ビブリオコレクト

ビブリオコレクト【第13篇・ヴィランズの罠】ネタバレ!リオの戦略にはまったキリヤ達!

95386177 8016 4722 B9E3 A246D28D88F1 - ビブリオコレクト【第13篇・ヴィランズの罠】ネタバレ!リオの戦略にはまったキリヤ達!

月間Gファンタジー10月号(9月18日発売)、ビブリオコレクト【第13話】のネタバレ・感想をまとめました。

ビブリオコレクト最新話を無料で読む方法は?

ビブリオコレクト最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ビブリオコレクト最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ビブリオコレクト最新話を読む

前回のあらすじ

一時の日常を堪能していたキリヤ達。

しかし、それも束の間でリオの策略により仲間であるチェシャ猫やサロメと引き離され、3手に分かたれてしまいます。

圧倒的に不利な状況に追い込まれた面々は切り抜けることができるのか?

ビブリオコレクト【第13篇・ヴィランズの罠】ネタバレ

キリヤの前に突然現れたリオは「邪魔者は消えた」と言います。

そして、お前の魔人も今頃うちの連中と楽しんでいるだろう、と。

さらに、どちらが目録の所持者にふさわしいのかはっきりさせようじゃないか、とも。

もちろん、キリヤは怒りを露わにしながら学校のみんなをどこにやったのかと問いかけました。

すると、リオはお前だけを結界に招待した、と述べます。

その言葉に安堵するキリヤ。

キリヤの様子を見て、リオは「膨大な力を手にしているにも関わらず小さなものを気にする」ことに、理解できないと言います。

そんなリオに、キリヤも同じ言葉を返しました。

どんな力が手に入ろうと友達や家族は大切だ、とも力強く言いました。

しかし、やり方はどうであれリオにも目的があることは理解しています。

そこで、リオに内容によっては協力するのも手なのでは、と提案しますが、鼻で笑われてしまいます。

ところがリオはキリヤが二体の魔人と契約していることで思い直し、とある条件を設けました。

それは、キリヤの魔人がリオの魔人に勝てば意見に耳を貸してやろう、というもの。

しかし、生きていればの話だが、と続けました。

その言葉に再び怒りを露わにするキリヤに、リオは「魔人を心配しているのか?」と言います。

キリヤは、彼らは友達だ、仲間なのだから当たり前だ、と叫びますが、やはりリオは馬鹿馬鹿しいと笑います。

そうして何度か討論するも、やがてリオはまぁいいと言いながら水晶玉を出してキリヤに差し出しました。

眺めていることしかできない己の無力さを思い知れ、と言って。

 

そして、そのころ。

チェシャは赤ずきんが仕掛けた罠の矢を余裕でかわしていました。

しかし、赤ずきんも矢以外にも力を持っていて、次々と攻撃を仕掛けます。

煙幕で赤ずきんの視界を潰し、隙をついて赤ずきんから離れ、脱出を試みるチェシャ。

ところが、次は赤ずきんの耳が大きくなっていました。

その様子を見て、チェシャは思います。

こいつは本当に赤ずきんなのか、と。

しかし今はそれどころではない、と切り替えてまた足を走らせます。

ある程度逃げて障害物のない場所まで出て、赤ずきんを誘いました。

が、普通に現れる赤ずきん。

かと思えば、彼女は泣いていました。

そんな泣いている赤ずきんに、チェシャは「見逃してやってもいいぜ?」と声をかけますが、次の瞬間。

赤ずきんの姿が全身毛むくじゃらになり、大きな狼に姿を変えたのでした。

 

それからもう一方、青髭と対峙するサロメは。

軽く無駄話をかわしつつ、サロメが香水を用意し始めたとき、青髭もステッキを振り下ろしました。

「俺の花嫁になるんだ、美しいお前にはその資格がある」と述べる青髭に、まるで私を欲しがったヘテロ王のようだ、とあきれながら言いました。

そんなサロメに、青髭は力ある者は自分が欲しいものを自由に得る権利がある、と言います。

その言葉に、サロメは「ならば私もヨナカーンを手に入れる権利があったはずなのに」と呟きました。

すると、お前は無力だからだよと言う青髭。

何かを利用することでしか優位に立てない、そうだろう? と続けます。

必死に否定するサロメですが、その弱った心に付け込まれて拘束されてしまったのでした。

 

そんな様子を、リオの水晶玉で見ていたキリヤは今すぐ僕を出せとリオに訴えます。

リオは出て行ったところで何もできないだろう、と言いました。

しかしキリヤもキリヤで「ここで待っているだけなんて出来ない!」と叫びます。

すると、リオは水晶玉を置きながら言いました。

ならお前がここで僕を負かすことだ、と。

そして杖を振りかざして、杭のようなものをキリヤめがけて降らせたのです。

簡単に死んでくれるなよ、と言って。

ビブリオコレクト【第13話】感想

色々と展開が熱くなってきましたね!

キリヤも気になりますが、チェシャとサロメも心配・・・。

赤ずきんは本当は赤ずきんではなく、狼の魔人だったりするのでしょうか?

前にサロメ(雪村先生)が本当の童話を考えたら暴力的な赤ずきんでも不思議ではない、と言っていましたが、狼の魔人だと考えればあの暴力性も説明がつきますしね。

しかし、狼だとすると本物の赤ずきんの魔人もいるのかいないのか・・・いたら出てきてほしい!

さて、次回はどんなストーリーになるのでしょう?

ビブリオコレクト最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ビブリオコレクト最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ビブリオコレクト最新話を読む