週刊少年マガジン

ヒットマン【第60話】水着と宣伝費のネタバレ!七尾は水着姿になるのか!?

2019年9月11日発売、週刊少年マガジン41号のヒットマン【第60話】水着と宣伝費のネタバレや感想をまとめました。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

【前回のあらすじ】

幼馴染のモデル・七尾友果子の写真集の撮影で沖縄を訪れた龍之介。

そこで七尾の裏アカウントがバレてしまい、一時はスタッフに白い目で見られ涙する七尾でしたが、龍之介が間に入り何とか問題を解決しました。

ヒットマン【第60話】水着と宣伝費のネタバレ

七尾にとって龍之介が特別な存在だと知ったカメラマンの鶴見は、撮影中に七尾に話しかけて自然な表情を引き出してほしいと龍之介に頼みました。

そんな鶴見の変わったお願いに戸惑いつつも、了承した龍之介。

ホテルの外に出ると、先輩の名取と七尾のマネージャーが何やら話し込んでいます。

龍之介が名取に声を掛けると、名取は唐突に言いました。

「頼む!!あの子を脱がせてくれ!!」

「・・・ハイ?」

 

その後、七尾のグラビアの撮影がスタートしました。

龍之介と撮影するのが変な感じだと少し嬉しそうな七尾に、苦笑いで「よろしくな」という龍之介。

この時、龍之介は名取に七尾を水着にさせてくれと頼まれたことで頭がいっぱいでした。

七尾は嫌だと拒んだようですが、彼女が脱ぐのと脱がないのでは写真集の売り上げも大きく左右されます。

さらに裏アカウントの件でスタッフの間にも「悪いと思うなら脱いでくれ」という空気があるようですが、さすがに誰も言えないため、仲がいい龍之介に頼んでほしいとのこと。

龍之介が複雑な表情で七尾を見つめていると、七尾がどうしたの?また不細工な顔して、と顔を覗き込んできました。

不意を突かれて、しどろもどろになる龍之介。

実は七尾を脱がすことができたら、翼の新連載である「Blue Wells物語」の宣伝広告費をがっつり獲ってきてやると名取に言われていました。

龍之介にとっては絶対にコケられない翼の新連載で、少しでも多く宣伝してもらえるならありがたい話ですが、だからといって嫌がる七尾を無理やり水着にさせるのも心苦しく感じていました。

龍之介が緊張していると勘違いして、頼りないなーそんなんじゃ良い表情出来ないよ、という七尾。

相変わらずわがままでガキっぽい七尾が大人気なんだから、世の中わからないと感じる龍之介ですが、改めて七尾を見て思ったことを口走ります。

「綺麗になったよな・・・友果子ちゃん。」

そんな龍之介の言葉に驚き、顔が真っ赤になる七尾。

すると七尾は、何言ってんのよ急に!!と龍之介に向かって足で砂をかけました。

逃げる龍之介に楽しそうに砂をかける七尾。

その自然な表情に鶴見はノリノリでシャッターを切ります。

 

その後七尾は8時間撮影を行い、日も暮れてきました。

遊んですっかり疲れている様子の龍之介ですが、ふと頭の中に早く水着になれって言え!!という名取の声が聞こえてきます。

浮かない顔の龍之介にどうしたの?やっぱり変だよ、と声をかける七尾。

「・・・いや、なんつーか」と龍之介は言葉を詰まらせながら、翼と七尾どちらを選べばいいのかと考えます。

すると七尾が、もしかして私に水着になってほしいの?と自分から聞いてきました。

悪いことをしたのは自分だから、龍之介がなれというならそうすると穏やかな表情でいう七尾。

そんな七尾に、バーカ何気遣ってんだと龍之介はいいます。

嫌なことはやらなくてもいい、そんなんじゃいい顔できないだろ?と龍之介は七尾に笑いかけます。

すると七尾は「よかった・・・」とつぶやくと、おもむろに服を脱ぎ始め、水着姿になりました。

龍之介は驚き、スタッフもざわつきます。

七尾はもし一言でも水着になれと言われていたら、龍之介をぶんなぐって帰るつもりだったと言います。

しかし龍之介が翼じゃなく、自分を選んでくれたことで脱ぐ気になったという七尾。

実はホテルの入り口で、名取と龍之介の会話を聞いていたようです。

七尾は、それじゃ水着も撮っちゃいましょ!!なんかテンション上がってきた!!とノリノリでポーズをとり始め、鶴見もスタッフも喜んで撮影を始めました。

発売前重版確定だとガッツポーズする名取。

龍之介はみんなやる気になってくれたから結果オーライだとほっとします。

そんな龍之介を見つめながら、微笑む七尾。

 

一方漫画家の春日に食事に誘われた翼は、夜景の見えるレストランでディナーを楽しんでいました。

そこで春日は翼に龍之介から自立するべきだと言います。

いつまでも担当に依存していたら翼は一人では何もできない作家になってしまうため、もし悩むことがあったら自分に相談してほしいという春日。

僕は編集者と違って、ある日急に担当を外れることがないから・・・と。

春日は本気で翼を口説こうとしていました。

ヒットマン【第60話】水着と宣伝費の感想

龍之介は七尾を選んだというよりは人の嫌がることを押し付けたくないという優しさから、やらなくてもいいといったような気がします。

しかし結果的に七尾は脱ぐ気になったので、龍之介と翼も得をする結果になって良かったですね。

そして春日は本気で翼を口説こうとしていますが、翼はどうするのでしょうか?

次も気になりますね!

次回のヒットマン【第61話】が掲載される週刊少年マガジン42号は9月18日に発売されます。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む