週刊少年マガジン

ヒットマン【第43話】間に合わないのネタバレ!翼に救世主現る!

nouhihniughniu - ヒットマン【第43話】間に合わないのネタバレ!翼に救世主現る!

2019年5月8日発売の週刊少年マガジン23号、ヒットマン【第43話】間に合わないを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

落雷の影響で原稿データが破損してしまった翼。翌日までに原稿を仕上げなければならず、途方に暮れる翼の元に助っ人として現れたのが、桂木のアシスタントたちでした。

アシスタントたちと共に翼は急いで原稿を描き上げていき、このペースなら何とか間に合いそうだと思ったのも束の間。桂木からアシスタントに戻ってこいと連絡が入ります。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

ヒットマン【第43話】間に合わないのネタバレ

「な・・・何言ってんですか桂木さん!!原稿ならもう完成したじゃないですか!!」

焦るノブに良いアイデアが浮かんだから、戻って来いという桂木。

ノブは翼の原稿は6時間半でギリギリ上がるかどうかだから、戻ってる時間なんてないと説得します。

しかし

「テメェらどこのスタッフだ!!グダグダ言ってねぇで戻ってこい!!」

と怒鳴る桂木。

翼は下を向いたまま黙っています。

アシスタントたちは帰らないから心配するなと翼に声を掛けますが、翼はこれ以上迷惑はかけられないからと、アシスタントに桂木の元に戻るように促します。

「それに私描くの速いんですよ!?やっとエンジンかかってきました!!あと8ページくらい一人で何とでもなります!!」

と笑顔で明るくいう翼に、複雑な表情を浮かべるノブ。

すると八神が会議室に入ってきました。

怜奈は八神の方から桂木を説得してくれないかと頼もうとしますが、桂木のところに戻ってくれとアシスタントに告げる八神。

八神は修正したネームの方が面白かったから、桂木に原稿を描き直してもらうことにしたと言います。

そんなのあんまりだと食い下がる怜奈に、さっさと編集部に戻って仕事をしろと冷たく言い放つ八神。

 

その頃桂木は、勢いよく原稿を描いていました。

龍之介が取材に来たときに、桂木に言い放った「娘がマンガ家になって自分が挑んでくるのがそんなに嫌なんですか!?」という言葉をヒントに、面白いアイデアが浮かんだと呟く桂木。

 

一方怜奈は廊下に出て、スクリーントーンを買いに行っている龍之介に連絡していました。

現在の状況を説明し、このままじゃ翼の原稿が間に合わないことを話す怜奈。

しかし龍之介の携帯の充電がなくなり、電話が切れてしまいます。

一人でどうすればいいのかと途方に暮れる怜奈。

すると北条が「小鳥遊さんの原稿は間に合いそうですか?」と声をかけてきました。

怜奈がアシスタントが帰って翼が一人で描くことになったと伝えると、それならどんなに頑張っても2ページが限界だから6ページ分の代原を用意するという北条。

そんな北条を、怜奈は必死に説得しようとします。

「キャラまではペン入れが終わっているんです!!背景はなくても読むことならできます!!何とかそれで掲載するという訳にはいきませんか!?」

という怜奈の言葉に「・・・は?」とキレる北条。

「キミはお弁当を買いに行ってお金を払い、作りかけの料理が混じっている商品を出されたらどう思います?いくら他の料理がおいしくても頭にきませんか?」

「それは・・・そうですが・・・。」

「どんなに面白かろうが売れていようが・・・関係ありません。お金をとって未完成の原稿を載せるなど言語道断!!作家としても編集者としてもプロ失格です!!」

北条は声を荒げてそういうと、もし翼が載せろとゴネるようならそう伝えてくれと言って、去っていきました。

(あなたが小鳥遊先生のストックを取り上げて、島風先生の代原にしたからこんなことになったんでしょ・・・?)

そんな事を考えながら北条の背中を見つめる怜奈。

 

一方タクシーで桂木の仕事場に戻るアシスタントたちは、暗い表情で翼を心配します。

「なぁ・・・間に合うと思うか?翼ちゃん・・・。」

「・・・無理だ。絶対に8ページ何て上がるわけがねぇ・・・。」

「・・・くそっスマン・・・俺たちにできることはもう・・・あの子のために祈ってやることくらいだ・・・。」

 

その頃、翼は時間を気にしながら、一人原稿を描き続けていました。

桂木の顔が浮かび、力が入って思わず消しゴムを落としてしまう翼。

それを取ろうと立ち上がった瞬間、机に足を引っ掛けて転んでしまいました。

床に倒れた翼の目から、ポタポタと涙が零れ落ちます。

「・・・もう無理よ・・・間に合う訳ない・・・。」

(お願い・・・誰か助けて。このままじゃ原稿が落ちちゃう・・・。)

その時龍之介が「トーン持ってきたぞ!!」と勢いよく入ってきました。

「実はスクリーントーンって、どこに売ってるか分からなかったからさ、近場で確実に持っているヤツのところから借りてきたんだ。」

「・・・あの、もうトーンがあっても時間的に・・・。」

「そしたらソイツお前がピンチだって聞いて一緒に来てくれたよ。」

と龍之介がいうと、ドアからその人物が入ってきます。

「・・・月に叢雲花に風・・・兎角浮き世は上手くいかないことばかりでございます。涙をぬぐっておくんなさい。あの時助けていただいた鶴が、ご恩返しに参上仕りました!」

そう言って現れたのは、奈佳でした。

ヒットマン【第43話】間に合わないの感想

奈佳がかっこよく助けにきましたね。

奈佳がマンガを描けなくなっていた時に助けたのが翼だったので、まさに鶴の恩返しという感じです。

これで無事に原稿が仕上がりそうですね。

次回のヒットマン【第44話】が掲載される週刊少年マガジン24号の発売日は5月15日になります。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む