週刊少年ジャンプ

ビーストチルドレン【第15話】真っ白にのネタバレ!ユキトが実力を発揮!

2019年9月9日発売、週刊少年ジャンプ41号のビーストチルドレン【第15話】真っ白にのネタバレや感想をまとめました。

ビーストチルドレン最新話を無料で読む方法は?

ビーストチルドレン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ビーストチルドレン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ビーストチルドレン最新話を読む

【前回のあらすじ】

セブンス東京予選一回戦、龍操学園VS百剣川高校。念願のユキトとの対戦に緊張しながらも楽しむ桜。

序盤から華麗な連係プレーで繋いだ百剣川高校は、龍操学園から見事先制点を奪いました。

ビーストチルドレン【第15話】真っ白にのネタバレ

始めはトライを決めた百剣川高校でしたが、その後はユキトに3本トライを決められ、龍操学園にリードされていました。

他校の選手たちはユキトのことをさすが雄虎の息子だと絶賛し、サインをもらいたいと話します。

一方桜もユキトを尊敬のまなざしで見つめていました。

すると、喜ぶなと鰐渕が桜の頭をはたきます。

鰐渕はユキトをどう止めるか悩んでいました。

ユキトは相手チームの呼吸や瞬き、重心のかけ方まで、ほんの一瞬の隙をついて一突きで攻撃を仕掛けてきます

手のひらの上で転がされているような感覚に、師匠である雄虎を相手にしているようだという鰐渕。

ユキトを止められるのは高校生の中にはいないとまで言い切る鰐渕に、桜はオレが止めると張り切ります。

しかし無理だときっぱり否定する鰐渕と鶴岡。

鰐渕はユキトのことをフィールドで生まれて、ボールがおしゃぶりで育ったような天才だと評します。

そして、あいつにフィールドで並べるやつはいないと言い切るのでした。

 

一方前半戦も残り時間が少なくなったため、きっちり突き放して折り返そうとチームメイトに言う龍操学園3年の冴木。

相手の守備連携は悪く、特に桜は1年なので狙っていけると話します。

すると「オレがとります」と名乗り出るユキト。

チームメイトたちは期待しているとユキトの背中を叩きました。

一見冷静に見えるユキトから、いつもより何か熱く燃えたぎものを感じる桐島。

ユキト自身、久しぶりに汗をよくかき調子のよさを感じながら、14分しか試合がないのはもったいない、もっとフィールドにいたいと考えていました。

そんな自分にユキトは何かに期待しているのか?と自問自答します。

そして試合が再開し、パスをもらったユキトは百剣川高校のタックルをスルリと交わしていきます。

その際、鰐渕と目が合うと、ユキトは自分ではなく自分の向こう側にいる雄虎を鰐渕が見ていることに気づきました。

その瞬間、何かが冷えていくユキト。

 

ユキトは幼少期から、雄虎の存在の大きさを感じてきました。

新聞に載っても「一樹ジュニア」と書かれ自分にはユキトという名前があるのにと、不貞腐れたこともあったのです。

それでも自分が雄虎を超えて、すごい選手になればいいと気持ちを切り替えるユキト。

ライバルは父さんだというユキトに、見ててやるから上がってこいよと雄虎は言いました。

しかしユキトは雄虎の死によって、何かが冷めてしまいました。

 

ユキトにとって夏は日差しが照りつけて、少しでも冷たい自分を暖めて誤魔化してくれる季節。

いっそ誰も自分を見ないなら、顔に影が落ちて誰が雄虎の息子か分からなくなるまで照りつけてくれと願うユキト。

芝もコンクリートも真っ白に飛ぶまで、境が分からなくなるまで照りつけて、フィールドから自分を消してくれとユキトはつぶやきました。

その瞬間、ユキトは消雪歩法という独自の技で冷たい雪のようにさらりと敵のタックルを交わしていきます。

誰の目にも止まらない、触らせない、汚されたくない。

汚れたら目立つから真っ白なまま役目を終えたら消えるから、とボールを持ったまま走り続けるユキト。

そんなユキトの前に桜が現れました。

桜はユキトをタックルしてボールを奪うと、そのまま走り出します。

しかし龍操学園の桐島がそれを阻止。

その瞬間、前半終了のコールがグラウンドに響きました。

ユキトは桜にまぐれでもついてこれたのは褒めると言いますが、桜はまぐれじゃなく絶対君から目は切らないといいます。

そしてユキトがいるからここにいるんだと話す桜。

ユキトはそんな桜の言葉に、今日はあついなと返すのでした。

ビーストチルドレン【第15話】真っ白にの感想

雄虎の息子として注目されることに葛藤があった様子のユキト。

しかし桜は雄虎の息子としてではなく、しっかりユキト自身を見ていて、ユキトはそんな桜を見て熱い心を取り戻しつつあるように感じます。

後半戦はどんな試合展開になるのか、楽しみですね!

次回のビーストチルドレン【第16話】が掲載される週刊少年ジャンプ42号は9月16日に発売されます。

ビーストチルドレン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ビーストチルドレン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ビーストチルドレン最新話を読む