週刊少年マガジン

ヒットマン【第41話】取材と落雷とのネタバレ!アシスタントのおじさんたち大活躍

hehtehyrjrhehteheherwq - ヒットマン【第41話】取材と落雷とのネタバレ!アシスタントのおじさんたち大活躍

2019年4月17日発売の週刊少年マガジン20号、ヒットマン【第41話】取材と落雷とを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

奈佳の一件以来、龍之介のことを尊敬し、ベタベタ付きまとうようになった怜奈。龍之介はそんな怜奈と共に、漫画家を目指すインタビュー記事、プロ花こと「漫画家への花道」を担当することになりました。

取材の相手は龍之介の憧れであり、翼の父親である桂木です。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

ヒットマン【第41話】取材と落雷とのネタバレ

雨の降る中、プロ花の取材のため、桂木の職場を訪れた龍之介と怜奈。

「悪いなァ、こんな汚いところで。男だけの職場なもんでよ。」

という桂木。

「いえ!こちらこそ、お仕事中にもかかわらず取材をお受けいただき、ありがとうございます!」

と怜奈がお礼を言い、別に構わないと桂木が答えます。

「・・・それより、大丈夫かよ。お前の先輩は。」

そう言う桂木の視線の先には、憧れの漫画家を前にガチガチに硬くなっている龍之介の姿が。

「す・・・すみません。ついに聖地に来てしまったので、緊張してしまいまして。」

龍之介は桂木の作品が、この場所から生まれたんだと思うと興奮と感動が押し寄せてきたと話します。

「色々やらかしてる割には気が小せェなァ剣崎くんよ。」

「え!?あ・・・すみません!!」

そんなやり取りをしながら、インタビューが始まりました。

 

一方翼は原稿を描きつつ、窓の外を眺めます。

「それにしてもよく降るわねー。剣崎さん取材大丈夫かしら。」

そんな事をぼやきながら、『小鳥遊にとって桂木先生は父親なのか、それとも・・・』という言葉を思い出します。

そして取材の状況を、ラインで龍之介に確認する翼。

 

その頃、怜奈は最後の質問として、桂木が連載を続けてこられた理由を聞いていました。

それについて桂木は、20年以上一緒にやってくれているスタッフのおかげだと話します。

スタッフは3人共アナログながら、技術・スピード・センス、どれをとっても業界じゃトップクラスで、チームでやってきたから一人じゃ何もできないという桂木。

その時ポケットに入れていた龍之介の携帯が、ブルルと振動します。

龍之介は携帯を確認した後、自分からも質問したいと申し出ます。

「桂木先生はデジタル作画をどう思われますか?お使いになられたことはありますか?」

「電気屋でちょっと触ってみたが俺は駄目だ。描いてる気がしねぇ。やっぱ漫画ってのは紙にペンでガリガリ描くから面白ェんだよ。」

そう答える桂木が、翼と同じことを考えていたことに、やっぱり親子だなと感じる龍之介。

すると龍之介は自分が担当している新人も、アナログ原稿で連載しているからアドバイスをもらいたいと桂木に聞きます。

その質問に「・・・新人?」と目つきが変わる桂木。

空気がピリッとしたことに、3人のスタッフが気づきます。

「あぁ・・・島風って子か?あの子ならもう十分上手いから、オレが教えることは何も・・・」

「・・・ち・・・違います。小鳥遊翼です。」

龍之介がそういった瞬間、外が光り、バリバリと大きな音を立てて雷が鳴りました。

思わず「きゃっ!!」と悲鳴を上げる怜奈。

「おーすげェなァ。どっか落ちたんじゃねーか?」

と話しをそらす桂木に「せ・・・先生!!」と身を乗り出す龍之介。

桂木は「うるせーな」と怪訝そうな目で龍之介を見た後、何も教えることはない、雑誌に載ってる奴は全員ライバルだと言い放ちます。

「・・・自分の・・・娘でもですか?」と聞く龍之介に、「そうなんですか!?」と驚く怜奈。

「オレに娘なんかいねェ。もういいか?タバコ吸いてェんだ。」

そう言って目をそらす桂木。

するとスタッフ3人が原稿が上がったと、桂木の元にやってきました。

龍之介と怜奈がその場を後にしようと、廊下を歩いていると、スタッフ3人が翼の担当である龍之介を止めます。

「元気でやってるか!?今年いくつになった!!」

「え!?に・・・23です!!」

「お前新人だからって無理させてないだろうな!!」

「写真とかないのか!?大人になった翼ちゃんの!!」

龍之介を羽交い絞めにしながら、翼のことを勢いよく尋ねるスタッフたち。

龍之介が新人賞の時の翼の写真を見せると、3人は食いつくように翼の写真を覗き込みます。

さらに龍之介から翼が原稿を紙に書いていることや、ペンが紙を走る振動が好きなことを伝えると、やっぱり桂木さんの娘だと3人は泣きだしました。

その後、龍之介がその場を立ち去ろうとしたとき、翼から電話が入ります。

涙目になりながら、「私どうしたらいいですか!?助けてください!!」と電話越しに訴える翼。

「原稿が完成したから送ろうと思って書き出ししてたんですけど・・・さっきの落雷で全部消えちゃいました!!」

翼によると液タブから火が出た後、電源が入らなくなり、保存していた外付けのハードディスクもコードが焼き切れてしまったとのこと。

今から液タブを買って持っていくから描き直せという龍之介に、翼は明日までに30ページ何て無理だと泣いています。

龍之介が俺も手伝うから待ってろといって電話を切ると、

「間に合う訳ないだろ。明日までに30ページなんて。」

「素人がバカなこと言ってんじゃないよ。」

とスタッフたちが言い出しました。

「だからって!!諦めたら原稿が落ちるだけでしょ!!」と声を荒げる龍之介に、だったら俺たちを連れていけというスタッフ。

「おっちゃんたちが助けてやるよ。」

「キャラまでは紙に描いてあるんだろ?」

そういうスタッフたちに、龍之介は「アナログでやる気ですか?」と聞きます。

「それがマンガだろうが!!なにがデジタルだ、ふざけんじゃねぇ!!」

「それにな約束したんだよ。20年前に。」

実はスタッフたちは、父親の仕事場に来ていた小さい頃の翼とこんなやり取りをしていました。

『翼も大きくなったら漫画家になる!!』

『おーマジか!そしたらお兄ちゃんたちが手伝いに行ってやるよ!』

『ホント!?絶対来てね!!』

怜奈はスタッフたちがいれば、間に合うかもと言い、龍之介も同意します。

しかしその時、

「待て・・・どこ行く気だ。お前ら。」

と桂木がやってきました。

ヒットマン【第41話】取材と落雷との感想

デジタルはこういう事が起こるから怖いですよね。

それにしても、アシスタントのおじさんたちが妙にかっこよく見えました。

桂木先生がアシスタントたちを止めたところで終わりましたが、一波乱あるのでしょうか?

次回のヒットマン【第42話】が掲載される週刊少年マガジン21・22号の発売日は4月24日になります。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む