週刊少年マガジン

ヒットマン【第39話】ファンの想いのネタバレ!奈佳初めてのサイン会

grhtrjtjuykyukykuiluiyhktyg - ヒットマン【第39話】ファンの想いのネタバレ!奈佳初めてのサイン会

2019年4月3日発売の週刊少年マガジン18号、ヒットマン【第39話】ファンの想いを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

怜奈から初めてネットの書き込みを見せられ、自分の作品への誹謗中傷を見た奈佳はショックを受けて、漫画を描けなくなってしまいます。

怜奈も責任を感じて落ち込みますが、龍之介はある秘策を考えていました。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

ヒットマン【第39話】ファンの想いのネタバレ

龍之介は翼に電話し、読み切りについて御島選手も喜んでくれたし、作画に入ってくれと話しています。

翼は奈佳の作品の休載お知らせページに、「すぐに戻ってくる」と書いてあることを心配します。

それについて、俺から島風へのメッセージだという龍之介。

さらに龍之介は翼に何か頼み事をしました。

 

3週間後。

奈佳はベッドに寝ころびながらマガジンの、休載お知らせページを見つめます。

「ごめんね剣崎さん・・・気持ちは痛いほど伝わってくるんじゃけど・・・やっぱりウチはもうダメみたい。」

とつぶやく奈佳。

その時、ピンポーンとインターホンが鳴ります。

奈佳がドアを開けると、龍之介が立っていました。

龍之介は「・・・よォ。元気そうだな。」と挨拶すると、連載本当に辞めるのかと奈佳に確認します。

「うん・・・」と力なく返事をする奈佳。

「だったらちゃんと作家として責任を果たせ。お前はたくさんの人に迷惑をかけたんだから。」

真剣な表情でそう伝える龍之介に、奈佳は「・・・うん。そうよね・・・。」と答えました。

 

その頃建物の前で待つ、怜奈。

「人事は尽くした・・・あとは天命を待つのみ・・・!」

と怜奈が決意したようにつぶやくと、龍之介が奈佳を連れてやってきました。

「どういうこと?編集部に謝りに行くんじゃないん?」

と動揺する奈佳の手を、「先生!!こっちです!!」と怜奈が引っ張ります。

 

龍之介と怜奈が奈佳を連れてきたのはとある書店の中。

そこには「島風先生初サイン会」と書いてあり、たくさんのファンが集まっていました。

「・・・・え。」

驚いて立ち尽くす奈佳。

『島風先生が到着されました――!!皆さん拍手でお迎えくださ―い!!』

とマイクで怜奈がいうと、ファンが湧きます。

龍之介は奈佳に小鳥遊や天谷先生にもツイッターでサイン会のことを拡散してもらったといいます。

ネットで悪口言われて落ち込むのは勝手だがお前の作品を待ってたファンもいるんだから、プロならしっかり責任を果たせという龍之介。

戸惑う奈佳の背中を怜奈が押し、ステージに向かって歩き出します。

そして怜奈は、

「この書店・・・何十年も前からサイン会を開いているらしいのですが、店長さんに伺ったら島風先生が初めてだそうですよ?たった30分で予約券が全てなくなった作家は!」

と奈佳に伝えます。

その後も予約券を求めて数百人のファンが詰めかけ、店に入らないので断るしかなかったのだとか。

そしてサイン会が始まり、最初のファンが奈佳の元にやってきます。

「お・・・大阪から来ました田中です!!よろしくお願いします!!もうお元気そうで安心しました!!」

と興奮気味に話す田中は、先週夜行バスで東京に来て朝並んで予約券をゲットし、今日新幹線で改めて来たのだと言います。

奈佳は驚き感謝しながら、リクエストされたキャラクターを色紙に書き始めました。

「うわぁ~すげェ~そうやって描くんやァ。速ァ~めっちゃ感動するわ~。」

と感動する田中。

田中は描き上がったサイン色紙を大事そうに抱え、「やったァ・・・!頑張ってきてよかったー家宝にします!!」と奈佳に伝えます。

その後もたくさんのファンに、サインする奈佳。

その様子を真剣な様子で見つめながら、漫画を描く楽しさと与えられた使命を思い出してほしいと願う龍之介。

 

最後のファンが帰り、「お疲れさん。6時間もよく頑張ったな。」と龍之介が奈佳に声を掛けます。

その時、ふと奈佳は自分の漫画のポップが目に入ります。

「すごーい・・・こんなイラストや宣伝まで、わざわざお店の人が作ってくれたん?」

と驚く奈佳に、店長が去年まで働いてたバイトの子が作ったといいます。

島風先生の大ファンで今日も来てるから、サインをしてやっていただけませんかという店長。

「すみません・・・先日は描きかけのサインしかいただけなかったので。」

そう言って現れたのは、怜奈でした。

そして怜奈は、今日来られなかったたくさんのファンが世界中にいると言い、担当としてではなくファン代表として、これからもずっと先生の作品を読ませてくださいと頭を下げます。

怜奈から渡された漫画を受け取り、少し考える奈佳。

「剣崎さん・・・プロとして人前に出る以上、多かれ少なかれ批判されるって言ったよね。ゴメン・・・ウチやっぱりそんなの耐えられん・・・。」

と奈佳は龍之介の顔を見ずに告げます。

しかし振り返って

「その人たちもみんな面白いって言ってくれるまで頑張る!もう絶対やめるなんて言わん!!」

と力強く宣言しました。

「・・・島風。」

すると怜奈が「うわぁぁ~ん」と泣き始めました。

「お・・・おい泣くな敷島!!」

「だっで~嬉じいでず~続ぎが読める~」

「うぇぇ~んありがど~」

「島風まで!!」

ヒットマン【第39話】ファンの想いの感想

無事に奈佳が元気を取り戻してよかったですね。

憎たらしかった怜奈も、だんだん可愛く見えてきました。

次はどんな展開になるのか楽しみです!

次回のヒットマン【第40話】が掲載される週刊少年マガジン19号の発売日は4月10日になります。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む