週刊少年マガジン

ヒットマン【第69話】足掻いて足掻いてのネタバレ!対照的な天谷と春日

2019年11月13日発売、週刊少年マガジン50号のヒットマン【第69話】足掻いて足掻いてのネタバレや感想をまとめました。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

【前回のあらすじ】

「編集者は必要ない」と編集部で公言した春日は人気アンケートでも上位をキープ。一方天谷の新連載は下位に沈み、厳しいスタートとなってしまいました。

ヒットマン【第69話】足掻いて足掻いてのネタバレ

天谷の打ち合わせに向かう龍之介。

龍之介は料理関係で人気のある本をたくさん買い込んでおり、天谷が順位が悪くて落ち込んでいたので少しでもやる気になってもらいたいという気持ちでいました。

しかし天谷はこれくらいで落ち込むわけない、何回打ち切り食らったと思ってるの?と冷静に言います。

そんな天谷に龍之介は王道の料理漫画を突き進むために、先生がやると決めたことならとことん貫きましょう!!僕はこの連載を諦めません!!と熱く語りました。

しかし「だとするならここが限界。進路変更よ」と言う天谷。

ギャグとエロとラブコメに進路を変更することを考えていました。

このまま進めばこの連載は確実に打ち切りだと危機感をもっていたのです。

そして最終回の作者コメントで”やりたいことは全てやり切りました”なんてみっともない遺書を残して、死ぬ気はないという天谷。

たとえ崖の端まで追い詰められても棒を振り回して暴れてやる。

もしもそこから突き落とされたって足掻いて足掻いて、頭が砕ける瞬間まで絶対に負けを認めない。

今までだってそうしてきたし、諦めないとはそういうことだと天谷は言います。

生き残るためなら自分のやりたいことを曲げてもいいのかと聞く龍之介に、当たり前だと断言する天谷。

誰にも求められていないことをゴリ押しして打ち切りになるなんて冗談じゃない。

私の喜びは読者のニーズにこたえて楽しませること。

人気アンケートで1位を獲ること。

そのために自分が持っている武器を使うのは当然。

料理は私にとって新しい武器にはならなかったってだけの話。

それでも読者はついてこられるのかと戸惑う龍之介に天谷は、アンタ私を信じられないの!?と声を荒げます。

すると龍之介は決心したように、わかりました!!やりましょう!!だったら僕もそのつもりで打ち合わせします!!と答えました。

一度落ちた人気はそう簡単には戻らないわよ!?増ページ・カラー袋とじ、何でもいいからガンガン仕事とってきて!!という天谷。

そんな天谷の言葉に龍之介は「ハイ!!」と力強く返事をするのでした。

 

その後、天谷との打ち合わせが終わった龍之介は、翼に打ち合わせキャンセルの連絡を入れます。

駄々をこねる翼に、春日に大事な用と急に呼ばれてしまったと説明する龍之介。

もしかしたら打ち合わせする気になってくれたかもしれないから気が変わらないウチに行きたい、という龍之介の言葉を翼は渋々受け入れます。

 

そして龍之介は春日の家を訪れました。

インターホンを押して中に入ると、そこにはたくさんの人が集まっていました。

そこにいる人々はグラスを片手に談笑しています。

何だこれと驚く龍之介の元に、飲も飲も!と言いながら七尾がやってきました。

戸惑う龍之介に気分転換の飲み会だと声を掛ける春日。

久々に自分と仕事をしてくれた人たちに会いたくなって声を掛けたら、予想外に集まってしまったため、担当の龍之介に雑用をお願いしようと思って呼んだと言います。

雑用のお礼に有名人を紹介するから、頑張って人脈を広げればいいと言う春日。

そこには劇場版の監督やプロデューサー、アニメのOPを担当したバンドもいました。

しかし龍之介は飲み会の後でも明日でもいいから、打ち合わせをしませんか?と持ち掛けます。

「まだそんなことを言ってるのか君は」と呆れ気味に言う春日。

すると龍之介は4話まで読んだけどハッキリ言って良くない、せめて僕の感想だけでも聞いてくれと春日を説得します。

しかし2話でもまだ4位だから上出来だと言う春日。

マガジンの読者は想定していた以上に保守的だったのは認めると言いますが、きっと他の少年誌なんて読まないからマガジン以外の漫画の読み方が分からないんだと話します。

それでも問題はない、僕の漫画の読み方さえ理解できれば面白さに気づくという春日に対し、だったらもう少し面白さを伝える努力をした方がいいんじゃないかという龍之介。

しかし春日はそれは1話目で十分やったと話し、それ以降はあえて説明を抑えて行間を読ませるように作っており、それが分からないほどレベルの低い読者なら読んでくれなくて結構だと言います。

さらに龍之介としっかり打ち合わせをしている天谷は、今週17位だったけど大丈夫なのかと哀れむような目つきで聞く春日。

そんな春日に対し厳しい表情で、それはこれから頑張って巻き返すと龍之介は答えます。

すると春日は余計な入れ知恵をして才能をつぶさないようにな、と話すのでした。

 

翌週。

桂木の職場では春日の「WILD HUNTER」についての話を、アシスタントのノブが切り出しました。

ノブは春日の漫画を4話目まで読んだけど、途中から何を言ってるのか全然わからなかったと言います。

そんなノブの話に、ウチは今まで通りやってればいいという桂木。

桂木は今週の順位速報に目を通しながら「前作はどれほど売れたか知らねぇが春日君よ。あんまり読者をナメるもんじゃねぇぜ」とつぶやきました。

そこには9位WILD HUNTERSの文字が・・・。

ヒットマン【第69話】足掻いて足掻いての感想

春日の連載はやはり順調に下がっているようですね。

そのうち天谷が順位を抜きそうな気がします。

さすがに春日も焦り始めるのではないでしょうか?

どんな展開になるのか気になりますね!

次回のヒットマン【第70話】が掲載される週刊少年マガジン51号は11月20日に発売されます。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む