週刊少年マガジン

ヒットマン【第22話】ヒット祈願最新話ネタバレと感想!

hitman - ヒットマン【第22話】ヒット祈願最新話ネタバレと感想!

2018年11月21日発売の週刊少年マガジン51号、ヒットマン【第22話】ヒット祈願を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

これからネタバレ含む内容を紹介します。よければ漫画を読む方法もご覧ください。

ヒットマン【第22話】ヒット祈願のネタバレ

編集長の北条は翼の連載をショート漫画にすると言い出します。ストーリー漫画が描きたい翼はこれに反発し、苦悩。一方休暇を終え、広島から上京してきた奈佳。突然高校を辞めて龍之介のマンションの隣に引っ越してきました。

奈佳の引越しの手伝いをさせられ、くたびれた様子の龍之介。

こんな狭い部屋にアシスタントの机入れるのかと心配する龍之介に、奈佳は描くのは早いからアシスタントは使わないと言い出します。

驚く龍之介に、学校もやめて時間できたからガンガン描き溜めると意気込む奈佳。

龍之介の一言で卒業間近に高校を辞めて、家族の反対を押し切って上京し、龍之介のことを信用しきっている奈佳に龍之介は複雑な気持ちになります。

そして部屋で打ち合わせしようとする奈佳に、さすがにそれは問題があるから喫茶店にいこうという龍之介。しかし奈佳はおかまいなしに床に置いたカバンからネームをゴソゴソ探し始めました。

その瞬間、奈佳のミニスカートの中が見えてしまい、動揺する龍之介。

奈佳もそれに気づき、気まずい空気になりますが「ま・・いっか。剣崎さんなら。」と、なぜか受け入れネームの話に戻ります。

一方翼は先輩漫画家の天谷の元を訪ね、やりたくない連載をやるべきかどうかを相談していました。

初連載でそんなことを言われたらどうするかと翼が尋ねると、天谷は自分の初連載の漫画を取り出します。

初連載ではスポーツマンガを頼まれ、ルールも分からないまま嫌々描いて、3か月で打ち切りになったという天谷。

しかし試合を描くと順位は最下位なのにエッチなシーンを描くとまぁまぁいい順位にいき、スポーツを描いているうちに苦手だった”動き”も書けるようになっていたといいます。

「つまり私はやりたくなかった連載のおかげで、自分の武器に気が付くことができたし、それを生かすための技術も手に入れることができたの。因果な話よね。」

「じゃあ・・やってよかったってことですか?」

「私はね」

ただしそれがすべての新人作家に当てはまるとは限らないし、どうせならやりたいもので連載する方が幸せだと思うと天谷は話しました。

話が終わり玄関で、もう少し一人で考えてみると言う翼。そして思い出したように、天谷にもう一つ伺いたいことがあるといいます。

「天谷先生ってもしかして・・・夏目さんのこと好きだったりします?」

唐突な質問に「何馬鹿な事言ってんの。私と彼はただの作家と担当よ。」と返す天谷。変なこと聞いちゃってすみませんと謝りつつ、翼が家を出ていきます。

しかしドアが閉まった瞬間天谷は座り込み、(えーっ!!なんでわかったの!?そんなに態度に出てたのかしら私!!やだもー!!恥ずかしー!!)と顔を赤くしました。

外に出た翼は龍之介に電話を掛けます。しかし、スマホを自宅に置きっぱなしで、出かけている龍之介は電話に出ません。

「・・・もう。寝てんのかしら、剣崎さん」

一方龍之介は奈佳の部屋でネームを直していました。ネームが完成し、作画に入ってくれと言いつつ部屋を出ようとする龍之介。

そんな龍之介の腕を奈佳がガッチリつかみ、せっかく正月なんだからヒット祈願に行こうといいます。

場面は変わり、人でごった返す神社。その中に翼の姿がありました。しかし「・・・やめた」と神社を引き返そうとする翼。

(何を願えばいいのかも決まってないのに、お参りしてもね・・・)

そんな翼の前に龍之介が現れます。翼が声をかけようとしたとき、龍之介と腕を組む女の子の姿が目に入りました。

「神頼みなんてしなくても島風先生なら大丈夫だよ」

「でも!!念には念を入れときたいじゃん!!」

「心配しなくてもめちゃくちゃ面白かったよ!!きっとぶっちぎりで1位だな!!」

「ホンマ!?わあぁい!!」

そんな2人の楽しそうな会話を後ろから眺める翼。

(あぁ新しく担当するって言ってた。私の連載を奪った子・・・)

「俺も協力するからさ!!一緒に頑張っていこうぜ!!」

「うん!!」

(そうやって・・・誰にでも同じこと言うんだ・・・)

(・・・そうよね。編集者にとって作家は・・・たった一人の大切な存在なんかじゃないんですよね・・・)

そして一人静かにその場を去っていく翼。

龍之介はふと後ろを振り返りますが、そこに翼の姿はありません。

「なァ変なこと聞いてもいいか島風・・・」

「ん?」

「もしお前が初連載の時に、自分のやりたくないジャンルをやれって言われたらどうする?」

「・・・は?そんなの決まっとるじゃん!!絶対に・・・やるわけないよ!!」

ヒットマン【第22話】ヒット祈願の感想

前回に引き続き、まだ決めきれない翼と順調に連載準備に取り掛かる奈佳の話でした。

いずれは恋愛もありそうとは思いましたが、翼にとって少し切ない展開になりましたね。今後の展開がとても気になります。

次回のヒットマン【第23話】が掲載される週刊少年マガジン52号の発売日は11月28日になります。

まとめ

以上、ヒットマン【第22話】ヒット祈願のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらに面白みがあります。漫画を読めるサービスをまとめていますので、ぜひご覧になってみてください!