ダイヤのA

ダイヤのAactⅡ【第152話】知らず知らずのネタバレ!ヘッドスライディングする沢村

hthrhbg - ダイヤのAactⅡ【第152話】知らず知らずのネタバレ!ヘッドスライディングする沢村

2019年1月16日発売の週刊少年マガジン7号、ダイヤのAactⅡ【第152話】知らず知らずを読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会3回戦、青道VS由良総合の試合。初回調子の悪い沢村から、2点を取った由良総合。しかし青道の攻撃で1,2番の倉持と小湊の連続長打で1点返します。

その後もチャンスは続き、4番の御幸は敬遠され、5番の前園、6番の東条に出番が回ります。しかし榊監督の策略にはまって凡退し、逆転することは出来ませんでした。

ダイヤのAactⅡ【第152話】知らず知らずのネタバレ

西東京大会が始まる1週間前。

日が沈み切って辺りは暗くなり、ライトに照らされる中、青道のグラウンドでは守備練習が行われていました。

片岡監督のノックに「もう1本!」「さぁ来ーい!」と声を上げる部員たち。

沢村や御幸などレギュラー陣はその様子を真剣なまなざしで見つめています。

「追いつけるぞナベ――」「掴み取れ!!」

外野でノックの球をキャッチする渡辺。

「ありがとうございました!」

渡辺がお礼を言うと、部員たちから拍手が沸き起こります。

「ボール拾いをレギュラー陣が務め・・・本人たちが納得するまで続けられる引退ノック。ベンチ入りできなかった選手へのはなむけとはいえ、どこまでも律儀な人だ・・・。」と落合コーチは汗だくになりながらノックする片岡監督を見つめながら話します。

「まだまだぁ!」

「こんなもんじゃ足りないよ!」

「俺らはもっと動けるぞ!」

最後に残った三村と関は汗だくになりながら、声を出しました。

 

これまで費やしてきた時間、3年生の意地・・・

先輩たちの想いも全部マウンドにもっていく

グラウンドに立てないみんなの分まで

俺が代わりに投げる

沢村は3年生の想いを背負って、マウンドに立っていました。

由良総合の攻撃。沢村は打者を内野ゴロに仕留め、ツーアウトとなります。

エンドランを仕掛けていた由良総合に、本当に抜け目がないと感じる御幸。

(8番打者に撃たれたヒットも、チェンジアップで崩しきれなかったから・・・1球ごとにベンチからサイン出てるし。リードを読まれているとしか・・・。)

御幸はサインを出す由良総合の榊監督を見つめながら、それなら読まれても打たれない球をと沢村にサインを送りました。

サインに頷き、沢村が投げた球はカットボール改。

打者はカットボール改をバッドにあてますが、サードゴロになり、スリーアウトとなります。

リードを変えてきたことに気づき、あれだけ入れ込んだ投手をコントロールするのは難しいだろうにと、御幸を見つめながら感心する榊監督。

「北方!あと三人頼んだぞ!東山・大須準備はいいな!!」

「はい!」

榊監督は選手たちに声をかけ、常に先手を打ち主導権を握り続け、沢村が本調子に戻る前にどれだけ切り崩せるかが勝負だと考えます。

 

2回裏青道の攻撃。

結城はフェンス際の外野フライに倒れ、金丸も外野手に好捕されアウトになります。

続く沢村は「おいしょー!」と気合を入れて打ちますが、ボテボテのゴロ。

余裕でアウトかと思いきや、これが絶妙な当たりになります。

ファーストが前に出てボールを捕る間に沢村は全力で走り、無我夢中でベースへ飛び込みました。

(俺が塁に出てチャンスを作る――あとはみんなが――・・)

しかしヘッドスライディングのかいもなく、結果はアウト。

「やべぇ・・アイツ」「マジかよ、ピッチャーが・・・」「俺は好きだな、あぁいう奴!!これぞ高校野球」「そんな場面でもねぇし・・ケガしたらどーすんだ」とざわざわする観客たち。

「沢村・・お前!!」

戻ってきた沢村に倉持が怒ろうとしますが、沢村は「すみません。塁に出られませんでした。」と謝ります。

「沢村先輩。ゆっくり準備してください!」

由井が沢村を気遣い、降谷が水筒を渡します。

(気持ちが入ってる入ってない以前の問題だ。冷静な判断ができていない。)

沢村の状態を危惧する落合コーチと、黙って沢村を見つめる片岡監督。

御幸も、前の回カットボール改をバットに当てられたことを、ストレートが走ってない証拠だと危ぶみます。

(今の状態が続くようなら・・・)

そして3回表由良総合の攻撃。

沢村はレフト前ヒットを打たれました。

 ダイヤのAactⅡ【第152話】知らず知らずの感想

調子を取り戻しつつあると思われた沢村ですが、まだ本調子ではなかったようです。

由良総合も手強いので、簡単には勝たせてくれそうもありませんが、沢村には早く調子を取り戻してほしいですね!

果たして次はどんな試合展開になるのでしょうか?

次回のダイヤのAactⅡ【第153話】が掲載される週刊少年マガジン8号の発売日は1月23日になります。