ダイヤのA

ダイヤのAactⅡ【第153話】伏線のネタバレ!由良総合に翻弄される青道

grgregregfd - ダイヤのAactⅡ【第153話】伏線のネタバレ!由良総合に翻弄される青道

2019年1月23日発売の週刊少年マガジン8号、ダイヤのAactⅡ【第153話】伏線を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会3回戦、青道VS由良総合。1回に由良総合に2点献上するも、その裏で青道も1点を返します。

しかしその後は由良総合の先発北方のカーブ主体のピッチングに翻弄され、点を取れず。何とか抑えているものの本来の調子が出ない沢村は、2アウトランナーなしの攻撃でヘッドスライディングをするほど冷静さを失っていました。

そして3回由良総合の攻撃で、またも沢村は出塁を許してしまいます。

ダイヤのAactⅡ【第153話】伏線のネタバレ

「はー3回も何とかしのいだか。」

「先頭打者に打たれたり4番歩かせたり、バタバタしてたけどな。」

「そろそろ落ち着いてもらわないと困るぜ、沢村。」と会話する観客。

3回裏青道の攻撃が始まるところで、由良総合がピッチャーを背番号1のエース東山に交代しました。

「まだ3回?」「この継投がどう転ぶか・・。青道もこのまま黙ってはいないだろうし・・」とグラウンドの外で見守っていた八弥王子の選手が話します。

「どちらのチームにとっても譲れないところだな。」という八谷王子のキャプテン川端。

青道の応援席にいる渡辺は、東山のことをストレートでぐいぐい押してくる強気なタイプだと話します。

「前の試合では結構三振もとってたし威力のあるボールなんだろうけど、ウチの打線なら捉えられると思う――」

 

バッターボックスに立つ1番の倉持。

東山は初球、2球目とスライダーを投げ、倉持は予想外の球に手が出ず2ストライクで追い込まれてしまいます。

「スライダー2つで追い込んだ!?これまでの試合と入り方が違う・・。」と驚く渡辺。

そして倉持は3球目を打ちますが、結果は内野ゴロでアウト。

2番の小湊もスライダーで攻められ、3球目を打ちますが、捕球され2アウトに。

さらに3番の白州もバットに当てますが、外野フライで3アウトとなり、東山は3者凡退で青道を抑えました。

継投策がズバリ的中し、盛り上がる由良総合のベンチ。

それを険しい表情で見つめる青道の選手たち。

沢村は悔しそうにこぶしを握ります。

「ストレートを迎え打とうとする俺たちの裏をかいたリード・・。」

「前の2試合から伏線を張っていたんですかね?」

そう話す倉持と小湊に御幸は、「でも捉えられてはいる。焦って向こうのペースに乗せられないことだな。」と話します。

「さー切り替えるで!!やるべきことをやってたらチャンスは来るで!!」

「おぉ!!」

青道の選手たちは声を出して、気合を入れました。

「沢村、この回もチェンジアップは少なめ。カットボール改とツーシームで撃たせていくぞ!!」

御幸の言葉に頷く沢村。

(流れをつかみさえすれば、一気にひっくりかえせる。流れさえ――・・)

 

「ボールフォア!」

しかし沢村は1アウトとったものの、8番のピッチャー東山にフォアボールを出してしまいます。

この試合では早くも4つ目のフォアボールです。

「珍しいですね・・沢村がこんなにフォアボールを出すなんて。」

「力んだな・・同じエースである東山を意識したか。」

と話す記者の峰と大和田。

すると、ここで青道ベンチがタイムを要求しました。

「ここで間をとったか・・」「これじゃあな」「いいリズムが生まれやしない」「守備が安定しないと打線に焦りが出る・・。固くなって本来の力が出ない」「強豪が負けるパターンじゃん!」と口々に話す観客たち。

由良総合の榊監督は、この状況でもブルペンには川上一人しかおらず、降谷は肩を作ってないことを確認します。

(いいのか鉄心。上ばっか見てやがると、足元すくっちまうぞ。)

 

そして片岡監督はベンチ前に出て、ブルペンを差し、マウンドに行くように指示を出しました。

ブルペンで準備していた川上は走り出します。

「え?マジ!?」

「ピッチャー交代?ここで!?」

その様子を榊監督は唖然とした様子で見つめていました。

ダイヤのAactⅡ【第153話】伏線の感想

青道は完全に裏をかかれ、由良総合のペースになってしまっていますね。

沢村も何とかしなければという気持ちが空回りしてる印象があります。

最後はピッチャー交代と告げたわけではありませんが、そのようなシーンで終わりました。

まだ一旦他のポジションにつかせる可能性もありますし、本当に交代するかどうかは分かりません。

来週どうなるのかとても気になりますね!

次回のダイヤのAactⅡ【第154話】が掲載される週刊少年マガジン9号の発売日は1月30日になります。