チェンソーマン

チェンソーマン【第13話】銃の悪魔のネタバレ!倒せたらどんな願いも叶えてくれる?

bcd1a3dc s - チェンソーマン【第13話】銃の悪魔のネタバレ!倒せたらどんな願いも叶えてくれる?

2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ15号に掲載している、チェンソーマン【第13話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

「銃の悪魔を倒して欲しい。」とマキマにお願いされるデンジ。

そしてデンジが銃の悪魔を倒したら、デンジの願い事なんでも1つ聞くと言われました。

思わずパワーの胸を揉んだ以上のことを想像してしまうデンジ。

一体どんなお願いをマキマに頼むのでしょうか。

【第13話】銃の悪魔のネタバレ

デンジが銃の悪魔を倒すことができたら、マキマがデンジの願いを叶えてくれる。

つまり、デンジが銃の悪魔を倒せたらマキマが願い叶えてくれる。

デンジは思わず2回同じことを言いました。

それほどまでにマキマが言ったことはデンジを動揺させたのでした。

デンジは欲望のままに願いを言いますが、マキマがそれを制します。

なぜそこまでマキマが言ったのかと言うと、銃の悪魔はそれほど強いからでした。

13年前に悪魔対策として世界中が銃で儲けようとしたときにその悪魔は現れました。

ちょうどアメリカで銃をつかった大きなテロが起きた日です。

アメリカのビルが黒煙で燃えています。

その事故があった当日、ある家族が子供に本を読んでいました。

タイヨウという名前のその子供は体が弱くその日も具合が良くなかったのです。

タイヨウのお兄ちゃんは自分の両親が体の弱いタイヨウばかり気にかけて、自分には一人で遊びなさいと言います。

お兄ちゃんはとても寂しかったのです。

そんなお兄ちゃんの胸中を察してか、タイヨウはお兄ちゃんと遊びたいと言います。

その発言に両親も、またお兄ちゃんも顔を見合わせて驚きました。

タイヨウのことを心配する両親、気分が悪くなったら家に帰るよう言います。

タイヨウとお兄ちゃんは雪の積もる外で歩きます。

しかし、お兄ちゃんはタイヨウが気を使っていること、タイヨウは身体が弱い事などから、タイヨウとは離れて歩き、ついてくるなと言います。

そこに地面の雪を集め、お兄ちゃんに投げつけるタイヨウ。

お兄ちゃんも負けじと投げ返します。

ひとしきり雪玉を投げ合った二人でしたが、タイヨウは手がかじかんでいまったため、お兄ちゃんは雪玉でなく、家からグローブを持ってくるように言います。

傘なぜならキャッチボールなら手がかじかむことはなく、二人で遊べるからです。

その言葉に目を見開いて喜ぶタイヨウ、早速家に入りグローブを取ってこようとします。

そこに銃の悪魔が姿を見せる事なく家を粉砕します。

こうしてこのお兄ちゃんは家族を失うのでした。

11月18日午前10時その日銃の悪魔は5分間足らずで全世界の120万人弱の人々を殺します。

その後、銃の悪魔は姿を見せず、今もなお姿を隠しているのです。

その圧倒的な災害度から悪魔そのものの恐怖をも高め、力も強めた銃の悪魔。

銃の悪魔を少しでも弱体化させるために世界中で銃の所持厳罰化や事件、災害などの報道が規制されるようになりました。

その圧倒的に強い銃の悪魔の話を聞き、デンジは考え込みます。

マキマはデンジなら倒せると思うか聞きました。

デンジは「おれがすっげえ~ドカンと頑張れば大丈V(大丈夫)でしょう!」と言ってVサインをします。

そして銃の悪魔をどう見つけるのかをマキマに尋ねます。

そこにマキマは自分達が集めた銃の悪魔の肉片をデンジに見せます。

どうやら銃の悪魔は移動の速度が速すぎて、自らの体が少し焦げ落ちたようです。

焦げ落ちた肉片は銃の弾丸のような形で肉片同士が再生能力からかくっつき一つになろうとすること、また他の悪魔がこの肉片を食べると力が増すことをマキマはデンジに伝えました。

そして肉片をもっと集めてより大きくすることができれば、本体に戻ろうとするため、銃の悪魔そのものにたどり着くのだと言いました。

そしてシーンは変わり、ある場所にてある男2人組が何やら倒した悪魔から何かを拾い上げています。

それは銃の悪魔の肉片でした。

その2人組が倒した悪魔は肉片を食べていたため、雑魚妖怪にしては強かったと言いました。

2人組のうち、肉片を見つけた男は言いました。

この肉片を集めた先にヤツがいる…と。

この2人もまた銃の悪魔の肉片を集めているのです。

そして、この男は前回銃の悪魔に家族を奪われた、あのタイヨウのお兄ちゃんなのでした。

このお兄ちゃんはその後公安対魔特異4課に所属し、銃の悪魔を追っているのでした。

13話を読んでの感想

銃の悪魔、圧倒的でした!

5分足らずで何万人もの犠牲を出し、しかも手がかりは弾丸のような肉片のみ。

さらに能力としてその肉片を食べた悪魔は能力が上がる…。

トンデモ能力ですね。

さらに今回存在が明らかになった公安ですが、所属している人も一癖も二癖もありそうです…。

途中銃の悪魔の被害の回想が出てきましたが、なんとあのお兄ちゃんが成長し、公安の一員だったところも良かったですね!

犠牲になった家族の敵討ちでしょうか…!

何にせよこれからまずは銃の悪魔の肉片を巡って戦いが激化してきそうです。

次回のチェンソーマン【第14話】が掲載されるのは3月18日発売の週刊少年ジャンプ16号です。

乞うご期待ください!