週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第197話】その先のネタバレ!青道VS法兼、決着!

2020年1月15日発売、週刊少年マガジン7号のダイヤのA actⅡ【第197話】その先のネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

大量リードを背に好投する沢村はエースとしての覚悟を胸に、法兼打線をねじ伏せていきます。気迫あふれるその姿に、コールド勝ちで応えようと野手陣に檄を飛ばす片岡監督。

代打・由井の活躍もあり、青道はダメ押しの追加点をあげました。

ダイヤのA actⅡ【第197話】その先のネタバレ

青道は4回裏に5点を追加し、13点差に。

そしてコールド勝ちが決まるかもしれない5回表がスタートし、沢村は1アウトをとりました。

「まず一つな!!」「ナイスボール沢村ぁ!!」「輝き増しとるで!!沢村ぁ!」と次々に沢村に声をかけるチームメイト。

センターラインを残して守備を入れ替え、ベンチメンバーが試合に出たためチームが盛り上がっています。

さらに3年生が出ているので、ますます盛り上がっているようです。

これが出来たのも今日の沢村のピッチングがあったからだろうと推測する記者の峰。

点差が開いた試合では本来なら1年生の奥村にも経験を積ませておきたいところですが、ここはコールドを決めに行く場面なのでバッテリーは動かさなかったようです。

 

(さぁ綺麗に締めよう。次に向けて)

心の中で沢村に語り掛け、ミットを構える御幸。

そして沢村は渾身の投球で応えました。

まずはバッターも手が出せないような内角にストライク。

二球目は打者が止めたバットに当たりファールに。

最後は外角ギリギリの球で空振りを奪い、2アウトとなりました。

青道の選手たちは盛り上がり、法兼の選手たちは泣きながらも必死に声援を送っています。

そして法兼の最後のバッターに渾身の一球を投げる沢村。

打者はバットを振りぬき、前方に打球が転がりました。

打球は小湊が難なく処理しファーストへ転送され、アウトに。

法兼の選手たちは絶望し、打者は倒れこみました。

そんな中、歓喜の雄たけびを上げる沢村。

 

結果、先発沢村が5回で締めて試合は終了。

13-0の5回コールドで青道高校が準々決勝進出を決めました。

 

試合後、球場の外では法兼の選手たちが泣き崩れ、互いに慰め合っていました。

ヒット一本に終わったという記者に対して、結果は出なかったものの、選手たちは思い切ってプレーしてくれたと選手の健闘を称える法兼の監督。

法兼の監督は、卜部もいい球を投げていただけに余計悔しいだろうと記者に言います。

「・・・これが全国クラス」

そうつぶやいて法兼の監督は強く拳を握り、ただただ相手が強かったと振り返るのでした。

 

一方、記者の峰と大和田に対し、初回の攻撃は春からテーマにしていたから練習試合での経験がここで生きたと振り返る片岡監督。

所詮でつまずいた沢村は今日は安心して見られたんじゃないかと問う記者に、片岡監督は同意しつつも、これだけ点差があったにもかかわらず飛ばし過ぎだと話します。

しっかり振ってくる相手で、ベンチから見てるよりもプレッシャーはあったでしょうけどと話す片岡監督をみて、結構厳しめだと感じる大和田。

しかし初戦のつまずきも今日の全力投球も経験だから、全てを次につなげてくれたらと片岡監督は語るのでした。

 

一方力を使い果たし、球場外の階段で座り込む沢村。

そんな沢村にペットボトルの飲み物を渡しながら、降谷がナイスピッチと声を掛けます。

沢村はニヤッと笑って飲み物を受け取りながら、つないだぞ!と答えました。

2人のやり取りを青道の選手たちは、微笑ましく見守るのでした。

 

その後、球場では第2試合の創聖対光和の試合が行われました。

青道の選手たちは、創聖のピッチャーが打ち取った球を見て「今のがツーシーム?」と話します。

しかしツーシームにしては打者が体勢を大きく崩しており、落ち方も考えるとフォークじゃないかと話す青道の選手。

創聖の投手に代々受け継がれてきたのが創聖ツーシームでした。

創聖について、守備が固く毎年いい投手を育成することで有名なチームだという御幸。

特に川端と共に守備の名手とされる奈良は三拍子そろった選手で、最も警戒すべき男だと言います。

奈良は川端よりプレーは地味だという倉持に、ポジション取りは大胆だと返す小湊。

そんな中、芝生の上で横になって眠る沢村に金丸が気づき、すぐに起こそうとしますが、そのままでいいと御幸が制止しました。

昨日も寝れなかったといっていたという御幸の言葉に、金丸は驚きます。

青道の選手たちは沢村を見つめ、エースの重圧を感じ取るのでした。

ダイヤのA actⅡ【第197話】その先の感想

青道が圧倒的な力を見せつけて5回コールドで終わった試合でしたが、沢村自身は眠れないほど大きなプレッシャーの中で投げていたんですね。

しかしプレッシャーを感じながらも、しっかり抑えて投げぬいた沢村はとても頼もしく感じました。

次はどんな展開になるのか楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第198話】が掲載される週刊少年マガジン8号は1月22日に発売されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む