週刊少年マガジン

ヒットマン【第40話】敷島の変化のネタバレ!怜奈にもモテモテの龍之介

hohukjhuhihjkn - ヒットマン【第40話】敷島の変化のネタバレ!怜奈にもモテモテの龍之介

2019年4月10日発売の週刊少年マガジン19号、ヒットマン【第40話】敷島の変化を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

怜奈にネットの書き込みを見せられた奈佳は、誹謗中傷にショックを受け、漫画を描きたくないと言い出します。

そんな奈佳に龍之介はサイン会を用意しました。ファンと交流することで、漫画を描く喜びを思い出した奈佳は、絶対やめるなんていわないと心に誓うのでした。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

ヒットマン【第40話】敷島の変化のネタバレ

「剣崎さん!校了作業で教えていただきたいことがあるのですが!」

そんな怜奈に、席が一番遠いのに何でわざわざ聞きに来たんだと困惑気味の龍之介。

「校了のことくらい席近い仲田さんに聞けよ。もしくは指導社員の綿貫さんか。」

「綿貫さんはお忙しいんです!こんなことでいちいち話しかけたら、ご迷惑です!」

「そうかぁ?ずっと競馬新聞読んでるけど。」

「それに仲田さんはチラチラ胸元ばかりみてくるから、気持ちが悪いんです!!」

大きな声でハッキリ言う怜奈に、聞き耳を立てていた仲田が撃沈します。

 

そしてその夜。焼き鳥屋で向かい合う怜奈と綿貫。

龍之介の愚痴を言う怜奈に、綿貫が「・・・なに、好きなの?剣崎のこと。」と聞きます。

怜奈は困惑した様子で、「私はただ島風先生の一件で剣崎さんを尊敬しているだけ」だと言います。

だからこそもっと相談に乗ってほしいのに、翼と読み切りの打ち合わせをしている龍之介に明らかに嫉妬している怜奈。

「アンタやっぱり剣崎のこと好きでしょ」

という綿貫に怜奈は、なおもしらばっくれるのでした。

 

一方翼の家で、読み切りのチェックをする龍之介。

あとは背景とトーンをデジタルで仕上げるだけだという翼に、龍之介は下描きから全部デジタルで描いた方が早いのに、なぜキャラのペン入れまではアナログ原稿でやっているのかと素朴な疑問を聞きます。

その疑問に対して、全てデジタルで描くことを何度か試してみたけど、「ダメですね・・・気持ち悪いです」と答える翼。

子供の頃から絵を描くときは、紙とペンだったため、自分にとってはそれがマンガなのだと言います。

「インクをつけたペンが原稿用紙を走る音。指先に伝わってくるガリガリとした振動・・・これでこそ絵を描いている楽しさを実感できるんです。まだまだ理想の線には程遠いですけどね。」

そんな翼の言葉に、じゃあ仕上げまでアナログでやればいいじゃんという龍之介。

それだと、全て一人でやるにはキツイらしく、デジタルだとタダのスクリーントーン代がアナログでは高く、部屋も散らかるのだとか。

さらに龍之介は週刊連載をしながら読み切り一本を仕上げる翼に、ずっとやりたかったストーリー漫画だとやる気が違うなと褒めます。

そんな龍之介の言葉に、それだけじゃなく、桂木先生と勝負できることが楽しみなんだという翼。

ショート漫画で週刊のトップに勝つことは厳しくても、30ページの読み切りなら勝てるかもしれないと考えているようです。

龍之介は2人は親子なのに一切交流がなくて、同じ雑誌に一緒に載っているのが不思議だと言います。

龍之介に背を向け、机の方を向いたまま「変ですか?」と聞く翼。

「・・・いや、変てゆーか。どっちなのかと思って・・・小鳥遊にとって桂木先生は父親なのか、それとも・・・。」

「ライバルです。それ以上でもそれ以下でもありません。」

 

次の日。

編集部で龍之介の隣に座り、ふくれっ面で龍之介を睨む怜奈。

どうして昨日の夜ラインを見てくれなかったのかと怒っています。

「昨日は小鳥遊の原稿チェックに行くって言ったじゃん。」

「おかしくないですか?そんなに時間かかります?しかも作家とはいえ、若い女性の自宅まで行って。」

そんな怜奈の言葉に、今後のこととか大事な話があるんだと、答える龍之介。

「・・・なるほど。大事な話であれば私の家にもいらっしゃるんですね?お茶くらいお出ししますけど。」

と2人がやり取りしていると、「あなた達・・・随分ヒマそうですねぇ。」と北条が声をかけてきました。

そんなにヒマなら、2人でプロ花の記事を書いてくれという北条。

プロ花とは、「漫画家(プロ)への花道」の略で、人気作家に取材してマンガについて語ってもらうマガジンの企画なのだとか。

それを聞いて「やりましょう剣崎さん!!二人で!!」と身を乗り出す怜奈。

「ちょっと待ってください!だったらせめてオレ一人でやらせてください!!」

「どうしてですか!!」

 

その頃、ベッドに寝転がり、子供の頃のことを思い出す翼。

マンガを描く桂木の後ろに座る翼に

『気が済んだら帰れ。仕事の邪魔だ。」

と冷たくいう桂木。

翼はそんな桂木のことが大嫌いでしたが、漫画を描いているときの音は好きでした。

(・・・すごくきれいな音だった。きっとあれが私の理想・・・)

 

一方龍之介は誰に取材すればいいのかと北条に聞きます。

「それはもちろん・・・キミの大好きな『タッチアップ』の桂木先生ですよ。」

ヒットマン【第40話】敷島の変化の感想

今回怜奈が完全に龍之介のことを好きになってましたね。

龍之介のモテモテ具合がすごいです。

それと個人的にマンガを描くときは、紙に描くイメージしかなかったのですが、最近はデジタル化して便利になってるんだなと驚きました。

そして次はいよいよ翼の父親が登場するようです。

今のところあまりいい印象がないので、実際どんなことを考えているのか気になりますね。

次回のヒットマン【第41話】が掲載される週刊少年マガジン20号の発売日は4月17日になります。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む