週刊少年ジャンプ

チェンソーマン【第16話】はじめて味のネタバレ!ホテルでの悪魔探し

2019年4月1日発売の週刊少年ジャンプ18号に掲載している、チェンソーマン【第16話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

銃を悪魔の肉片を食べた悪魔との戦いー

ホテルの悪魔を倒したデンジ達。しかし悪魔との戦いの中で、デンジ達はホテルの8階から出ることができなくなります。

倒したはずなのに戦いが完結していないようです。これも銃の悪魔の肉片の影響なのでしょうか。

食べた悪魔をパワーアップしてしまうと言われていましたが今回の悪魔は考えれば呆気なかったように思います。

デンジ達は悪魔を見つけて戦いを終わらせ無事にホテルから出ることができるのでしょうか。

チェンソーマン最新話を無料で読む方法は?

チェンソーマン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、チェンソーマン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
チェンソーマン最新話を読む

【第16話】はじめての味のネタバレ

デンジはホテルのベッドで姫野に起こされます。

起きるデンジ。

8階から出られるようになったかどうかを確認します。

しかし、依然としてホテルからは出られない様子。

しかし、姫野は水と電気が使えること、少量だが逃げた宿泊客の荷物から食糧が見つかったことをデンジに伝える。

そして他のメンバーについての現況をデンジに伝えるのでした。

アキは悪魔を休みなしで探しており、荒井は置かれた状況に怯え部屋に閉じこもっていること、コベニは錯乱しトイレの水を飲もうとしたため、姫野が気絶させたようです。

そして、パワーは暇だからノーベル賞を考えていた、それを足掛かりに総理大臣になると、相変わらずの様子です。

パワーについてはいつも通りだとデンジは姫野に言い、姫野は良かったと安心するのでした。

その後姫野、デンジ、パワーの3人で荒井とコベニを見張ろうと提案します。

時間が経ち、2人を見張っている姫野は自分の持つ最後のタバコに火をつけます。

姫野とデンジがこの状況の中で落ち着いているためパワーはつまらないと言います。

姫野はアキが今頑張っているから休んでていいこと、あとはタバコの力だと言います。

そして、何か依存できるものがあるといいと言うのでした。

そのタバコを見て、デンジはアキと同じ銘柄のタバコだと言います。

姫野のその言葉に対し、アキにタバコの味を教えたのは私だと言うのでした。

そこで、姫野とアキの過去、回想シーンへと移ります。

まだ、アキが公安に入りたての頃、姫野はアキに付き合いがあるからタバコを吸えるようになった方がいいと、アキにタバコを勧めます。

しかし、アキは骨が腐るから吸わない、誰とも慣れ合う気はないと突き放します。

そんなアキに姫野はアキがなぜ公安にきたのか当ててあげるといい、銃の悪魔の話をするのでした。

なぜ当たったか不思議そうな顔をするアキ。

姫野は公安にくる暗めの人は全員銃の悪魔目当てだと言います。

なぜかというと、唯一公安だけが銃の悪魔の肉片を所持することを認められているためです。

そして、姫野はデビルハンターは短命だからアキもタバコを吸えばいいのにと言います。

それに対し俺は簡単に死なないとアキ。

その答えに対し、姫野はバディが死ぬのは面倒だからそうしてねと言います。

その後の回想シーンで姫野とアキが2人で街を歩いていると、前方からこちらに向かってくる人がいます。

その人の顔を見て姫野はアキにどこかへ行くように言います。

こちらに来た人は姫野が以前組んでいたバディの彼女なのでした。

その彼女は姫野に平手打ちをします。

悪魔に打ち勝つことが出来ず、死んでしまった彼氏を思い、死んでしまったことを姫野の所為にし、攻撃してくるのでした。

本当の仇である悪魔には到底太刀打ちできないからです。

その光景を見たアキは姫野を心配しやってきますが、姫野は死んでしまったハンターの遺族との揉め事はしょっちゅうで、これも仕事のうちだと言います。

しかし、アキは納得がいかない様子。

その彼女の服にガムを付けてくるのでした。

そして、やられたらやり返すべきだ、あの彼女は服についてるガムに気付かず生きていくんだと言います。

そのアキの言葉に、姫野は思わず笑うのでした。

その後二人は近くの中華料理屋にて食事をとります。

その中で、姫野は自分の師匠が言っていたことをアキに伝えます。

悪魔が恐れているのは勇敢でも強いデビルハンターでもなく、頭のネジがぶっ飛んでいるやつだと。

だからアキは長生きできそうと言うのでした。

それは嫌味かとアキは言います。

そんなアキに姫野は長い付き合いになりそうだからと再びタバコをアキに勧めます。

タバコを差し出されたアキは初め骨が腐るからと拒否しましたが、姫野に気圧され、一本だけ吸ってやると言うのでした。

そこで回想は終わり、現実のアキが戻ってきます。

そして戻ってくるなり、姫野にアキはタバコを持っているか聞きます。

それに対し、姫野はこれが最後の1本だと言います。

アキはじゃあそれくださいと言い、吸い始めるのでした。

間接キスだと騒ぐデンジを横目にアキは姫野にさっき倒した悪魔がどんどん大きくなっていることを報告します。

その報告が終わるや否やその悪魔がデンジ達の目の前に現れ、契約を迫るように言うのでした。

その契約内容とは、デンジを生贄に他のメンバーの安全を保障するというものでした。

デンジはもちろん、他のメンバーも驚きます。

そしてそのセリフを聞いてかどうかは分かりませんが、錯乱したコベニが包丁を構えデンジに近づいてくるのでした。

16話を読んでの感想

前回倒したはずの悪魔の影響によりホテルから出られなくなってしまったデンジ達一行。

荒井、コベニが極限状態に追い込まれる中、流石のデンジですね!

ものともせずに爆睡していました。

そして現れる巨大化した悪魔。

この巨大化は悪魔そもそもの能力なのか、はたまた銃の悪魔の力なのか、謎は残りますが、次回どんな戦いが一行を待ち構えるのでしょうか。

次回のチェンソーマン【第17話】が掲載されるのは4月8日発売の週刊少年ジャンプ19号です。

乞うご期待ください!

チェンソーマン最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、チェンソーマン最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
チェンソーマン最新話を読む