チェンソーマン

チェンソーマン【第25話・ゴースト・ヘビ・チェンソー】のネタバレ!強敵を前にデンジ達はどうなるのか⁉

IMG 0091 e1560188129487 1280x720 - チェンソーマン【第25話・ゴースト・ヘビ・チェンソー】のネタバレ!強敵を前にデンジ達はどうなるのか⁉

週刊少年ジャンプ28号(6月10日発売)、【チェンソーマン・第25話】のネタバレをまとめました。

※表記について

セリフと心情:セリフは「」、心情は『』となっています。

【 】:呼称をつけるキャラクターやモノを表します。

前回までのあらすじ

デンジ・アキ・パワー・姫野が定食屋で食事をしていると、近くに座っていた男性客が突然ひとり言のように語りかけてきました。

そして、男は「銃の悪魔がデンジの心臓を欲しがっている」と言いながら、懐から銃を取り出し、デンジ、アキ、姫野を銃で打ちました。

その隙にパワーは男に接近して一撃を喰らわせます。

そして隙ができた男をアキがキツネの悪魔に喰わせてトドメを刺します。

戦闘は終わったかと思いきや、キツネの悪魔が言います。

「私の口にとんでもないモノを入れてきたねぇ…人でも悪魔でもなっ…」と。

するとキツネの悪魔のは口の中から切り裂かれます。

そして出てきたのはデンジの変身後のように顔が無く、頭部と両手にチェンソーではなく剣のついた【何者か】(以降、刀男と呼称)でした。

刀男に対しアキは巨大な【釘のような形状の剣】(以降、釘剣と呼称)で応戦しました。

アキが使用した釘剣は呪いの悪魔の力を引き出すものでした。

アキは呪いの悪魔の力を使い、刀男を倒します。

アキは男が銃の悪魔の話をしていたこと、男が銃を所持していたことが頭をよぎりつつ、姫野の状態を確認し、早急な治療の必要性をパワーに言及します。

すると突然、アキとパワーが全く気が付かない間に【10代後半から20代前半の女性】(以降、謎の女と呼称)がアキの背後に現れました。

そして謎の女は倒れている刀男に近づき、わきにしゃがみ込み、再び立ち上がると刀男も復活します。

謎の女は刀男に対して…

「じゃさっさと殺して」

と言いました。

その光景にアキが驚いていると、気が付いた時には刀男がアキの背後まで移動していました。

次の瞬間…アキは胸元を切られ紅血が飛び散りました。

チェンソーマン最新話を無料で読む方法は?

チェンソーマン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、チェンソーマン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
チェンソーマン最新話を読む

【第25話・ゴースト・ヘビ・チェンソー】のネタバレ

アキが刀男に切られ、膝から崩れると謎の女が言います。

謎の女「まだ生きているぞ、デビルハンターのスーツは頑丈だからな

トドメをさして」

その様子を見ていた姫野が、付き添っていたパワーに言います。

姫野「私はいいから……アキ君を助けて…」

パワー「無理じゃ…‥!アイツの動き…見えんかったもん…!」

すると姫野は自分が契約している悪魔【ゴースト】に言いました。

姫野「私の全部をあげるから……ゴーストの全部使わせて……」

それを聞くとゴーストの口が笑ったようになり…

次の瞬間、巨大で胴体から下方に腕が多数生えている【ゴーストの全部】(以降、多腕悪魔と呼称)と考えられる悪魔がアキを守るように現れました。

多腕悪魔は刀男に襲い掛かり、圧倒します。

その光景を見ながら姫野は思いました。

姫野『アキ君は泣く事ができる

デビルハンターは身近な死に慣れすぎて涙が出なくなる、でもアキ君はすぐ泣く

面倒見てた新人が死んだ時なんかは、隠れて泣いてたから面白かった

……あれだけ泣いて貰えたら嬉しいだろうな』

そう思いながら姫野は右腕を差し出す仕草をすると、右腕がフッと消えました。

それが代償となり多腕悪魔の攻撃が激化し、刀男をさらに圧倒しました。

刀男「ヴォ…オイ…!助けろ‼」

と謎の女性に助けを求めます。

しかし、謎の女はすぐに助けません。

その間に姫野が左腕も差し出す仕草をすると、左腕も消えました。

そして姫野は言います。

姫野「………っ、アキ君は死なないでね…

私が…死んだ時さ…泣いてほしいから…」

その時、謎の女が動きました。

謎の女「ヘビ、丸飲み」

そう謎の女が言うと…巨大なヘビのようでヘビではない何かが多腕悪魔を喰いちぎり、刀男を助けました。

謎の女「帰れ」

すると多腕悪魔を喰らったヘビのような何かは消えます。

そしてアキが姫野を見ると…

既に跡形もなく、着ていた衣服だけを残して消えてしまっていました。

その時、刀男はパワーが逃げ出したことに気が付きます。

刀男「魔人が逃げたぞ……」

謎の女「目的はチェンソーの心臓だ」

刀男らが話している隙に、多腕悪魔の1本だけ残っていた腕がデンジの胸の紐を引っ張りました。

すると"ヴヴ ”っとエンジンのかかるような音と共にデンジが変身し、起き上がります。

そして…

デンジ「……な~んかわかんねぇけど

テメえらが悪いヤツだって事だけはなんとなくわかったぜ

悪いヤツぁは好きだぜ~?

ぶっ殺しても誰も文句言わねえからなあ~」

刀男「もう一回殺してやるよ」

そう言うと2人は同時に動き出し、戦闘が開始しました。

【第25話・ゴースト・ヘビ・チェンソー】の感想

新章に突入してからずっとそうですけど…

展開が目まぐるしくて私はずっとハラハラしてます(;^_^A

25話では、はじめ【ゴーストの全部】が刀男を圧倒してたから、

「姫野さん実はすげぇ!」とか「勝てるカモっ!!」

とか思ってたのに…

一瞬で喰われちゃいましたね(;^ω^)

むしろ「謎の女すげえっΣ(・□・;)」ってなりました。

さて、デンジが復活しましたけど、これからどのような展開が待っているんでしょうね(*’▽’)/

また来週お会いしましょう!

チェンソーマン、第26話は29号(6月17日発売)に掲載予定です。

チェンソーマン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、チェンソーマン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
チェンソーマン最新話を読む