ファイヤーラビット

ファイヤーラビット【第13話】攻略者‼︎のネタバレ!

2019年3月27日発売の週刊少年サンデー17号に掲載している、ファイヤーラビット【第13話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

消防士まひろが初めて消火活動を行う現場は迷宮寺と呼ばれるお寺でした。

燃え盛る迷宮寺の中にはどうやら逃げ遅れた子供がいる様子。

ファイヤーラビットはどう立ち向かっていくのか

そしてまひろの初活動は…?

ファイヤーラビット最新話を無料で読む方法は?

ファイヤーラビット最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ファイヤーラビット最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ファイヤーラビット最新話を読む

【第13話】攻略者‼︎のネタバレ

炎に包まれる迷宮寺。

寺内部は迷宮のように道が複雑になっているため、地図が必要です。

その地図を見る月ヶ瀬小隊長。

果たして地図の役割を果たしているのかと思わず尋ねたくなるほど、簡略化された地図なのでした。

寺の住職も自分達すらよく迷うため、この中から子供を探すのは無茶だと言います。

これだね簡略化された地図だと道に強い機関員でも解読に時間がかかってしまう様子です。

人命救助なら早くしてくれと放水担当が言います。

中に人がいる場合、思い切った消火活動ができないため、火はどんどん大きく広がっていきます。

それを黙って見つめるまひろともどかしそうな樹。

樹の今の体ではまひろの側を離れられないため、中を見て回ることができないからでした。

この迷宮寺は寺を改装して迷宮化したもので、今まで攻略したのはたった1人なのでした。

絶望感がみんなの中に広がっていきます。

そのたった1人の攻略者に連絡を取ってみてはどうかと住職に尋ねますが、連絡先を控えていないと住職が言います。

中に取り残された子供の母親も心配でファイヤーラビットにすがります。

まさに八方塞がりの状態となりました。

無理でもなんでもその攻略者を連れてくるしかないと言われ、一体どんなやつなんだと小隊長。

そこにそーっと手を挙げる人物が。

なんと、まひろがその唯一の攻略者だったのでした。

なぜ早く言わなかったのかと問われ、緊迫した状況だったので、言えなかったとまひろは言いました。

そして、まひろは地図があるなら超イージーモードですと言いながら地図をいとも簡単に解読していきます。

まひろは以前、迷宮攻略型ゲームをやり込んでおり、この迷宮寺にもその時に訪れていたのでした。

急いで人命救助にいこうとまひろを抱え走り出す金森。

それをまひろは制止します。

なぜならスタート地点は黄泉の入り口と呼ばれており、道は狭く数10メートルを這って進まなければならなかったからです。

通常でも狭いため、身体が大きく、呼吸器を背負った金森では通れなかったのでした。

その他に通路もないため、まひろは一人で人命救助に行くと言います。

まひろにとって初めての本格的な人命救助ということもあり気合いが入っている様子。

しかしまひろはその時半年前のホテル火災を思い出します。

それはまひろが巻き込まれ、かつ自分を救助した天道が殉職した辛い思い出でした。

震えるまひろに天道は透ける手を合わせ笑うように言います。

相変わらず不気味な笑顔になるまひろ。

その時、単独行動は厳罰処分だと月ヶ瀬小隊長が近づきながら言い、自らも一緒に行くと言うのでした。

小隊長とまひろは背格好が似ているため、二人で寺の内部へと向かうのでした。

寺の内部で要救助者である子どもを探しますが、見つかりません。

そして呼吸器の空気残量も35分が限度という現状をまひろは突きつけられるのでした。

しかし、迷宮寺の攻略所要時間は1時間とまひろは言いとても間に合わないと言います。

それに対し、月ヶ瀬小隊長はすべてのエリアを見るわけではない、子どものいそうなエリアを絞れば半分で済むことをまひろに伝えます。

光明が見えてきたまひろですが、目星をつけた4エリアのうち3エリアを探しても子どもを見つけることができないのでした。

残り1エリアとなった時、呼吸器の警報が無残にも鳴り響きます。

空気の残量が残り僅かとなったのでした。

探すべき場所はあと1エリアだということもあり、まひろは焦ります。

しかし反対に月ヶ瀬小隊長は戻るぞと言うのでした。

月ヶ瀬の真意は…?

13話を読んでの感想

今回はまひろの初めての救助活動の回でした。

自分を救った結果殉職してしまった天道を思い、一度は震えが止まらなくなるまひろですが、その天道の励ましにより救助活動を続けるまひろ。

しかしその思いとは裏腹に救助すべき子どもは見当たりません。

まひろは自分が救われたこともあり、必ず救助したいと思います。

しかし月ヶ瀬小隊長は反対に戻るぞ、と。

ここに月ヶ瀬小隊長の思いや考え方があるような気がします。

何か考えがあってのことでしょうが、単純に聞けば見捨てるという風に受け取ってしまいます。

次回、月ヶ瀬小隊長の真意が楽しみですが、それと同時に残酷な現状も垣間見えそうで少し怖い感じもします。

次回に期待したいと思います。

次回のファイヤーラビット【第14話】が掲載されるのは4月3日発売の週刊少年サンデー18号です。

乞うご期待ください!