週刊少年マガジン

ダイヤのAactⅡ【第155話】本気の青道のネタバレ!御幸の意地の一発

u6yjuyjyjuyu - ダイヤのAactⅡ【第155話】本気の青道のネタバレ!御幸の意地の一発

2019年2月6日発売の週刊少年マガジン10号、ダイヤのAactⅡ【第155話】本気の青道を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会3回戦、青道VS由良総合。由良総合に1点をリードされる中、何度もフォアボールを出して、なかなか本調子の出ない沢村は、ついに交代を言い渡されてしまいます。

川上に交代する際、ボールに思いを込め、悔しい気持ちを押し殺してベンチで声を出す沢村。

そして沢村の代わりに途中からマウンドに立った川上は、いきなりフロントドアを投げ、由良総合の流れを断ち切ることに成功しました。

ダイヤのAactⅡ【第155話】本気の青道のネタバレ

「ストライーク!バッターアウト!」

空振り三振でバッターを抑え、1点も許せない4回表を切り抜けた川上。

9番億吉をセカンドフライに仕留め、1番百瀬をシンカーで三球三振に抑えました。

由良総合に流れを作らせない完璧リリーフを見せた、川上・御幸の3年生バッテリー。

青道ベンチは盛り上がり、沢村はグラウンドに険しい表情で拳を向けます。

そして川上の投球を見届けた沢村は「・・・行こう由井少年。」と由井に声をかけ、クールダウンに向かいました。

青道のチームメイトたちから、ベンチに戻ってきた川上に「ナイスピッチ!」と、賛辞が送られます。

「右バッターのボールゾーンからストライクゾーンに投げるフロントドア。秋から投げてましたよね。」と大和田。

「左バッターにはアウトコースにストレートとシンカーの投げ分け。青道ベンチとしては、由良に傾いた流れを断ち切りたい。その起用に見事に応えたな。」と峰。

大和田が「御幸君も明らかにねじ伏せていく強気なリードでしたしね。」と話す隣で、峰は由井とキャッチボールでクールダウンする沢村を切ない表情で見つめます。

「とはいえ、ベンチが動かざるを得ない事態だったことも事実・・ここから試合がどう進むかだな。」

 

一方由良総合のベンチで、片岡監督を無言で見つめる榊監督。

ピッチャーの東山は「あれで控えかよ、層が厚いな」とチームメイトと話しています。

すると榊監督は東山に声をかけ、「前の回は上手くいったが、あまりスライダーをゾーンに集めるなよ。奴らの頭にスライダーがあると思わせるだけでいいんだからな。」とあくまでスライダーは意識させるだけでいいと指示を送りました。

 

そして4回裏、青道の攻撃は4番キャッチャーの御幸からスタートです。

応援の演奏が鳴り響く中、沢村はバッターボックスに立つ御幸の背中を見つめます。

バットを構える御幸に雰囲気あるなぁと感じつつ、球を投げる東山。

御幸は初球を見逃し、判定はボールとなります。

「スライダーから来たか」「前は勝負を避けてたからな」「ランナーなしからどう打ち取る」と話す観客。

微動だにしない御幸の様子に(嫌な見逃し方しやがる。無理はしなくていい、慎重にな。甘い球は持っていかれるぞ)とキャッチャーにサインを送る榊監督。

キャッチャーは外の際どい所に構えます。

投球動作をしながら、榊監督との特訓の日々を思い出して喜びを噛み締める東山。

(2年前じゃ考えられなかったよなぁ・・覚えることや考えることが多いし・・・密度の濃い練習に毎日ヘトヘトだし、でもその成果がこれだろ?

あの青道が俺ら相手に本気で牙剥いてむかってんだ。たまんねぇ。)

そして東山の投げた球を、待っていたかのように打ち返す御幸。

全員がボールの行方を追いかけ、唖然とします。

大きく飛んだ打球は、センター方向に伸び、フェンスの向こうのバックスクリーンに直撃。

『入ったぁ――!!試合を振り出しに戻す主砲の一撃――!!』

表情を変えずにベースを回る御幸を、沢村は笑顔で見つめていました。

ダイヤのAactⅡ【第155話】本気の青道の感想

青道がついに由良総合に追いつき、川上のピッチングと御幸の一発で完全に由良総合の流れを断ち切りました。

川上と御幸の3年生コンビが、榊監督の戦略を出し抜く活躍を見せていて、とても頼りになりますね。

この流れのまま、由良総合に勝ち越して点を取りたいところですが、まだ同点なので油断はできません。ここからどのような試合展開になるのでしょうか?

次回のダイヤのAactⅡ【第156話】が掲載される週刊少年マガジン11号の発売日は2月13日になります。