ヨシノズイカラ

ヨシノズイカラ【第10話・サイン会(後編)】ネタバレ!いよいよサイン会本番!

77D0FCE7 2231 43DB B895 50732C2139FE - ヨシノズイカラ【第10話・サイン会(後編)】ネタバレ!いよいよサイン会本番!

月刊少年ガンガン10月号(9月12日発売)、ヨシノズイカラ【第10話】のネタバレ・感想をまとめました。

ヨシノズイカラ最新話を無料で読む方法は?

ヨシノズイカラ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヨシノズイカラ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヨシノズイカラ最新話を読む

前回のあらすじ

サイン会のために初めての上京を果たしたなるひこ。

念のため早くにホテルを出るも、早すぎたために少しばかり観光をしてみようと試みます。

しかし迷ってしまい、他の人に道を聞いて元の場所へ戻ることに成功します。

近くのカフェで作業して過ごそうとするも、カップルの痴話げんかを目の当たりに。

その後時間になり、サイン会場で下準備をしていきます。

本当に人が来てくれるのかなるひこはずっと不安でしたが、林さんと共に会場を覗いてみれば沢山の人たちが。

なるひこは絶対にサイン会を成功しようと意気込むのでした。

前回のあらすじ

なるひこがサイン会に奮闘しようとしていたころ、島ではとし坊がひいろちゃんに芋をおすそ分けしようとしていました。

しかし芋なんていらないと拒否するひいろちゃん。

そんな彼女に先生いないのに何しに来たん? と聞くも、素直に遊びに来たと言えません。

ひいろちゃんは今頃東京でビクビクしてるんだろう、と笑いますが、とし坊は「昔はそんなんじゃなかったのになぁ」と呟くのでした。

そして、同じころ東京では。

なるひこは事前にサイン会に関してシミュレーションをしていました。

が、実際には全然余裕を持てません。

名前を間違えないように、好きなキャラを間違えないように、日付、そしてサイン。

なるひこはサイン会とはこんなに慌ただしいのかと焦ります。

焦りすぎてお客さんの簡単な質問にもよく分からない答えを返してしまう始末。

林さんにも落ち着いてくださいと言われてしまいます。

しかし、林さんは林さんで「ここは私が先生をフォロー出来るようにしなくては」と意気込みます。

ところが、林さんもお客さんの手荷物をなるひこへの手土産だと勘違いするという失態を犯してしまいます。

休憩に入りますが、二人は落ち込みモードに。

次こそは、という時にとし坊の友達が来たり、なるひこにとって見覚えのある女性が来ました。

その女性はカフェで痴話げんかをしていた女性だったのです。

それに気づいたなるひこはどうしよう、と考えますが彼氏である男性も一緒でした。

二人は順番を待っている間に「わっかもん」を読んで仲直りを果たしたと言うのです。

加えて、痴話げんかの理由も「わっかもん」のキャラクターに対して嫉妬しただのしていないだの、というものでした。

それから、キャラバッグを自作してきたというファンもいたり、なるひこが名前を間違えてしまうも逆にうれしい! というファンがいたり。

また休憩が入り、なるひこは良い人ばかりで良かった、と呟きます。

そして「いつ終わっても悔いはないです」と言うのでした。

休憩が終わって、次に来たお客さんは「ゆきこ」という人でした。

なるひこは思わず立ち上がり、ファンレターをくれていたゆきこさんですかと問いかけます。

ゆきこさんはなるひこのファンタジーが好きだったけれど「わっかもん」もすごく好きになった、と話します。

そんな彼女に、なるひこは「ずっと見てきてくれたゆきこさんにとって、わっかもんは面白いですか?」と質問。

ゆきこさんは笑って、もちろんと答えました。

それから、どこまでもついて行きますからずっと描き続けてくださいね、と続けました。

その言葉になるひこはいやいや、と笑って「どうせオレなんて5巻くらいで打ち切られますから」と言ってしまいます。

瞬間、変な空気になってしまう現場。

慌てて否定するなるひこですが、何を言ってしまったんだろうとパニックになりかけてしまいます。

林さんにフォローを頼もうとするも、林さんは泣いていました。

そして、林さんは「わっかもんを放り出しているのは遠野さんだけです」と叫びそうになってしまいます。

そこで、楠原さんが止めに入りました。

最後にゆきこさんにまた応援の言葉をもらい、なるひこはどうにか気持ちを切り替えられたのでした。

静かにサイン会を終え、控室で考えるなるひこ。

ゆきこさんは優しく「大丈夫ですよ」と言ってくれましたが、ファンの前で言ってはいけないことを言ってしまったと反省します。

いつの間にか自信をなくしてしまった事に気付いて、顔を伏せます。

そんななるひこに、謝罪を述べる林さん。

やがて二人はまた号泣し始めます。

そこで楠原さんが入ってきて、メッセージボードを持ってきてくれました。

そのメッセージには、ファンの人たちからのたくさんの応援が。

なるひこは、自分を信じる前にファンの人たちの言葉を信じなくてはいけないのだ、と思い直します。

ファンの人や、林さんなど、自分を信じてくれる人がたくさんいる事を実感。

そして、自分を放り出さない決意を改めたなるひこなのでした。

ヨシノズイカラ【第10話】感想

まさかのゆきこさんが登場するとは思っていなかったので感動しました・・・!

ファンの人の気持ちに触れて前を向こうとするなるひこの様子がすごくリアルな回だったのではないかと思います。

私も何となしに漫画や小説を読んでいますが、そういった作家さんに「ファンです」とか気持ちを伝えるのって実は凄く大事だったりするんじゃないかな、としみじみ思いました。

今回でサイン会が終幕しましたが、次回は島に戻るのでしょうか?

どんな展開になるのか楽しみです。

ヨシノズイカラ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヨシノズイカラ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヨシノズイカラ最新話を読む