週刊少年マガジン

ヒットマン【第47話】プレゼンバトルのネタバレ!龍之介の不思議な力で逆転!?

4684846516846 - ヒットマン【第47話】プレゼンバトルのネタバレ!龍之介の不思議な力で逆転!?

2019年5月29日発売の週刊少年マガジン26号、ヒットマン【第47話】プレゼンバトルを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

翼にストーリー漫画を描かせるべく、有名人のコミカライズを企画した龍之介。そんな中、人気バンドBlue Wellsのメンバーとたまたま遭遇しますが、バンドを知らない龍之介はチャンスを逃してしまい、その間に別の雑誌がBlue Wellsでコミカライズを企画してしまいます。

翼のために諦めきれない龍之介は、Blue Wellsの事務所TWINKLING STARへ乗り込み、交渉中の他誌と企画の取り合いをすることになりました。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

ヒットマン【第47話】プレゼンバトルのネタバレ

「なるほど・・・さっき電話してきたのはあなただったの。勘違いして呼んでしまったこちらにも落ち度はあるけど、だとしても頼みごとをする方が遅刻してくるのはどうかと思うわよ?」

TWINKLING STARの社長である天谷は、突然乗り込んできた龍之介に苦言を呈します。

それを聞きながら申し訳なさそうに小さくなる龍之介と、横で怪訝そうな表情で龍之介を見つめる他誌の副編集長盾山。

天谷はBlue Wellsのメンバーにどうしても龍之介にお願いしたいと頼まれたため、話は聞いてあげると言います。

「ただしそのうえでどちらの社を選ぶかは、社長の私がしっかりと判断させてもらうわ。それでいいかしら?」

「ありがとうございます!!」

「えぇ・・・こちらは一向にかまいませんよ?僕の話を聞いてもらえば、きっとメンバーの皆さんにもご納得いただけるはずです。」

「僕もです!」

そうして、まずは龍之介が翼についてのプレゼンを始めました。

新人ながら週刊でショートラブコメを連載中であること、実録漫画の読み切りでアンケート1位を獲得したことを話し、若い読者からの支持も厚いため、Blue Wellsのファンとの親和性も高く、作者本人も大ファンだとプレゼンします。

すると盾山が、翼とBlue Wellsのファンの親和性が高い根拠は何だと聞いてきました。

龍之介が若いファンが多いから共感できると思ったと話すと、想像だけでよく親和性が高いと言えたなとバカにする盾山。

「ちなみにさ、その小鳥遊さん・・・だっけ?コミックスは何万部でてんの?」

「・・・・ぜ・・・0です・・・。」

「はァ?」

「今月発売の1巻は5万部刷る予定です!!それはかなり期待されている数字だと聞きました!!」

そんな龍之介の言葉に、確かにすごいねとバカにしたような表情で返す盾山。

すると天谷が盾山にプレゼンするよう促しました。

 

一方仲田と乙黒は、交渉に行った龍之介の話をしていました。

仲田は翼なら読み切りもブッチギリ1位だったし行けるんじゃないかと話しますが、乙黒は100%ないと言い切ります。

「だって・・・相手側の作家がエグすぎるよ。」

 

「京極薫・・・画業27年の大ベテランです。」

そんな盾山の言葉に、驚く龍之介。

京極薫は漫画業界でその名を知らない者はおらず、オリジナルの連載は1本もないものの、神がかり的な画力で数々の原作を大ヒットに導いた作画のスペシャリスト。

コミックスの累計発行部数は合計8000万部で、全てがアニメ化やドラマ化、映画化され大ヒットしたと盾山は言います。

今回もバンドの漫画化という企画で終わらせるつもりはなく、すでに京極薫とBlue Wellsが組むなら無条件でメディア化したいという申し出もあるのだとか。

そんな盾山のプレゼンを聞いて、焦り始める龍之介。

天谷は盾山の企画に好感触を見せ、

「剣崎くんには悪いけど、今回は盾山くんにお願いするわ。」

と盾山を選びました。

龍之介は京極薫なんて出されたら無理だと諦め、翼に心の中で謝ります。

その時ちょうど盾山の携帯に京極から電話が入りました。

「ハイ盾山です。お疲れ様です!えぇ・・・今その件で・・・あ・・・大丈夫です。決まりましたよ。Blue Wellsとの企画・・・は?」

 

一方週マガ編集部では、怜奈が龍之介に頼まれて持ち込みを引き受けた人の原稿を、北条に見せていました。

新人賞に応募したいと持ち込んできたのは、実はベテラン作家の京極薫でした。

そして電話で盾山に、Blue Wellsの企画の件を断る京極。

「どうしても私は憧れの雑誌で、原作付きではなく自分の作品で勝負してみたいんです。」

京極は龍之介に言われた熱い言葉に心を打たれたようです。

盾山はイラ立った様子で声を荒げて、京極を説得します。

そんな京極の様子に「何か問題でも起きたの?」と聞く天谷。

京極は「今日のところは失礼します」と、慌てて立ち上がり、近くにいたBlue Wellsの優にぶつかりながらも、謝りもせずに立ち去っていきました。

残った龍之介に「あなたみたいに土壇場で、不思議な力を発揮する人がいるのよね」と声をかける天谷。

そして天谷は、手堅いけど来るか来ないか分からない連絡を待つか、当たるか外れるか分からないけどその強運にかけてみるかと迷い始めます。

すると天谷は翼はどのくらいの可能性を秘めてると思うのかと、龍之介に問いかけました。

そんな天谷の言葉に

「彼女ならマンガで世界を変えられると、僕は信じています!!」

とまっすぐ前を見据えて答える龍之介。

天谷は思わず吹き出し、「すごいこと言うわね。しかもバカ真面目な顔で・・・。」と返します。

しかし「良い答えよ。今回の話・・・剣崎くんにお願いしようかしら。」と答えを出す天谷。

「!!ホントですか!?」

「ただし条件が一つ・・・連載は一番部数の多い週刊でやること。」

「し・・・週刊?」

(この人小鳥遊に・・・週刊2本やれって言ってんのか!?)

ヒットマン【第47話】プレゼンバトルの感想

また龍之介の不思議な力で、チャンスが転がり込んできましたね。

しかし週刊連載2本は、確実に翼が倒れてしまうと思います。

どのような形で決着をつけるのか、楽しみですね!

次回のヒットマン【第48話】が掲載される週刊少年マガジン27号の発売日は6月5日になります。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む