週刊少年ジャンプ

ビーストチルドレン【第22話】決着のネタバレ!百剣川高校VS龍操学園の結末は?

2019年10月28日発売、週刊少年ジャンプ48号のビーストチルドレン【第22話】決着のネタバレや感想をまとめました。

ビーストチルドレン最新話を無料で読む方法は?

ビーストチルドレン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ビーストチルドレン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ビーストチルドレン最新話を読む

【前回のあらすじ】

セブンス第1試合、百剣川高校VS龍操学園。負傷から戻ってきた桜は今までとは違う動きを見せて龍操学園を追い詰め、ミスを誘いました。

そんな桜の姿を見たユキトは、自分のライバルだと桜を認めるのでした。

ビーストチルドレン【第22話】決着のネタバレ

試合は残り時間1分を切りました。

ゴールまで20メートル。

届く!絶対!!龍操に・・・ユキト君に・・・勝つんだ!!

そんな思いで桜は走ります。

鰐渕にボールが回り、龍操学園の選手がタックルしました。

急いでいいけど焦っちゃダメだ、必ずチャンスはある!!と心の中で自分に言い聞かせる鰐渕。

鰐渕はボールをキープしたまま他の選手にパスが回ります。

それを遠目に見ながら桜は、誰がどこにいるか、自分に何ができるのか、勝つためにどうするのか、残り少ない時間の中で考えを巡らせていました。

ここでボールを持っていた羊屋はタックルを受けてボールを落としてしまいます。

プレッシャーかけろ!!と指示する龍操学園の冴木。

この時、一番焦っていたのは百剣川高校でも龍操学園の1年生でもなく、龍操学園3年の冴木でした。

そんな冴木の前にボールは転がっていきます。

(抑えれば勝つ!これをキープすれば・・・!)

本来ならば冷静に処理できていましたが、うっかりボールをつかみ損ねてしまいました。

アドバンテージとなり鰐渕にボールが渡ります。

残り時間は35秒。

一斉に動き出した百剣川高校の選手たち。

鰐渕がキックでパスしたのは、桜の前でした。

跳ねたボールをキャッチする桜。

桜は鰐渕の正確なキックに感動しながらボールを持って走り出しますが、目の前にはユキトの姿が。

その瞬間、桜は考えます。

どうする!!パス?滑ったら?正面からぶつかる?

後ろから来てる?ボールとられたら!?

テントで見守る鯨井が「伝わってるかな?」とつぶやきます。

その時、桜は鯨井が試合でユキトをかわしたこと思い出しました。

一瞬シンさんのようにできるか?と不安になりますが、やってみよう、悩んでる暇はない!と考えます。

そして5m0.5秒の俊足を生かし、ユキトの前で方向転換してタックルをかわそうとする桜。

しかしユキトは桜の横についてきました。

桜は焦るなと自分に言い聞かせ、もっと引き付けて鯨井のようにもう一度チャレンジしようと考えます。

そんな桜を見て、よく見てたとつぶやく鯨井。

左足で相手をかわせば、もう片方の足も空いています。

疲労も半端じゃない諸刃の剣ですが、片足一発ずつの最高速0.5×2ステップでさらに加速する桜。

ユキトは慌てて桜を抑えますが、桜はトライを決めました。

思わず興奮して立ち上がる空。

しかし残り時間は少ないため、鰐渕は急いで桜にボールを要求します。

蹴っていいっすか!?と慌てて聞く鰐淵に、どうぞと審判が許可します。

鰐渕の蹴ったボールは見事枠をとらえて点が加算され、ついに百剣川高校と龍操学園は同点に。

残り時間は11秒となりました。

どちらのチームも引き分けで終わる気はなく、諦めずに最後まで戦っていました。

延長は?と聞く空に「ない」という鯨井。

ラグビーは引き分けたらくじ引きとなります。

王者のプライドか、挑戦者のプライドか、このラスト1プレーで決まります。

鰐渕が深く蹴りこんだボールは龍操学園の選手がキャッチしました。

そしてそれを蹴り返す龍操学園の選手。

低く飛んだボールは龍操学園の冴木に渡りました。

鰐淵はボールをどう出す!?どうくる!?と身構えます。

すると冴木はボールをすぐさまユキトにパスしました。

キックだ!と叫ぶ鰐渕。

桜は「7番!!見てたあああ!!!」と全力でユキトのキックを阻止しようと走ります。

キックモーションに入るユキトに手を伸ばす桜。

しかし桜がユキトにあと一歩で届きそうになったとき、突然足の力が抜け桜は倒れていきました。

そんな桜に「蹴るときは中心より少し下、高くだ。そこで見ていろ」と言いながら、ユキトがボールを蹴ります。

ボールは枠の中へ吸い込まれるように飛んでいきました。

最後君が届いていれば分からなかった、というユキト。

もっと走れ。もっと蹴れ。もっと練習して、また戦おう。

俺たちは始まったばかりだ。

そんなユキトの言葉に桜は呆然としながら「うん」と返すのでした。

ビーストチルドレン【第22話】決着の感想

長かった百剣川高校対龍操学園の試合が、ついに終わりましたね。

途中追いついたものの、僅かに龍操学園が上手だったということだと思います。

最後は桜も力尽きてしまったようですが、怒涛の追い上げがすごかったですね。

次はどんな展開になるのか楽しみです!

次回のビーストチルドレン【第23話】が掲載される週刊少年ジャンプ49号は11月2日に発売されます。

ビーストチルドレン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ビーストチルドレン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ビーストチルドレン最新話を読む