週刊少年マガジン

ヒットマン【第65話】秘密の恋のネタバレ!龍之介と翼の恋の試練!?

2019年10月16日発売、週刊少年マガジン46号のヒットマン【第65話】秘密の恋のネタバレや感想をまとめました。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

【前回のあらすじ】

沖縄でついに気持ちを伝えあい、身体を重ね合った翼と龍之介。いよいよ漫画家と編集者の禁断の恋がスタートしました。

ヒットマン【第65話】秘密の恋のネタバレ

付き合って初めての打ち合わせを行う龍之介と翼。

龍之介は付き合って急に外でばかり打ち合わせしていたら怪しいから堂々と会社でしようと言ったものの、2人の間には妙な緊張感が漂っていました。

下絵どうですか?と話を切り出す翼に、問題ないと思うと答える龍之介。

翼が今日からアシスタントに入ってもらって、コワーキングスペースで作業をしますと伝えると、龍之介はまぁ頑張ってくれと返し、再び微妙な間が空きます。

そんな2人に、大丈夫ですか?と夏目が声を掛けてきました。

連載前から険悪な雰囲気ですね、打ち合わせが行き詰っているのですか?と尋ねる夏目の言葉を否定する龍之介。

夏目は「Blue Wells物語」のネームを読んだが面白かったと話し、さらに唐突に聞きました。

これは僕の個人的な興味なのですが、お二人はもう恋人同士なのですか?と。

それを聞いた龍之介と翼は驚き、そんなわけないじゃないですか!!仕事の関係ですよ!!と慌てて否定します。

しかしどうやら夏目は、Blue Wells物語のボーカルの優と風夏の話をしていたようです。

勘違いだったと気づいた龍之介に、他に誰の話だと思ったのかと聞く夏目。

龍之介と翼は、その2人のことだと思ったと慌てて誤魔化します。

そして夏目は夜に天谷と打ち合わせをする龍之介に、天谷への伝言を伝えました。

「お疲れさまでした」と。

 

実は天谷の作品が最終回を迎えたようで、初めて担当させてもらった作品だから複雑な心境だと龍之介は言います。

そんな龍之介に対し、打ち切り作家だった私にとっては初めての円満終了だという天谷。

いざ終わるとなると寂しい気もするけど、あなたのおかげでこの作品のポテンシャルは全て引き出せたと思う、と天谷は龍之介に感謝します。

龍之介は天谷の言葉に謙遜しつつ、6年近く休まず連載したのだから、とりあえず最終回を描き上げたらゆっくりなさってくださいと労います。

しかし、3か月後に始めたいという天谷。

編集長にそう伝えてほしいという天谷に、3か月なんてほとんど休めてないじゃないですか!!そんなに急がなくても、と龍之介は言います。

そんな龍之介に急いでるんじゃなく、焦っているんだという天谷。

たった一本誰かの新連載が大当たりすれば、それにつられて他の作品のレベルの数段上がり、ほんの数か月で雑誌の色はガラッと変わります。

ちょっとくらい売れたからって休んでいたら、あっという間に古臭い作家になっていくと天谷は危機感を感じていました。

そんな天谷に対し、画力もストーリーも業界ではトップクラスだから、そんな心配をする必要はないじゃないかという龍之介。

すると天谷はマガジンに移籍してきた京極の名前を出しました。

あんな画力のバケモノみたいな人が雑誌に載れば、否が応でも他の作家は影響を受けるという天谷。

特に翼や奈佳のような若い作家は、とんでもなく吸収と成長が早いため、きっと爆発的に画力は上がるといいます。

ストーリーも私じゃなくても、私のような誰かがあっという間にラブコメという席を奪っていく。

3か月以上も連載を休むなんて正気の沙汰じゃない。

それくらい私にとって”怖い”のよ。次の連載までの期間は。

そんな天谷の言葉を龍之介は黙って聞いていました。

 

打ち合わせの帰り道、一人歩きながら天谷ほどキャリアがある人でもそんなこと思うのか、と考える龍之介。

むしろ何年も連載を続けてきた人だからこそわかる、恐怖なのかもしれません。

龍之介は何にしても次の連載も担当するのだから、しっかりしなきゃな!と気を引き締めます。

その後、龍之介は仕事帰りの翼と合流しました。

龍之介と軽く言葉を交わしつつ、辺りをキョロキョロ見回し始める翼。

そして翼は突然龍之介に抱き着きます。

戸惑う龍之介に、翼は人見知りだからいきなり知らない人たちと仕事をするなんてすごいストレスだったと話し始めます。

さらに「早く・・・龍くんに会いたかった」と甘えた表情でいう翼。

龍之介は顔を真っ赤にしながら、「よく頑張ったな。つ・・・つ・・・翼」と翼の頭をなでます。

龍之介がどうせ帰り道が一緒だから家まで送っていくよというと、翼は龍之介の腕をつかみました。

そして、ちょっとだけウチに寄って行かない?沖縄の続きしたくなっちゃったという翼。

龍之介は担当として作家を疲れさせるわけには・・・と言いますが、翼は彼氏として心の疲れを癒してほしいの!と返します。

それなら、まぁ彼氏として・・・と承諾する龍之介。

そんな2人の様子を、物陰から春日が見つめており「ふーん。そういうことね」とつぶやくのでした。

ヒットマン【第65話】秘密の恋の感想

予想通りですが、仕事上では2人の関係を隠さなくてはならないので大変そうですね。

しかしラブラブなやり取りが微笑ましかったです。

そんな龍之介と翼の関係を知ってしまった春日は、どんな行動に出るのでしょうか?

次回のヒットマン【第66話】が掲載される週刊少年マガジン47号は10月23日に発売されます。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む