ダイヤのA

ダイヤのAactⅡ【第154話】込めたもののネタバレ!沢村降板

jkukiiky - ダイヤのAactⅡ【第154話】込めたもののネタバレ!沢村降板

2019年1月30日発売の週刊少年マガジン9号、ダイヤのAactⅡ【第154話】込めたものを読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会3回戦、青道VS由良総合。由良総合は1点をリードする3回裏、北方に代えてエースの東山を投入します。

渡辺は今までの試合をチェックし、東山はぐいぐいストレートで押してくるタイプだと分析していましたが、裏をかかれて変化球で攻められ、青道は点を取ることができませんでした。

そして4回表、沢村はまたしてもフォアボールを出し、片岡監督に投手交代を告げられてしまいまず。

ダイヤのAactⅡ【第154話】込めたもののネタバレ

「さ・・・沢村に見切りをつけた?片岡監督!」「まだ4回・・・エースだぞ!!」と観客はざわついています。

片岡監督の指示を受け、マウンドに向かう川上。

沢村は下を向いて歯を食いしばっています。

「沢村。お前の気持ちはみんなに届いてるよ・・あとは俺たちに任せてくれるか?」

川上が沢村に声をかけると、沢村は無言でボールを両手で挟み、それを川上のミットに手渡しました。

「込めときました。」

そう言ってマウンドから去っていく沢村。

川上は沢村の後姿を驚いた表情で見つめます。

ベンチに向かう沢村を複雑な表情で見つめる、チームメイトたち。

沢村は帽子で顔を隠し、悔しそうに歯を食いしばっています。

「これ以上向こうに付け入る隙を与えたくなかった。」

とベンチに戻った沢村に伝える片岡監督。

「あとはあいつらに任せよう。」

片岡監督はマウンドを見つめたまま沢村に声をかけます。

降谷が沢村に無言で、ドリンクを渡しました。

「なんだよ、結局肩作ってねぇじゃねーか・・。」と降谷に声をかける沢村。

それに対して「・・うん。思ったより早かったから。」とさりげなくグサッとくる言葉をいう降谷。

「沢村先輩。ダウン付き合います。」

由井の言葉にドリンクを飲みながら「・・ああ頼む」と答える沢村。

「このイニングが終わったらな・・。」

そういってグランドの方を向き、声出しを始めました。

「さぁ――ここから!本当の始まり!!こんなもんじゃねぇからな!!俺たちの野球は!」

それに気づいて振り返る青道の選手たち。

「足引っ張ってるやつはいなくなった!もう遠慮しなくていいですよ!思う存分暴れちゃってください!!」

といってわはははと笑う沢村。

御幸は「ボールは走ってなかったけど、あいつは全部背負って投げてたと思う・・。」と沢村を見つめながら川上に話します。

「もっと力になってやりたかった。」

「うん。」

 

由良総合の榊監督はもう少し引っ張ると思っていたが、動いてきやがったなと、片岡監督を見つめます。

(焦りからくる継投か・・迷いのない決断か・・いずれにせよ、攻め入るチャンス。ここで崩せれば向こうに大ダメージを与えることができる。)

そして再開した4回表の由良総合の攻撃。

1塁には東山がいます。

(ピッチャーだし動いてこないと思うけど、ランナーは俺が何とかする。ノリはバッターに集中してくれ。)

御幸がサインを出すと川上が頷きました。

「さーノリ先輩初球!狙ってきますよ!!」

ベンチで声を出す沢村。

川上は以前の試合で、沢村と交代したときの場面を思い出し、思いを馳せながらボールを投げます。

(・・・沢村、ありがとな。俺たちは3年だから・・覚悟だけは出来てる。)

「ストライーク!!」

川上の投球に驚く由良総合のバッター。

「オッケィ!!」「ナイスボール!」「ええ球や!」「攻めるぞノリ!!」と青道の選手たちは盛り上がります。

(まいったな。初球からこんな球投げられたら。)と考えながらバッターにサインを出す榊監督。

(右バッターに外のスライダーを見極めさせるのは酷というもの・・頭のいいあのキャッチャーなら、コーナーを広く見せるため、必ずインコースに投げてくるはず。その球を狙い打つ。)

しかし榊監督の読みは外れ、川上が投げた球は内側から外側に曲がりました。

「フ・・フロントドア!?」

驚く由良総合の選手たち。

「ストライークツ――!!」

ダイヤのAactⅡ【第154話】込めたものの感想

沢村は結局途中降板することになってしまいました。

悔しい気持ちを押し殺して、声を出す沢村のシーンは切ないですが、川上や御幸の思いもグッときますね。

しかし川上の投球で由良総合を圧倒させることができました。

ここから青道は巻き返すことが出来るのでしょうか?

次回のダイヤのAactⅡ【第152話】が掲載される週刊少年マガジン10号の発売日は1月30日になります。