週刊少年マガジン

ヒットマン【第23話】覚悟と決断 ネタバレ!ついに翼が決意

hitman2 - ヒットマン【第23話】覚悟と決断 ネタバレ!ついに翼が決意

2018年11月28日発売の週刊少年マガジン52号、ヒットマン【第23話】覚悟と決断を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ヒットマン【第23話】覚悟と決断のネタバレ

初連載の作品をショートマンガにするといわれ、ストーリー漫画を描きたい翼は悩みます。そんな時翼は神社でたまたまヒット祈願にきた新人漫画家の奈佳と龍之介を見てしまい、複雑な気分に。

机と向き合い、引き続き悩む翼。

一方会社では、漫画家の天谷が担当の夏目と龍之介と共に打ち合わせをしていました。

帰り際、翼が家に相談に来たことを話す天谷。

驚く龍之介に天谷は翼が案外やる気なんじゃないかしらといいます。

その理由として「くだらないことをいう余裕もあったし」と、翼に夏目のことが好きなのかと聞かれたことを思い出します。

視線を感じた夏目が「僕の話ですか?」と聞くと、「ち・・違うわよ!!世間話しただけ!!」と焦る天谷。

龍之介は翼ともう一度交渉しようと意気込みますが、夏目が「無理強いはいけませんよ?どんな連載であれ、作家が自分の意志でやると決めない限り、やらせるべきではありません」と忠告します。

すると天谷も、編集にやれって言われて始めると他人の作品を描かされているような気分になり、それで人気が悪かったら文句の一つも言いたくなると言います。

要するに覚悟があるかどうか。それがなければ作家も編集も不幸になるだけだと夏目が続けました。

場面は変わり、バーでマスターにそのことをぼやく龍之介。

ラブコメを描きたかった作家にヤンキー漫画を描けと言えば拒まれるかもしれないが、ショートとはいえ同じラブコメなのに、翼は何がそんなに嫌なのか分らないといいます。

マスターは「・・・んー」と少し考えると、「ストレートでどうぞ。チョコレートとよく合いますよ。」と、あるお酒を出してきました。

戸惑いながら龍之介がそのお酒を飲むと「なんスかこれ、メチャクチャうめぇ!!」と興奮。

「こんないい酒あるなら言ってくださいよォ~!!そりゃマッカランもうまいけどさァ!!」という龍之介にマスターは、これもマッカランでグレンリヴェットというスコッチだといいます。

味が全然違うのに同じマッカランだったことに驚く龍之介。

「同じ国で作られた同じ名前のお酒・・・それなのにこんなにも味が違うんです。マンガのことはよくわかりませんが、たとえ同じジャンルであったとしても、そこにこだわっていらっしゃる作家さんにとっては、このお酒のようにハッキリとした違いや好みがあるのかもしれませんね。」

マスターにそういわれて「確かにそうかもしれない」と考える龍之介。

その時龍之介の携帯が鳴ります。それは翼からのLINEでした。

”やっと結論を出すことができました。こんな時間に申し訳ありませんがいつものファミレスで会えませんか?”

それを見て龍之介は慌ててバーを飛び出します。

ファミレスに到着し、翼と向かい合う龍之介。翼が必死で考えたことだから、どちらを選んでも受け入れようと覚悟していました。

「・・・それで、おまえはどうしたいんだ?」

重い空気の中、先に口を開いた龍之介。

すると翼は、剣崎さんに出会わなければ、漫画家を目指そうなんて思いもしなかったし、メチャクチャな作品を面白いって言ってくださったときはうれしかったと話し、思い出話を始めます。

何度もケンカをしながら打ち合わせをしたこと、トップ入選で雑誌に掲載されたこと、連載が決まって夢が叶い、一緒に取材旅行に行ったこと・・・。

そして翼はショートのラブコメはやりたいジャンルではないし、描き続けられるか不安だとうつむきました。

(あぁ・・・そっか・・・やっぱり小鳥遊は・・・)

その話を聞いて何かを察する龍之介。

「それでも、やってみることにしました!」

そんな思いがけない翼の言葉に龍之介は「・・・は?」と驚きます。

「え・・・なんでなんで!?不安じゃないのか!?」

「だけどその中で何か私の”武器”が見つかるかもしれないし・・・」

「それにわかったんです。作家にとって担当編集は一人だけですけど・・編集者にとって作家は数ある中の一人だって。」

「つまり作家というのはすごくモテる恋人と付き合っているようなモノなんですよ!あなたはあっちこっちにいい顔するチャラい男みたいな存在です!!」

と語気を強め、机をバンッと叩き、立ち上がる翼。

「でも・・・剣崎さんと一番初めに出会ったのはこの私です・・・それなのに途中から割り込んできて・・・なんなのあのドロボウ猫」

いら立つ翼に、訳が分からず冷や汗をかく龍之介。

「だったら私も覚悟を決めました。それならそれで構いません。私が剣崎さんにとっての・・・一番になってみせます!!」

その勢いに「・・・え、あぁ・・・作家として・・・ね。」と苦笑いの龍之介。

すると翼はそのまま上着を持って、ファミレスの出口に向かって歩いていきます。

それを止めようとする龍之介に翼は振り返り「もちろん、どっちもです!!」と宣言。剣崎さんも覚悟を決めてくださいと店を出ていきました。

「・・・覚悟ってなんのだよ・・・」と戸惑う龍之介。

「絶対に負けるもんですか。マンガも・・・それに」

ヒットマン【第23話】覚悟と決断の感想

翼がやる気になったのはよかったですが、奈佳に対してライバル意識が強いですね。

恋愛も連載もどうなるのか、今後の展開が楽しみです!

次回のヒットマン【第24話】が掲載される週刊少年マガジンの発売日は12月5日になります。