週刊少年マガジン

ヒットマン【第33話】取材と火種のネタバレ!キレる龍之介

grsgtehrhrte - ヒットマン【第33話】取材と火種のネタバレ!キレる龍之介

2019年2月20日発売の週刊少年マガジン12号、ヒットマン【第33話】取材と火種を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

オリンピックに向けてスポーツ選手の実録話の読み切り企画が立ち上がり、翼にストーリー漫画を描かせてあげたい龍之介はこれに応募します。

翼のことを評価していない編集長の北条は難色を示しますが、八神が北条を説得した結果、翼がストーリー漫画を描けることに。

そして有名なソフトボール選手である御島明日香の許可を得て、いよいよ取材することになりましたが、龍之介と翼の元に現れたのは御島のマネージャーでした。

ヒットマン【第33話】取材と火種のネタバレ

「御島明日香のマネージャーで音羽と申します。どうぞよろしく。」

そう言って名刺を差し出す音羽に、龍之介も挨拶して名刺を渡します。

龍之介の漫画のような名刺に「個性的な名刺だね。」と、少し引き気味の音羽。

「しかし2人とも、ずいぶん若そうだが・・・まさか新人さん?」

「あ・・・ハイ!2年目です!!」

「作家の小鳥遊です!」

そんな2人を音羽は意味ありげに見つめます。

 

挨拶が終わり、向かい合って座る龍之介たちと音羽。

龍之介は音羽の名刺に「取締役」と書いてあることに気づき、エライ人なのか?と考えます。

すると音羽が、ウチはスポーツ選手が所属する会社やチームとは別に、メディア露出を請け負うマネージメント会社だと説明を始めました。

音羽はそのマネージメント会社「音羽プロダクション」の2代目社長なのだとか。

龍之介は取締役がマネージャーなんてそんなに大きな会社じゃないのかなと思いながら、名刺を裏返してみて驚きます。

そこには有名な所属選手の名前が、びっしり書かれていました。

その中でも御島明日香は特に人気と実力のあるトップアスリートだから、彼女だけは特別に取締役の僕がマネージャーを兼任していると話す音羽。

僕らもいい作品になるようがんばりますと意気込む龍之介を、音羽は無表情で見つめます。

「それで・・・御島選手はいついらっしゃるんですか?」

翼の問いに、「は?彼女なら今海外遠征中だよ。」と答える音羽。

どうやって取材するのかという翼に、音羽は「質問には僕が答える。こんなことで彼女に手間をとらせるわけにはいかんからね。」と憮然とした態度で言います。

戸惑う翼と龍之介に、この後予定が入ってるから早く始めてくれとせかす音羽。

翼は感じの悪い音羽に少し嫌そうな表情を見せます。

龍之介は音羽に御島の恋愛について聞きますが、「彼女は中学時代からソフトボール一筋だからしてないんじゃない?」と適当に答える音羽。

恋愛漫画を描きたい龍之介と翼は、それじゃ恋愛漫画にならないと食い下がります。

そんな2人に音羽は、御島が現役でいる間は恋愛を公表しないと話します。

国民が望むのはスポーツ一筋でひた向きなアスリートだから、チャラチャラ恋愛してちゃダメ。世界中が注目する東京オリンピックに、そんな漫画のせて、ボロ負けしたらどんなバッシングを受けるか分からないという音羽。

それじゃ話が違うと食い下がろうとする翼の手を、龍之介がグッと握りました。

そして龍之介はもう一度丁寧な口調で、どうしても恋愛の要素を入れたいと音羽に頼みます。

そんな龍之介を心配そうに見つめる翼。

すると音羽は面倒くさそうに、高校時代にクラスメイトで告白されたがソフトボールが大事だから断ったというウソのストーリーを作り上げ、これなら美談だろと提案。

「さすがにそれは・・・」という龍之介にイラっとした音羽は、「あーじゃあもういいよ、やんなくて。ナシナシ!ゴチャゴチャゴチャゴチャ何様だキミは!」と怒って席を立ちます。

しかし、すぐさま立ち上がって頭を下げる龍之介。

「すみません!!ご不快な思いをさせてしまったのなら謝ります!!ですから、この企画だけはやらせてください!!」

そんな龍之介の姿を見つめながら(どうしてそこまで・・・!)と感じる翼。

すると音羽は、「不快な思いなら初めからしてるよ」と言い出します。

御島明日香は国民的大スターなんだから役員クラスの人間が、菓子折りの一つも持ってお願いに来るのが筋なのに、なぜ新人が来るのかと不満をぶちまけます。

それでも頭を下げる龍之介に、畳みかけるように文句を言い続ける音羽。

「私もう別に」と翼が割って入ろうとすると、龍之介が翼の言葉を遮り、「僕は未熟な編集者ですが、この小鳥遊先生は違います!」と言い始めます。

「マガジン期待の才能ある作家です!!きっと素晴らしい作品を描き上げてくれると思います!!」

笑顔でそういう龍之介に、顔が赤くなる翼。

しかし音羽は「何が才能だよ。スラスラっと絵ェ描くだけだろ?いいよねぇ、遊びみたいな楽な仕事でお金もらえて。」と翼をバカにしました。

それには我慢できなかった龍之介。

音羽のネクタイをつかんで、睨みます。

「今・・・何て仰いました?」

「き・・・貴様。何を・・・。」

「遊びみたいな楽な仕事?・・・ふざけんな。漫画家だって命削って描いてんだよ・・・!」

 

龍之介たちが帰った後、「出かけてくる。応接室の掃除を頼む。」と掃除のスタッフに告げる音羽。

応接室にはビリビリに破かれた龍之介の名刺が残されていました。

 

一方家路につく龍之介と翼。

龍之介は翼に謝りながら、せっかく小鳥遊のチャンスだったのに俺のせいでと肩を落としています。

あの調子じゃどうせ恋愛なんて描けそうもなかったし、これで良かったと励ます翼。

それでもあんな態度社会人失格だと落ち込む龍之介に翼は、「編集者としてはすごくかっこよかったです」と龍之介にもたれて腕を引き寄せました。

 

翌日。

講談社の週刊誌やスポーツ誌、ファッション誌の編集長たちがマガジン編集部に詰めかけてきており、何やらイラ立っている様子。

そこに龍之介が取材から帰ってくると、編集長たちが一斉に立ち上がって、「てめぇ、なんてことしてくれたんだ!!自分のやったことわかってんのか!?」と龍之介に詰め寄りました。

「え・・・オレが何か・・・。」

「お前のせいで音羽プロダクションが、全ての選手をウチの雑誌から引き上げるって言ってんだよ!!」

ヒットマン【第33話】取材と火種の感想

音羽の言い分も分からなくはないですが、態度が悪すぎますね。

社会人としては間違っているのでしょうが、正直龍之介の行動で少しスッキリした部分もあります。

しかしそのせいでかなり大事になってしまいました。

今後どのような展開になるのか、とても気になりますね!

次回のヒットマン【第34話】が掲載される週刊少年マガジン13号の発売日は2月20日になります。