週刊少年マガジン

ヒットマン【第42話】プロの底力のネタバレ!発揮されるアシスタントの実力

houhugy8guhuihuyg - ヒットマン【第42話】プロの底力のネタバレ!発揮されるアシスタントの実力

2019年4月24日発売の週刊少年マガジン21・22号、ヒットマン【第42話】プロの底力を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

「漫画家への花道」のインタビューのため桂木の元に訪れた龍之介と怜奈。そこでさりげなく翼に関しての質問をした龍之介ですが、桂木に「オレに娘はいない」と突き放されます。

龍之介たちが桂木の元から帰ろうとした時、雷によって原稿データが破損したと翼から連絡が入ります。そんな翼の大ピンチに、翼を幼い頃から知っている桂木のアシスタントたちが力を貸してくれることに。

しかしその時「待て」と桂木が声を掛けました。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

ヒットマン【第42話】プロの底力のネタバレ

「どこに行く気だって聞いてんだよ。」

怪訝そうな様子の桂木を、アシスタントたちが行かせてくださいと説得します。

桂木に翼が漫画家になって、同じ雑誌で挑んでくることがそんなに嫌なのかと食って掛かる龍之介。

そんな龍之介に「なるほど・・・そりゃ問題起こすわけだ。お前。」と返す桂木。

「次の仕事の予定も聞かずに帰んのかって言ってんだよ!バカ野郎どもが!」

「・・・え?」

「家族が死のうが大地震が来ようがウチの仕事は最優先だが・・・休みの日までお前らがどこで何しようが、知ったこっちゃねぇよ。」

 

一方背景を描いてくれるアシスタントが見つかったため、講談社の会議室に来いという龍之介の連絡を受けて、翼が急いで家を出ます。

会議室では、アシスタントたちが準備していました。

アシスタントは龍之介に翼には自分たちが桂木のアシスタントだということを伏せてほしいと頼みます。

「あの父親の娘だ。そんなこと聞いたら”帰れ”なんて言い出しかねないからな。」

「だよなぁ。」

「まぁ覚えてないだろ。あの子は3歳だったし、俺らも老け込んじまったから。」

アシスタントたちがそんなことを話していると、息を切らした翼が勢いよく入ってきました。

龍之介にアシスタントを紹介され、翼はアシスタントたちの顔を見て驚きます。

「ノブさん・・・ヤスさん。シロさんも!」

「え・・・覚え・・・てんのか?」

「当たり前じゃないですか!忘れるわけないでしょ!?」

龍之介がアシスタントたちが翼を助けたいと言っていたことを伝えると、翼は涙を流し始めました。

「・・・覚えててくれたんだ・・・約束・・・。ありがとうございます・・・よろしくお願いします。」

「任しとけ!!よく一人で頑張ったな!!」

「オレたちが来たからにはもう大丈夫だ!!」

「絶対間に合わせてやるよ!!」

 

そうして漫画を描き始めた一同。

翼はアシスタントたちの仕事ぶりを見て、驚きます。

そしてこの人たちが来てくれて良かったと安心する翼。

龍之介は何か手伝えることはないかと聞きますが、素人に仕事を教えてる時間はないと軽くあしらわれます。

そんな龍之介に大人しく待ちましょうと声をかける怜奈。

龍之介は怜奈にもう帰っていいと言いますが、怜奈は一緒に見させてくださいと志願します。

「しっかりと目に焼き付けておきたいんです。どれほど命を燃やしながら、作家さんたちがマンガを作っているのかを。」

「・・・あぁ、そうだな・・・。」

 

その頃桂木の仕事場で原稿をチェックする八神。

タバコを吸いながら何かを考えている様子の桂木を見て、八神がどうしたのかと聞きます。

「ちょっと考えてたんだよ・・・原稿が締め切りに間に合うかどうか。」

という桂木に、もう原稿なら完成していると不思議そうな顔する八神。

 

一方栄養ドリンクの空瓶がたくさん置かれる中、20時間以上ひたすら漫画を描き続けている翼達。

締め切りまで7時間となり、このペースなら間に合うとラストスパートをかけ始めます。

(・・・すげぇ。何だよこの人たち。本当に何とかしてくれた・・・!!)

と喜ぶ龍之介。

すると翼が龍之介にスクリーントーンが足りないから買ってきてくれと頼みました。

待ちに待った仕事に、張り切って会議室を飛び出す龍之介。

怜奈も完成したページから校了紙を作成して、校了担当と編集長に見せてくると言います。

一方龍之介は勢いよく飛び出したはいいものの、スクリーントーンがどこで売ってるのか分からず道端で立ち止まっていました。

 

怜奈が会議室に戻り、校了紙に責了をもらったと報告していると、ノブの携帯に桂木から連絡が入ります。

桂木からだと聞いて少し反応する翼。

「ハイもしもし。」

『おうノブ。起きてたか?』

「あの・・・すいません。今ちょっと手が離せないので、また後でこちらから・・・。」

『ヤスとシロも一緒か?』

「え?・・・ハイ。」

『そうか。』

「実はよぉ。ちょっといいアイデアが浮かんじまってな。悪いが今から4ページ描き直すからすぐ戻ってこい。もうすぐ俺のペン入れも終わるからよ。」

「・・・は・・・?」

「は、じゃねーよ!聞こえてんだろ。全員すぐ戻ってこい!」

ヒットマン【第42話】プロの底力の感想

さすがに桂木も、アシスタントが翼を手伝うことを止めることはしませんでしたね。

途中翼の原稿が間に合うかどうか心配しているのかと思いましたが、最後は気が変わったのでしょうか?

この後は翼が一人で描くことになるのか、それとも違う展開があるのか気になるところですね。

次回のヒットマン【第43話】が掲載される週刊少年マガジン23号の発売日は5月8日になります。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む