週刊少年マガジン

ヒットマン【第52話】描けない事情のネタバレ!秋月風夏の死の真相とは?

216541656456 - ヒットマン【第52話】描けない事情のネタバレ!秋月風夏の死の真相とは?

2019年7月3日発売、週刊少年マガジン31号のヒットマン【第52話】描けない事情のネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

Blue Wellsの短期集中連載をするにあたって、秋月風夏の死に触れないでほしいと言われた翼と龍之介。

龍之介は死を描くことは面白いと考えますが、翼は父である桂木が母の死を描いた恨みからそれを拒みます。

しかし桂木が死を描いた真相や、「自分が面白いと思ったものを描きなさい」といった母の想いを知り、翼と龍之介は秋月風夏の死と向き合う決意を固めました。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

ヒットマン【第52話】描けない事情のネタバレ

「ですから・・・風夏のことは書かないでくださいってお願いしたじゃないですか。」

Blue Wellsの優は、秋月風夏の死を描きたいと説得する龍之介に困惑の表情を見せます。

翼はBlue Wellsにとって、彼女の存在が必要不可欠で、楽しいだけでなくバンドの苦悩や葛藤も描かせてほしいと頼みます。

「いい加減なことを描くつもりはありません!どうかやらせてください!」

そういって頭を下げる翼。

しかし優はそれでも描かないでくれと、きっぱり断りました。

 

事務所を出た龍之介と翼は、断られたことに落ち込みます。

嫌だと言っている人の人生を無理やり暴かせろなんて、いくら面白いからって横暴じゃないかと感じるという翼。

龍之介もそれに同意しますが、それでも秋月風夏が存在したことをなかったことにはできないと納得できない様子です。

「それに面白いってのは、面白おかしく描くことじゃない・・・人の感情を揺さぶるってことだ。だからこそ、この話は榛名さんの気持ちが分かる小鳥遊がやるべきなんだ。」

そんな2人の会話を、密かに誰かが物陰から聞いています。

すると龍之介が優の表情は、他に何か理由がある気がすると話し、別の角度からアプローチしてみようといいます。

「仲間がダメなら・・・親に頼む。」

 

龍之介と翼は秋月風夏の親である、秋月大和と秋月涼風と対面しました。

秋月風夏のことを漫画にしたいと聞かされた涼風は、親としてはすごくうれしいと話します。

「この世界に秋月風夏って子がいたことを知ってほしい。だってあの子は私たちの大切な娘なんだから。」

そんな涼風の言葉に、「でしたら是非、お二人から榛名さんに頼んでいただければ・・・」という龍之介。

しかし大和は、「悪いが俺たちも風夏のことは描かないでほしい。」と言います。

そして涼風はここだけの話にしてほしいと前置きし、

「風夏と交通事故を起こしたのはね。今のメンバー・・・碧井さんのお父様なの・・・。」

と告白しました。

そんな涼風の言葉に驚く、龍之介と翼。

涼風はそのことは全く恨んでいないと言いますが、事故のことを描けば、それが世間に知られてしまい、碧井風夏は誰かの心無い言葉に傷ついて、望まない罰を受けるかもしれないと話します。

「同じ親として、俺たちは他人の子をそんな目に遭わせたくないんだ。君たちの申し出はすごくうれしいが・・・それはわかってくれ。」

そんな大和たちの言葉に、それではさすがに描けないと諦める翼。

龍之介も自分たちの勝手なエゴで、誰かを不幸にしていい訳がないと感じます。

するとその時、「面白いと思いませんか?私の話・・・。」と突然碧井風夏が現れました。

「描いてみたいって思いませんか・・・?」

驚く龍之介に、二人が話してるのを立ち聞きしてしまったという風夏。

風夏は涼風と大和に、もし自分に気を遣っているのなら、そんなことは気にしないでくれと言います。

「父も・・・それでいいと言ってくれました・・・。」

そんな風夏の言葉に、「頼んでおいてこんなこと言うのもおかしいですが、それはさすがにダメだと思います。碧井さんを不幸にするような漫画を描くわけには・・・。」という龍之介。

すると風夏は、「小鳥遊先生の描かれる漫画は、人を不幸にするんですか?」と翼に聞きます。

そんな風夏の問いに「そんなモノ描きません!!」と声を荒げる翼。

「じゃあお願いします」と翼にいう風夏に、どうしてそんなこと、と涼風が聞きます。

すると風夏は、秋月風夏は確かに存在し、それをなかったことにはできないという龍之介の言葉を持ち出し、自分もそう思うと話し始めました。

「むしろたくさんの人に知ってほしい。このバンドにはかつてすごいボーカルがいたんだって・・・私がここにいるのは、その子がいたからなんだってことを。」

そのためなら、知っていることは全部話すという風夏。

「どうか小鳥遊先生にしか描けない漫画で、榛名優を納得させてください。」

そんな風夏の言葉に、翼は「・・・もちろん、そのつもりです・・・!」と力強く答えました。

ヒットマン【第52話】描けない事情の感想

Blue Wellsにはかなり複雑な事情があったようですが、これで秋月風夏の死について、描けるようになったということでしょうか。

優は翼の漫画を見て、どのように反応するのか気になりますね。

次回のヒットマン【第53話】が掲載される週刊少年マガジン31号は7月10日に発売されます。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む