週刊少年マガジン

ダイヤのAactⅡ【第150話】ナベチェックのネタバレ!反撃開始!

dadawefea - ダイヤのAactⅡ【第150話】ナベチェックのネタバレ!反撃開始!

2018年12月26日発売の週刊少年マガジン4・5号、ダイヤのAactⅡ【第150話】ナベチェックを読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会3回戦の青道VS由良総合。いつもの調子が出ない沢村は初回からピンチを作り、由良総合に1点を献上してしまいます。

しかし片岡監督が伝令係に降谷を行かせたことで、徐々に調子を取り戻していく沢村。相手にストレートを読まれ、2点目も献上してしまったものの、小湊の助けもあってワンアウトを取ることに成功します。

なおも一死一塁の場面で、由良総合の打者はバントの構えを見せました。

ダイヤのAactⅡ【第150話】ナベチェックのネタバレ

沢村の投げた球を由良総合のバッターは、バントで転がしました。

御幸は沢村に一塁になげろと指示。

沢村は一塁に投げ、ツーアウトとなりますが、一塁ランナーは二塁に進みます。

次は由良総合6番バッターで長打のある万波。

外野は定位置より少し前進して、ホームに返さない構えをとりました。

「ボールに力は戻ってきてる。ここで絶対止めるぞ。」とつぶやく御幸。

御幸のサインに頷く沢村。

由良総合の榊監督は「お前のためのお膳立てだぜ万波ぃ、目一杯振ってこい!」と声を上げます。

そして沢村のチェンジアップを打った万波の打球は三遊間へ。

これを倉持がキャッチし、一塁をアウトにして、何とかピンチを切り抜けます。

「洋ちゃん!ありがとう洋ちゃん!!サンクス!洋ちゃん」

何度もお礼を言う沢村に、「お前クソほどテンパってんな」と沢村の尻を蹴る倉持。

「沢村ぁまだ初回だよ!切り替えていこう!!」とチームメイトが沢村を鼓舞します。

そんな中御幸は、由良総合の打者が沢村のチェンジアップにほとんど体勢を崩さなかったため、チェンジアップを狙っていたのかと由良総合のベンチを見つめながら考えます。

「奥村ぁ!!」

沢村はベンチに向かって奥村を呼びました。

「こっちです」と声がする方向を見ると、奥村は別の投手とウォーミングアップしている様子。

沢村は「あ・・すまん何でもない」と奥村に告げると、由井の方に向き直り、プロテクターいらないからすぐに行こうと投球練習を頼みます。

「今日なんかおかしい・・少しでも感覚取り戻してーんだ・・」

沢村の真剣な言葉に由井はそういう事ならと承諾。

ベンチに戻らずにそのまま行こうとする沢村を片岡監督は呼び止め、「水分はちゃんと取っとけ!!これから暑くなるぞ!!」と指示します。

御幸は片岡監督に沢村について、ボールは走り始めたけどまだ本調子ではないことを告げました。

一方守備について準備をする由良総合。

記者の峰と大和田は由良総合の投手について話します。

「由良総合の先発は3年でサウスポーの北方君。1・2回戦は登板してませんし・・青道としては予想外の投手かもしれませんね。」

「エースの東山君に背番号12の大須君。この3人の継投で青道打線に的を絞らせないのが狙いだろう・・」

 

1回裏、いよいよ青道高校の攻撃が始まります。

1番の倉持は打席に入る前、客席の応援団の中にいる、渡辺と目を合わせ頷きました。

そしてバッターボックスに立ち、沢村に思いを馳せ、闘志を燃やす倉持。

(沢村・・何点ありゃ落ち着ける・・?おれたちが盛り上げてやるからよぉ、お前らしくなげろ!)

倉持は北方の投げた球を一球目から打ち返します。

打球は右中間を抜け、倉持は一気に三塁へ到達しました。

続いて打席に立ったのは2番の小湊。

小湊は由良総合対戦前の作戦会議でのナベチェックを思い出していました。

由良総合を偵察していた渡辺は、由良総合の先発は今まで通り大須が来ると予想しますが、もう一人気になる投手がいるといいます。

「1・2回戦と出番はなかったけどずっとブルペンに入っていたサウスポー。背番号18、3年の北方。このピッチャーをうちの試合で起用してくる可能性はゼロじゃない。」

この渡辺の予感は的中したため、青道は北方の投球を把握することができたのです。

 

そしてバットを構える小湊。

(栄純君・・心配しないで。バックアップ態勢は万全だから・・2点ぐらいどうってことない――)

小湊は北方の投げた球を捕らえ、打球は左中間へ抜けます。

「越えたぁー!!」

盛り上がる客席。

三塁ランナーの倉持は悠々とホームインし、小湊は二塁に到達しました。

ダイヤのAactⅡ【第150話】ナベチェックの感想

ようやく1回のピンチを抑えた沢村。

そしていよいよ青道の猛反撃が始まり、裏でナベチェックの活躍もあって、倉持と小湊が2人で1点を返しました。

このまま一気に逆転したいですね。

次回のダイヤのAactⅡ【第151話】が掲載される週刊少年マガジン6号の発売日は1月9日になります。