別冊マーガレット

テリトリーMの住人【episode26】のネタバレ!

tm ep26 - テリトリーMの住人【episode26】のネタバレ!

2019年2月13日発売、別冊マーガレット3月号のテリトリーMの住人【episode26】を読んだので、前回のあらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】
国枝と天体観測に出かけた郁磨に抗議するため外に出た瑛茉は怜久と出会います。

メールでこまちゃんに「余計なことをするな」と言われた瑛茉の代わりに、怜久は郁磨の気持ちを確認します。

以前、瑛茉を傷つけた自分は、また仲間内で付き合うことは出来ない、と郁磨は話しました。

元気のなかったこまちゃんは、怜久に励まされ、もう一度郁磨に告白することを決意します。

郁磨を呼び出したこまちゃんは、郁磨の話を聞きますが、自分の事が好きなのか、嫌いなのかと尋ねます。

嫌いだったことなんて一度もない、と長い間想い続けた気持ちを話す郁磨に、こまちゃんは

「あたしで終わりにしなよ郁磨」といってキスをしました。

そして郁磨も抱きしめ返したのでした。

テリトリーMの住人【episode26】のネタバレ!

「あたし達(俺達)つきあうことになりました」

屋上でのランチタイム。

郁磨とこまちゃんが報告をします。

驚いたみんなですが、二人を祝うために久しぶりに集まって、瑛茉の家でたこ焼きパーティーをすることになりました。

仲の良い二人の様子を見てほっとする瑛茉。

みんなの言葉と視線から、宏紀は瑛茉と怜久が二人の為に動いたことに気が付きます。

朝はタイミングが合えば一緒に登校するマンションの住人達ですが今日は何故か二人きり。

郁磨とこまちゃんは皆に気を遣われたのかと思います。

二人で登校中、手が触れて思わずひっこめたこまちゃんですが、手をつなぐべきかと悩みます。

郁麿から手を握られ両想いになったことを実感したこまちゃんは幸せそうな笑顔を浮かべました。

そんな二人の様子を少し離れたところで瑛茉と宏紀が見ています。

宏紀は元カレと親友が両想いになったのを見て嬉しそうに見える瑛茉を心配します。

話くらいは聞くことが出来ると言う宏紀に「・・・じゃあ聞いてくれる?」とうつむく瑛茉。

耳を寄せた宏紀に「ホットケーキ生地にタコは無いと思った」とささやきました。

ふざけて返されたことを残念に思いながらも、宏紀は(本当に覚えておいてね)と願います。

学校で宏紀が友人たちに二人が付き合ったことを話すと、彼らは「意外」と答えます。

友人たちは宏紀の後ろにやってきた瑛茉に気が付くと、そっと席を外しました。

宏紀は二人の事を静観しているつもりでした。

彼らの為に何もできなかったことに落ち込む宏紀を後ろに立っていた瑛茉が励ましました。

その気持ちを嬉しく感じる宏紀。

帰りに瑛茉がお見舞いに行くことを知っていた宏紀は、おばあちゃんへおみやげのクッキーを渡します。

総合病院に向かった瑛茉は母親と医者が話しているのを見つけます。

医師は母親を食事に誘っている所でした。

笑って断った母親が瑛茉に気が付きます。

医師に紹介されても相変わらず愛想のない瑛茉。

「クッキー。おばあちゃんすごい喜んでたよ」

学校で瑛茉は宏紀に礼を言います。

二人で話していると、「なにそれ、聞いてね——」と後ろから、怜久が割り込んできました。

帰り道もずっとおかしいと言い続けます。

親戚の家に他人を連れて行くのがおかしいと言う怜久に、瑛茉は深い意味はないと考えていました。

店から出た瑛茉は母親が昨日の医師と一緒にお店に入る所を目撃しました。

立ち止まった瑛茉に気が付くと、怜久も同じ光景を目にします。

母親と医師が再婚するのではないかと心配する瑛茉。

自然と足は宏紀が部活をしている体育館に向かいますが、マネージャーに入るのか聞かれると、入らずに帰ります。

バスに乗っていると、暗い顔の瑛茉の横に怜久が座りました。

「暗ぇ」「鬱陶しい」と散々瑛茉をからかった後、たずねます。

「昨日見たやつが関係してんの?」

「今それ考えたくない」

何も考えなくてよい場所に行くと、瑛茉をひっぱって怜久が連れてきたのは海でした。

海まで電車に乗って30分かかります。

怜久はよく来るのかと尋ねると「はぁ?誰が30分もかけて海なんか来るかよ」と言い返されます。

海の中に入っていく怜久を冷めた顔で見ていた瑛茉ですが、水を掛けられて思わずやり返します。

熱くなった二人は水をかけあいます。

これ以上は電車に乗れなくなると、遊ぶのをやめた二人。

うつむく瑛茉を見て、思わず見惚れた怜久は彼女の髪をかきあげます。

自然に二人で見つめ合った後、瑛茉を抱きしめた怜久は言いました。

「おまえ俺の彼女になれよ」

テリトリーMの住人【episode26】の感想

こまちゃんと郁磨の気持ちがしっかりと繋がっている様子が分かって、一緒に「良かったね!」という気持ちになりました。

一方、恋も家庭内も急展開なのが主人公の瑛茉。

もし母親が再婚をしたら、引っ越しなんてことも考えられます。

そうなったらみんなと離れ離れですね。

主人公に恋する二人の男子のうち宏紀の方が一歩リードしているように感じていましたが、怜久が告白してくるとは驚きました!

まだOKするほど惹かれているとは思えませんが、瑛茉はどんな返事をするのかとっても気になりますね!

今回、怜久も宏紀もよく瑛茉の事を見ていて、彼女の事を心配していました。

こんな素敵な男の子たち、実際はいないだろうなーと思いながらもドキドキしながら読んでしまいます。