週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第190話】同じ分量のネタバレ!バッテリーの力

2019年11月13日発売、週刊少年マガジン50号のダイヤのA actⅡ【第190話】同じ分量のネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

薬師高校敗退の報せに改めて「夏の怖さ」を思い知る沢村。険しい表情を見せるエースの姿に、ナインは精一杯のサポートを約束し、悔いのない投球ができるよう後押しします。

そして迎えた法兼戦。沢村は順調な立ち上がりを見せました。

ダイヤのA actⅡ【第190話】同じ分量のネタバレ

1回表。沢村はツーストライクを取り1人目の打者を押している様子。

しかし徐々にボール球が増えていき、ついにフルカウントになりました。

立ち上がり、まだボールが上ずっているという川上。

高めの球を見逃す打者に対し、御幸は高めの見極めというより目付けをしていて、相手が徹底的に低めだけ狙ってきていると考えます。

この打者を塁に出すか出さないかで局面は大きく変わり、沢村に余計な力みが生まれる可能性もあるため、奥村は御幸がどんなリードをするのか注目していました。

 

そんな中、ど真ん中の真っすぐを要求する御幸に驚く沢村。

御幸は目いっぱい腕を振れと真ん中にミットを構えます。

沢村は振り回してくるバッターに対して、ど真ん中のストレートを要求をする御幸に戸惑いつつも、何か狙いがあるなら迷わず投げようとストレートを投じました。

すると打者は真ん中高めの球を空振りしました。

結果、打者を三振に仕留めて観客は盛り上がります。

御幸は拳を握りながら、このコースを振らせたのはでかい!!と心の中で喜びます。

御幸の中には、これで沢村の力みが少し取れてくれたらという気持ちもありました。

そして審判にタイムを要求する御幸。

由井と奥村はど真ん中に構えた御幸のリードに驚いていました。

沢村は御幸に小声で少し球が浮いてしまったと謝ります。

そんな沢村に打者も振り遅れていたし、球は来てるから全然大丈夫だと声を掛ける御幸。

ど真ん中に投げるつもりで良いから腕だけしっかり振れという御幸に「分かりました」と沢村は答えました。

 

そんな中、法兼学園の1番打者は次の打者に対して、結構球が伸びてくると忠告します。

法兼の監督は沢村が制球力のあるピッチャーのため、追い込まれるまで高めは捨てて、狙うのは低めだけで良いと選手たちに指示していました。

 

そして2番打者に対し、またも高めのストレートを投じる沢村。

打者はそれを見逃しますが、ストライクを取りました。

御幸はストライクゾーンの高さを確認します。

2球目も高めの球を投じてツーストライクとなり、打者を2球で追い込みました。

ここで奥村は御幸が沢村にリズムを作らせようと、浮き気味の球をむしろ利用していることに気づきます。

そして3球目。

遊び球はいらないだろ?と心の中で沢村に問いかける御幸。

 

ど真ん中で良いんだ・・・

振り抜け―――

 

3球目は先ほどまでより少し低めにビシッと決まったアウトコースのストレートでした。

打者はその球に手が出ず三球三振に。

チームメイトは盛り上がり、ナイスボール沢村!!と声を掛ける御幸。

体重に乗った最高のボールがようやく来たと満足気に微笑む御幸に対し、沢村は気を引き締めた表情のまま無言で頷きます。

ストレートだけで打者を抑えた沢村に、これが沢村のピッチングだとチームメイトたちは盛り上がります。

そして応援席からはツーアウトのコールが。

奥村はリズムが出てきたことでフォームから力みが消えたと感じます。

 

次に御幸は打者がストレートを意識していることを踏まえて、チェンジアップを要求しました。

すると見事にチェンジアップが決まり、打者から空振りを奪うことに成功します。

リズムが戻ってきたんじゃないかと興奮する太田コーチ。

そして2球目のインコースの球を3番打者は打ち上げました。

小フライはセカンド小湊がつかみ、スリーアウトに。

結果沢村は法兼打線を3人で打ち取る上々の立ち上がりを見せました。

 

そんな中、奥村は御幸が本来の力を出し切れなかった沢村と同じだけ自分も悔しいと言っていたことを思い出していました。

やったな!という御幸に沢村は「あざぁッス!」と返しながら、グラブタッチをするのでした。

ダイヤのA actⅡ【第190話】同じ分量の感想

力んでいる沢村を巧みにリードしてリズムを取り戻させる御幸はさすがでしたね。

沢村も信頼があるからこそ投げきれたんだと思います。

2人の絆の強さを感じました。

次は青道の攻撃ですが、どんな展開になるのか楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第191話】が掲載される週刊少年マガジン51号は11月20日に発売されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む