時が近いと思われます。

魔神王を倒して、元に戻った時、メリオダスには本当に時間がないのでしょうか…エリザベスの呪いのことも気になりますし、壁を一つ越えるとまた新たな壁が出てくる感じですね。

皆が決死の覚悟で挑み、満身創痍な状態ですが、あと少し!!

そう信じて次回も楽しみにしたいと思います。

次回の七つの大罪【第305話】が掲載される週刊少年マガジン17号の発売日は3月27日になります。

七つの大罪最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、七つの大罪最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
七つの大罪最新話を読む