チェンソーマン

チェンソーマン【第23話・銃声】のネタバレ 衝撃の新章突入!

IMG 0069 - チェンソーマン【第23話・銃声】のネタバレ 衝撃の新章突入!

週刊少年ジャンプ26号(5月27日発売)、【チェンソーマン・第23話】のネタバレをまとめました。

前回までのあらすじ

公安対魔特異4課の飲み会で、デンジは自制心のない姫野にマキマの前でファーストキスを奪われました。

そのキスの最中に姫野は嘔吐し、デンジは口でゲロを受けてしまいました。

またデンジには≪口に入れた栄養になるモノを飲み込むクセ≫があり、最悪の事態が起きたのです。

デンジ「ファーストキスはゲロの味だぜ」

その後、デンジはマキマと店の外で話をします。

そこでデンジは…

≪ファーストキスが奪われたこと≫、≪以後、キスをするたびにゲロの味を思い出すのかもしれないという不安≫を打ち明けます。

するとマキマはデンジに口を開けさせて、そこに自分のくわえていたチュッパチャップスを入れました。

マキマ「多分一生ゲロの味は忘れられないよ

でも大丈夫

デンジ君はこれから死ぬまでいろんな初めての味を体験する。

ゲロの味を思い出してる暇なんてないよ。

とりあえずファースト間接キスは……

チュッパチップスのコーラ味だね。」

飲み会が終わり、解散早々にデンジは姫野のマンションに連れ込まれ、性行為をしないかと誘われました。

誘いに流されそうになったデンジは、マキマとの間接キスのやり取りを思い出すことで、姫野の誘いに流されることを思い止まることができました。

翌朝、デンジと前夜の出来事を覚えていないと自称する姫野は朝食を食べながらある同盟を組みます。

それは、姫野はデンジとマキマがくっつくように、デンジは姫野とアキがくっつくように協力するという内容の同盟でした。

同日、マキマは部下1名と≪京都の偉い人たち≫との会食のために新幹線で移動していました。

30分後には京都へ到着するであろうというその車内で…

突然、マキマと部下は前後の席に座っていた4人によって銃で撃たれます。

襲った男たちはどこかと連絡を取っている様子で

男「こちらC班、こちらC班

開始」

と言いました。

チェンソーマン最新話を無料で読む方法は?

チェンソーマン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、チェンソーマン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
チェンソーマン最新話を読む

【第23話・銃声】のネタバレ

デンジはパワーちゃん、アキ、姫野と定食屋で食事をしていました。

その頃、コベニや荒井、他2名の特異4課の仲間たちは聞き込み調査をしていました。

すると、ほぼ同時に…

4課の仲間たちは一般民に扮した者たちから、不意を突かれ、銃で襲撃を受けます。

その銃声は定食屋のデンジたちにもかすかに聞こえていました。

デンジ「なんだこん音……」

パワー「知らんとは愚かじゃの……

太鼓の音じゃ」

アキ「祭りか……」

するとデンジらの近くに座って食事をしてた一人の男が話し始めます。

男「ここのラーメンよく食えるな……

味酷くないか?」

姫野「誰…?」

デンジ「俺はフツーにうめえけどな」

男は話し続けます。

男「味の良しあしがわからないんだな

まあ仕方ないことだ

幼少期に同じような味のモンしか食べてないと大人になってバカ舌になるらしい

舌がバカだと幸福度が下がる」

アキ「店出るか」

男は構わず続けます…

男「俺のじいちゃんは世界一やさしくてな

高い店でいいモン食わせて貰ったな~

じいちゃんヤクザだったけど正義のヤクザでさあ…

必要悪っていうのかな…

じいちゃんみたいな人はさ薬売った金で欲しいモンなんでも買ってくれてさ…

み~んなに好かれた江戸っ子気質のいい人だった…」

男は懐から何かを取り出し、その取り出したものをデンジ達に見せながら言いました。

男「デンジお前も好きだったろ?」

男が見せたものは写真でした。

その写真に写っていたのは…デンジの父親が借金をしたヤクザであり、ゾンビの悪魔に操られてデンジとポチタを殺したヤクザとその孫のような少年でした。

デンジ「なんのつもりだテメぇ…」

アキ「知り合いか?」

男「銃の悪魔はてめえの心臓が欲しいんだとよ」

そう言うと男は懐から銃を取り出し、デンジの頭を打ち抜きました。

次に反応して立ち上がるアキの右腕、姫野の胸を打ち抜きました。

2人が打たれた隙にパワーが男の前まで詰め寄り、殴りかかります。

男がパワーに殴られ、銃が手から離れると…

パワー「チョンマゲ‼」

アキ「コン…!」

アキがキツネの悪魔を召喚し、キツネの悪魔は建物の一部ごと男を喰らいました。

その時、アキはデンジの生死が不明だがとにかく意識がないこと、姫野が打たれた胸が左側だったことに気が付きます。

それと同時にキツネの悪魔がじゃべり始めます。

キツネ「早川アキ……

私の口にとんでもないモノを入れてきたねえ…

人でも悪魔でもなっ…」

キツネの悪魔の話は途中で途切れ、口の中から刀のようなもので切り裂かれます。

そしてキツネの悪魔の中から、先ほどの男と同じ服を着ている何者かが出てきました。

その何者かは、デンジが悪魔化した際と同様に頭と両手から刀が生えた姿で、キツネの悪魔の血液にまみれた姿をしていました。

アキ「パワー…姫野先輩の血を止めてろ」

アキはそう言いながら覚悟の抜刀をするのでした。

チェンソーマン【第23話・銃声】の感想

前回の最後にあおりがありましたが…

新章突入となっているだけあって前回までの日常系の回から打って変わって、バトル回へ展開しましたね。

第1話で出てきたヤクザの孫っぽい男が銃の悪魔とつながっているのは偶然か?

それとも第1話から伏線を張っていたのか?

どちらにせよ、展開が気になりますね(^▽^)

チェンソーマン、第24話は27号(6月3日発売)に掲載予定です。

チェンソーマン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、チェンソーマン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
チェンソーマン最新話を読む