週刊少年ジャンプ

ビーストチルドレン【第20話】立ち上がるのネタバレ!雄虎の死の瞬間の出来事

2019年10月12日発売、週刊少年ジャンプ46号のビーストチルドレン【第20話】立ち上がるのネタバレや感想をまとめました。

ビーストチルドレン最新話を無料で読む方法は?

ビーストチルドレン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ビーストチルドレン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ビーストチルドレン最新話を読む

 

【前回のあらすじ】

7人制ラグビー1回戦の終盤。桜の負傷により人数が足りない百剣川高校は試合続行不能のピンチに。そんな中駆けつけたのは、キャプテンの鯨井でした。

鯨井は桜の治療が終わるまでの間、実力を見せつけて相手を圧倒。ユキトのファインプレーによって惜しくもトライは決められなかったものの、鯨井の姿を桜は目に焼き付けました。

ビーストチルドレン【第20話】立ち上がるのネタバレ

一樹雄虎が日本をベスト4に導く活躍を見せていた頃。

桜はテレビで試合を観戦していました。

そしてその試合で活躍した雄虎にヒーローインタビューが行われました。

インタビュアーの日本が勝てた要因はなんでしょうという質問に、自分たちは身体の小さい民族だからとにかく走り勝とうと、全員で鍛えてきた成果が出たという雄虎。

15人どころじゃなく、まるで20人にも30人にも錯覚させられるくらい、何百回だって立ち上がって立ち向かっていく。

立ち上がる限りチャンスはあると雄虎は話し、桜はその様子をキラキラした瞳で見つめます。

試合後、廊下で待ち構えていたユキトが「お疲れ様」と雄虎に声を掛けました。

良いインタビューだったというユキトに、「・・・おう」と笑顔で答える雄虎。

雄虎は「上で母さんと待ってな」とユキトに先に行くよう促します。

ユキトが立ち去った後、雄虎は壁にもたれて座り込みました。

 

そして、ラグビー世界大会の準決勝の日がやってきました。

雄虎は観客の声援にこたえる中、あとちょっと、あとちょっとだけと心の中で考えます。

しかし何かを悟ったように「もう少しやらせてくれたっていいのによ」とつぶやき、空を見上げる雄虎。

チームメイトがなんか言うたか?と聞くと、勝とうぜって言ったの!と誤魔化します。

 

そして準決勝も日本が歴史的勝利を収めました。

テレビの前で興奮する桜。

観客席から見ているユキトも笑顔で拍手を送ります。

ヒーローインタビューで雄虎が呼ばれると、大歓声が起こりました。

しかし疲れ果てて、目がどこかうつろな雄虎。

インタビュアーが、今日の試合を振り返っていかがでしたか?と聞こうとすると、ちょっと違うこと言っていい?と雄虎が話し始めました。

これからのラグビー界を担う君たちへ。

君たちは無限だ。

何だってできる。どれだけだって強くなれる。

疲れたら座って良い。気が向いたらまた立ちな。

ラガーマンとして我が子の如く、君たちを見守る。

そんな雄虎の話に、何の話だ?と不思議そうな顔をする観客たち。

さらに雄虎は話を続けます。

世界大会の決勝は、ちょっと野暮用で出られないと。

「代わりと言っちゃなんだが・・・オレの息子がいつかてめぇらぶっ倒す!!」

雄虎は天を指さしてそう言います。

しかし次の瞬間、体の力が抜けた雄虎は「あーねむ」とつぶやいたかと思うと、そのまま倒れてしまいました。

 

それは綺麗な秋晴れの日でした。

芝生に少し寝転がるようにして気軽に。

 

救護隊が駆けつけ場内が騒然とする中、ユキトも雄虎のそばに駆け寄ろうとしますが、スタッフに止められます。

「ふざけるな!!何百回でも!!立ち上がるんじゃないのか!!」と雄虎に向かって叫ぶユキト。

その様子を桜もテレビの前から、呆然としながら見つめています。

ユキトは担架で運ばれていく雄虎に向かって、戻ってこい!!俺はまだあなたを越えてない!!と叫びました。

こうして世界に大きな大きな傷跡を残して、獣はフィールドで静かに息を引き取ったのです。

 

ユキトにとって白線の向こうのことはどうでもよく、敵になるのはこのフィールドに生き残った人間だけでした。

ここだけが自分の居場所でした。

だから何回も立ち上がって、何十回もずけずけと踏み込んでくる桜をどうしていいか分からないと感じるユキト。

 

ラグビー競技規則

第13条、原則:競技は立っているプレーヤーによってのみプレイされる。

2、地面に横たわっているプレーヤーは、ただちにボールから離れるか、立ち上がらなければならない。

 

治療を終えてフィールドへと戻ってきた桜は、ユキトと見つめ合うのでした。

ビーストチルドレン【第20話】の感想

今回は雄虎がどのような形で亡くなったのかが明かされました。

雄虎は自分の限界を感じながらも、最後まで無理をして試合を続けていたんですね。

そして桜の存在はユキトの中でも、少しずつ大きくなっているように見えます。

試合に戻ってきた桜がどんな活躍をするのか、楽しみですね!

次回のビーストチルドレン【第21話】が掲載される週刊少年ジャンプ47号は10月21日に発売されます。

ビーストチルドレン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ビーストチルドレン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ビーストチルドレン最新話を読む