週刊少年マガジン

ヒットマン【第44話】暗闇に差す光のネタバレ!漫画家と編集者の絆

gsghehtrjytkmuykisofjdha - ヒットマン【第44話】暗闇に差す光のネタバレ!漫画家と編集者の絆

2019年5月15日発売の週刊少年マガジン24号、ヒットマン【第44話】暗闇に差す光を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

落雷の影響で次の日提出予定の、原稿データが破損してしまった翼。そんな翼のピンチに駆け付けてくれたのは、桂木のアシスタントたちでした。

翼はアシスタントと共に、手書きで原稿を仕上げていましたが、途中で桂木から「戻ってこい」と連絡を受けアシスタントたちは仕事場に戻ることになります。

一人で原稿を仕上げるしかなくなった翼は、どう頑張ってもすべて描き上げることが出来ないと、諦めかけていたところ、龍之介が救世主として奈佳を連れてきました。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

ヒットマン【第44話】暗闇に差す光のネタバレ

「お望みとあらば週マガ最速のペン捌き、ひとつご覧にいれましょう。」

「し・・・島風さん!」

驚く翼に奈佳は、時間がないから早く始めようと言って、机の前に座ります。

そんな奈佳にどうして自分のために、そこまでしてくれるのかと聞く翼。

奈佳は自分が休載していた時、代わりに翼が原稿を載せてくれたからだと話します。

「ずっと窺っとったんよ?恩返しのタイミング。」

そんな奈佳の言葉に、感謝しつつ涙を流す翼。

「ちょっと!!泣くのもお礼言うのも原稿間に合ってからにして!!ホラ小鳥遊さんもサッサと描く!!あと6時間しかないんじゃけェね!?」

「ハ・・・ハイ!!」

 

その頃、桂木の仕事場では、アシスタントたちが戻って原稿を描いていました。

「0時までには上がりそうか?」

と聞く桂木に、大丈夫だと返事をする3人。

しかしアシスタントたちは、内心翼のことが心配で仕方ありませんでした。

(・・・誰でもいい、頼む・・・どうか俺たちの代わりに翼ちゃんを・・・助けてやってくれ!誰か・・・!!)

 

一方奈佳は驚異的なスピードで、原稿を描き上げていきます。

そんな奈佳の様子を見ながら驚く龍之介は、あることに気づきます。

「そういえば島風はパースとか取らないのか?桂木先生のスタッフさんは、定規や画びょうを使ってキッチリ描いてたけど。」

龍之介の疑問に、パッと見でおかしくなかったらいい、パースなんて感覚だという奈佳。

「そんなことできんのか?」と聞く龍之介に、「ただの天才です。」と翼は言います。

「本当にすごい。さっきまで手伝ってくれてた3人も速かったけど・・・それ以上ですよ。」

そんな翼の言葉に、いくら自分でも他人の原稿をこんな速さで描けるわけないという奈佳。

実はその原稿には、背景に必要な資料やアタリ、トーンの番号から、シーンの時間帯まで事細かく指示してありました。

それはアシスタントたちが帰る直前に、残していたものだったのです。

「これはこのページを描く小鳥遊さんのために・・・ううん・・・もしかしたら助けに来るかもしれない誰かのために、桂木先生のスタッフさんたちが込めた・・・祈りの言葉。」

そんな奈佳の言葉に、再び涙をこぼす翼。

その時、怜奈が会議室に入ってきました。

翼の隣で原稿を描く奈佳を見て驚く怜奈。

龍之介が事情を説明すると、怜奈はもしかしたら間に合うかもと喜びます。

しかしどこか浮かない表情の龍之介。

龍之介は作家がこれだけ頑張っていても、手伝ってやることが出来ない編集者の無力さを感じていたのです。

そんな龍之介の言葉を、否定する翼。

すごくいいストーリーが浮かんでも、それをイメージ通りにネームにできたという自信があっても、不安で仕方ないのだと翼は言います。

でも龍之介の「面白い」という言葉を聞けただけで、不安は消し飛び、自信が確信に変わるのだとか。

「つまり担当の”面白い”という言葉は、暗闇に差す一筋の光。作家にとっては唯一の希望・・・それがなければとてもじゃないけど、こんな辛い思いしてまで描いていられません。」

そう言いつつ、原稿に向き合う翼を、黙って見つめる龍之介。

「だからごめんね。島風さん・・・あと少しだけ付き合って。この読み切りは絶対面白いから・・・どうしても読者に届けたいの・・・。」

そんな翼の言葉に、奈佳は力強く「もちろん!!」と答えました。

 

その後マガジンが発売され、アシスタントたちが心配そうに翼の読み切りページを覗き込みます。

自分たちが描けなかった残り8ページはどうなったんだろうと、ゆっくりページをめっていくアシスタントたち。

次々とページをめくり、最後まで掲載されていることを確認すると、3人は驚き、喜びの声を上げました。

 

桂木は携帯でアンケートの集計結果を確認します。

そこには1位御島明日香物語、2位タッチアップの文字が。

「ま・・・長いこと連載してりゃ。こんな週もあるさ。」

ヒットマン【第44話】暗闇に差す光の感想

今回は無事翼が読み切りを描き切りましたね。

編集者と漫画家が、二人三脚で作品を作っていることを改めて感じました。

次回は一挙2話掲載されるようです。

どんな展開が待っているのか楽しみですね!

次回のヒットマン【第45話】が掲載される週刊少年マガジン25号の発売日は5月22日になります。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む