週刊少年マガジン

ヒットマン【第38話】ネットの感想のネタバレ!奈佳が連載終了の危機!?

ghgtrjhtyjuykuilkiuloi - ヒットマン【第38話】ネットの感想のネタバレ!奈佳が連載終了の危機!?

2019年3月27日発売の週刊少年マガジン17号、ヒットマン【第38話】ネットの感想を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

新人の敷島怜奈は龍之介と共に担当する奈佳の家に挨拶に行き、ネットの批評を元にいきなりダメ出しをして奈佳を怒らせてしまいます。そんな中龍之介は、すごく面白かったと率直な感想を伝え、奈佳はご機嫌で打ち合わせをしました。

怜奈は自分の言葉で本心を伝えた方がいいと龍之介に言われ、一人で奈佳に謝りに行き、本当は大ファンだと本心を伝えます。

しかしレストランにいた龍之介の元に、突然泣きじゃくる奈佳から「もう連載はやめる」と電話が入りました。

ヒットマンの最新話を全部無料で読む方法は?

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む

ヒットマン【第38話】ネットの感想のネタバレ

奈佳から突然連載をやめるという電話を受けた龍之介は、訳が分からず慌てて説明を求めますが、電話は切れてしまいます。

「・・・どうなってんだ一体。さっきまではあんなにやる気だったのに・・・。」

と思いつつも、龍之介はとにかく奈佳に会いに行かなきゃと、打ち合わせ予定だった翼に予定変更のラインを送ります。

その時

「剣崎さん・・・・・・私どうすれば・・・。」

とガタガタ震えながら怜奈がやってきました。

どうやら怜奈は奈佳に自分がファンだということを伝え、サインをもらった勢いで、

『ネットの掲示板では賛否ありますが、私は先生の作品が大好きです!!くだらないこと言ってる人たち何て見返してやりましょう!!』

と言ってしまったのだとか。

その後奈佳から掲示板を見せてほしいと言われ、見せたところ、心無い誹謗中傷に傷ついた奈佳は漫画を辞めると言い出したのです。

龍之介によると奈佳はパソコンもスマホも持っていないため、ネットを見たことがなかったようです。

「そんな温室育ちのアイツが初めてむき出しの悪意に触れたんだ。そりゃ信じられないほどのショックを受けただろうよ。」

「そんな・・・私作家さんは普通そういうのは見ているものだと・・・そのうえで無視しているんだと思ってました・・・。」

落ち込む怜奈に、それを教えなかった俺のミスだと謝りつつ、龍之介は席を立ちます。

「え?あの・・・どこへ・・・。」

「先輩に教わったんだ。問題対処は早い方がいいって。」

「あ・・・!じゃあ私も行きます!!」

 

そして奈佳の部屋で、向かい合って座る奈佳と龍之介と怜奈。

怜奈は奈佳に謝りますが、奈佳は怜奈に怒ってるわけじゃなくただ悲しくなっただけだと言います。

「今までずっと漫画を描くのが大好きで・・・みんなが面白いって言ってくれるのがうれしくて一生懸命描いてきたけど、でも本当はあんなこと思っとる人がいっぱいおって、ウチが知らないところでこんなにも嫌われとったんじゃってわかった・・・。」

そう言って落ち込む奈佳。

怜奈は批判する人はごく一部で、多くの読者から支持されていると必死に説得します。

しかしすっかり心が折れてしまった奈佳は、

「どこの誰かもわからん人たちから一方的に、名指しでこんなこと書かれる怖さが分かる・・・?ねぇウチそんなに悪いことした?」

と涙を流し始めました。

そんな奈佳に、プロとして人前に出る以上は多かれ少なかれ批判にさらされるし、楽しんでくれる人のために頑張ればいいんじゃないのかと声をかける龍之介。

「それに小鳥遊はそういうのを見ると逆に燃えてくるって言ってたし・・・天谷先生も”好き”の反対は”無関心”だから、嫌われるのは悪いことじゃないって言ってたぞ?むしろ注目されてるんだから、喜ぶべきだって。」

そんな龍之介の言葉に、みんな強いねという奈佳。

「・・・けどウチには無理みたい・・・ごめんなさい・・・連載を辞めさせてください・・・。」

 

編集部に戻り、北条にそのことを伝える龍之介たち。

北条は、よくも次から次へと問題を起こせるものだと龍之介に対してかなり怒っている様子。

怜奈が自分の不注意だと弁解しようとしますが、龍之介の監督不行き届きだと声を荒げる北条。

今週はもう描けないため、お詫びの記事を準備して、しばらくは急病ということで様子を見ると北条は言います。

さらに奈佳の気が変わらなければ、連載終了も検討するといい、数周分の代原が必要になるため、何話か出来上がっている翼のショートを代原に当てると言う北条。

そんな北条の言葉に

「ま・・・待ってください!!あれは読み切りのために、アイツが必死で作ったストックなんです!!それを使うわけには・・・。」

と声を荒げる龍之介。

しかし北条はキミが起こした問題の責任は、キミの担当作でとってもらうと怒るのでした。

 

その頃、仲田と乙黒がエレベーターの前で、龍之介のことについて話しています。

「しかしアイツも災難だよな。せっかく初めて立ち上げた連載が上手くいってたのに。まさかサブ担当にぶち壊されるとはねー。」

「やっぱ敷島は異動っスかねぇ。」

「そりゃそうでしょ。アイツまだ仮配属だし、こんな事件おこしちゃったら。」

そんな会話を物陰から、偶然聞いてしまう怜奈。

さらに乙黒は奈佳の話も始め、新人作家がこんな辞め方したらどこも使ってくれなくなる、せっかく才能ある子だったのにこれで終わりだと言います。

 

その頃、龍之介は翼に代原をお願いする電話をかけていました。

翼は奈佳の気持ちも分かるし、ストックは保険のつもりで作っただけだから大丈夫と快く受け入れます。

龍之介は翼に感謝し、今度飯でもおごると話しました。

電話が終わると、龍之介の元に怜奈がやってきます。

「・・・ごめんなさい。私・・・大変なこと・・・。」

そう言って、こんなことになると思わなかった、大好きな先生の担当になれて頑張ろうと思っただけで、と泣きじゃくる怜奈。

龍之介はそんな怜奈をなだめ、

「心配すんなオレがなんとかするから!考えがあるんだ。お前も手伝ってくれ。」

と笑いかけるのでした。

ヒットマン【第38話】ネットの感想の感想

掲示板は匿名なので、好き勝手に書く人が多いですよね。

叩くのが目的で書き込んでいる人も多いと思います。

マンガに限らず、どのジャンルも大体誹謗中傷されるのがネットの世界だと思っていますが、叩かれる側は辛いだろうなと・・・。

すっかり心が折れてしまった奈佳を、龍之介はどうやって立ち直らせるのでしょうか?

次回のヒットマン【第39話】が掲載される週刊少年マガジン18号の発売日は4月3日になります。

ヒットマンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヒットマンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ヒットマンの最新話を読む