週刊少年ジャンプ

チェンソーマン【第54話】江の島にいくにはのネタバレ!世界中からデンジを狙う刺客が登場!

2020年1月20日発売、週刊少年ジャンプ8号のチェンソーマン【第54話】江の島にいくにはのネタバレや感想をまとめました。

チェンソーマン最新話を無料で読む方法は?

チェンソーマン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、チェンソーマン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
チェンソーマン最新話を読む

【前回のあらすじ】

レゼとの戦いで街を暴れまわったデンジ。そのせいでテレビに取り上げられてしまい、世界中の刺客に狙われることになってしまいました。

チェンソーマン【第54話】江の島にいくにはのネタバレ

雪山でキツネ狩りを行う男女。

男は弓でキツネを仕留めた後、女を師匠と呼びながら、キツネ狩りに何の意味が?と尋ねます。

女は男をトーリカと呼びながら、命を殺した感覚はありますか?と聞き返します。

トーリカは、弦の振動しか感じませんねと答えました。

今度は他の動物を狩り、再び命を殺した感覚はありました?と聞く女。

トーリカは毛皮は家の仕事で剥いでいたから、特に何も・・・と言います。

 

その後、2人は家でシチューを作りました。

女は再度しつこくキツネを殺した感覚を聞こうとしますが、食い気味に「ありません」と答えるトーリカ。

すると女は今回の仕事はデビルハンターの仕事ではないと言いながら、1枚の写真を取り出します。

この16歳の少年を殺すのが仕事だと女が見せる写真には、デンジが映っていました。

まあ俺はできますよと無表情で答えるトーリカ。

しかし女がこれから私たちはこのキツネにしたことを、16歳の少年にしますというと、トーリカは少し驚いたような表情を見せました。

少年を殺して心臓をもぎ取り、それを仕事にし、生きるのです。

そんな女の言葉に、俺は殺せますと答えるトーリカ。

お上の方々が約束してくれた。

次の仕事が終われば師匠はデビルハンターをやめられる・・・。

師匠はあと半年しか生きられないんです。

余生は平穏に過ごしてほしいんです、俺は。

そんなトーリカの言葉に女は「トーリカ・・・」とつぶやきました。

 

一方中国では、クァンシと呼ばれる女が魔人の女4人と裸で抱き合っていました。

そこへ軍人が現れ、クァンシに仕事だと言います。

日本に行ってこのノコギリ男を捕まえてこいと言いながら、写真を見せる軍人にご褒美は?と聞くクァンシ。

今回は今までで一番危険な仕事のため、要求はできるだけ聞くと元帥様が言ってくださっていると軍人は言います。

するとクァンシは、女たちに望みを言ってみなさいと聞きました。

ある女は喜びながらドーナツ100個と要求し、ある女は血を要求し、ある女はハロウィンを要求し、ある女は何もしゃべりません。

「私の女たちに人権と義務教育を」と求めるクァンシに、成功したら検討すると軍人は言いました。

 

一方日本にいるマキマは、クァンシが刺客としてやってくることを岸辺に報告していました。

恐らく仲間の魔人たちと一緒に来るため、どうやって向かい討ちましょうかと相談するマキマ。

すると岸辺はアイツには近づきたくないと言います。

全人類が集まって素手で殴り合う競技があったなら、一位がクァンシだという岸辺。

とにかくやりにくい女だという岸辺に、こっちに来るビックネームは彼女だけじゃないではなく、ドイツのサンタクロースも警戒すべきだとマキマは言います。

寿命で死んだという噂もあるようですが、もしアイツに悪魔を使われたら終わりだから、天に召されてるのを祈ると岸辺は話すのでした。

 

一方ドイツでは、ベンチで新聞を読む老人の隣に男が座りました。

少し早いがクリスマスだという男に、プレゼントは誰に?と聞く老人。

日本で話題のデンノコ悪魔に・・・見つけられるか?という男に老人は報酬は?と聞き返します。

何が欲しいのかと言われた老人は、性別は問わないから美男美女を4人ほど養子にしたいと答えました。

さらに目的は何かと聞かれた老人は、3人は契約に使い一人は趣味だと言います。

すると男は「・・・用意する」と、一言告げて去っていきました。

 

その頃、デンジは薄暗い部屋に横になりながら、テレビをボーっと見つめていました。

そんな中デンジは、何で自分の心臓をみんなが欲しがるのかと考えます。

そもそもポチタは何者なんだ?

そんなことを考えながらも「なんでマキマさんと旅行いけねえんだ・・・」とぼやくデンジ。

気づけば早川がデンジのそばに立っており、横たわるデンジの背中に座ります。

俺は椅子じゃねぇぞというデンジに、一生ずっと殺し屋に命狙われるわけじゃねぇという早川。

今回来るのを全員さばけば、相手も様子見をしてくる。

そうすれば旅行に行ける。

マキマさんは旅行を中止とは言ってない、延期なんだ。

そんな早川の言葉にデンジは、な~んだじゃあ簡単じゃねえかと言います。

「全員ぶっ殺しゃあ江の島行けるっつーことか!」というデンジの顔に生気が戻りました。

チェンソーマン【第54話】江の島にいくにはの感想

各地から続々と強敵が現れるようですが、デンジは江の島にいくためにやる気のようですね。

これからどんな展開になるのか、とても楽しみです!

次回のチェンソーマン【第55話】が掲載される週刊少年ジャンプ9号は1月27日に発売されます。

チェンソーマン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、チェンソーマン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
チェンソーマン最新話を読む