週刊少年ジャンプ

ハイキュー!!【第341話】蔓のネタバレ!最強のブロックが烏野に立ちはだかる!!

2019y03m12d 162323117 1280x720 - ハイキュー!!【第341話】蔓のネタバレ!最強のブロックが烏野に立ちはだかる!!

2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ15号、ハイキュー!!【第341話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

試合開始直後の日向・影山による速攻で先制攻撃を仕掛けた烏野でしたが、初見から既に3枚ブロックが日向に付いてくる鴎台は、やはり一筋縄ではいきません。

サーブ権が烏野に移ると、今度は星海がお返しとばかりに決めてきます。

大会最小スパイカーたちによる応酬に会場も盛り上がりました。

影山は、いつものように日向を囮にしつつ、ゲームを組み立てていこうとしますが、鴎台の昼神は陽向につられることなくブロックポイントを決めてきました。

”不動の昼神”と異名を持つ彼のブロックは、烏野にとって脅威になります。

ハイキュー!!【第341話】蔓のネタバレ

攻撃を仕掛ける烏野に、鴎台のブロックが早速壁となってそれを阻みます。

ブロックは『防御であると同時に攻撃でもある』。

そのブロックが強い鴎台はやはり烏野にとって強敵に違いないのです。

ベンチスタートの菅は、月島、山口、と昼神のブロックポイントを見て、

「…さすが”不動の昼神”…!」

と、どうやらそのフレーズが気に入ったようです。

「でもツッキーも負けてねえ!!」

山口はそう言いますが、どのチームにも凄いブロッカーは居ると月島は冷静に言いました。

TV観戦していた伊達工でも、二口が同じように、個人はしょせん個人だと言いました。

それは、どんなに優秀なブロッカーが1人居ても、訓練された”組織”には敵わないというものでした。

試合は、星海の2回目のサーブに進みます。

大地は、鴎台のブロックがハイレベルであっても、地道に戦っていくしかないとして、大前提であるサーブで崩されないことを強く思いながら、ここも綺麗にレシーブしてみせました。

そして、日向は”紛れる”ことに集中すると、周りも一斉に動き出します。

烏野のシンクロ攻撃です!!

日向はもちろんトスは自分に上がると信じて飛ぶのですが、影山はライトの田中にトスを上げました。

鴎台のブロックが伸びてくるものの、強烈なスパイクをきっちり決めて、得点を2-2の振り出しに戻しました。

応援席では田中の姉・冴子も、イメージ通りだと弟の活躍に満足気です。

「…遺伝子ってすげえな」

コート上の田中と冴子を交互に見た宇内はそう呟きました。

リベロとセッター以外全員で仕掛ける烏野のシンクロ攻撃に宇内は感心するばかりです。

TVでも、烏野の攻撃を解説すると、ユース代表候補として影山がアップで紹介されました。

町の電気屋の前でTVを見ていた日向のクラスメイトたちも食い入るように見ています。

そして、再びサーブ権は烏野へ。

田中のジャンプサーブは惜しくもネットに阻まれてしまい、ここで鴎台は1年生MBの別所がコートに入りました。

昼神のサーブは田中がレシーブしましたが、やや乱れます。

けれど、昼神は冷静にこの程度の乱れでは、影山が相手の場合乱したと言えないと注意深く構えます。

別所は頭の中で日向を警戒していました。

「コート入ったばっかの俺をあの早い速攻でびっくりさせる気なんだろ」

「知ってんだかんな」

そう思っている矢先、日向はネットに向かって飛び出します!

「ほらきたあ!!」

けれど、別所は飛びついたら相手の思うツボだと自分に言い聞かせ、焦ることはありません。

影山のトスは陽向に上がります。

そして、白鳥、野沢、別所の3枚ブロックがまたしても日向の前に束になって塞ぎにかかりました。

束になってこそ最強!

”束(パンチ)”・リードブロック───

しかし、今回も壁をすり抜けて得点を決めました!

悔しがる白鳥に、別所はまだ序盤ですしというと、お前はいつも冷静だなと褒められますが、日向とのマッチアップが少なくて良かったと内心では思っていました。

黒尾は、最初の1発目から初見殺しの日向と影山の変態速攻に、ブロック3枚ついてきたことを、

「鴎台にとってトクベツな事じゃない」

と言いました。

そして、月島も鴎台のブロックは全員が伊達工の青根だと思った方がいいと菅と山口に言い残してコートに入って行きました。

菅は、旭がビビらないようにその例えは黙っておこうと誓いました。

ハイキュー!!【第341話】蔓の感想

試合はまだ第一セットの序盤です。

ゲームはまだまだどちらも譲らない展開ですが、ブロックポイントを個人ではなく全員で取りにいける鴎台の強さも、まだまだこれから出てきそうですね。

影山の言う”日向ビックリタイム”がいつまで通用するのか、通用しなくなってしまったら烏野はどう戦っていくのか…

これからの展開も楽しみです!

次回のハイキュー!!【第342話】が掲載される週刊少年ジャンプ16号の発売日は3月18日になります。