週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第177話】指2本分のプライドのネタバレ!薬師のエース登場!

46484684846418446 - ダイヤのA actⅡ【第177話】指2本分のプライドのネタバレ!薬師のエース登場!

2019年7月31日発売、週刊少年マガジン35号のダイヤのA actⅡ【第177話】指2本分のプライドのネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

先制点を許した薬師高校は、市大三高のエース・天久の前に反撃の糸口を掴めずにいました。

3回表、頼みの主砲・雷市が打席に立ちます。しかし見たことのない軌道で変化する天久の新球を前に、なすすべもなく雷市は三振を喫するのでした。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第177話】指2本分のプライドのネタバレ

市大三高のエース・天久と薬師の主砲・雷市の第二ラウンドは、天久に軍配が上がりました。

「ナイスボール!光聖!」「痺れるぜ!」と市大三高の選手たちは、口々に天久を褒めます。

三振を喫して呆然とする雷市を見て、市大三高のキャッチャーは、完全にストレートに偽装できていたと確信します。

そんな中、天久はマウンドを降りながら、新球の精度を高めることを考えていました。

一方雷市は未だにバッターボックスから動けず、その場に立ち尽くしています。

(見たことない回転・・・軌道・・・すげぇ・・・すげぇぞアマヒサ・・・)

「カカ・・・!!カハハハハ!!」

天久の新球をみて興奮し、笑いがこみ上げる雷市。

天久はそんな雷市に気づき、(お前ならそういう反応してくれると思ってた。これで最後まで油断せずに済む)と笑みを浮かべます。

「うぉ~早く打席に立ちてぇ~!!」と雄たけびを上げる雷市。

市大三高のキャッチャーが「上手くいったな」と声をかけると、天久は「あぁ・・インパクトは与えられたな」と返します。

曲がりの大きなスライダーは天久の代名詞ですが、本人はもっと曲がりが小さく、一見ストレートに見えるボールを求めていました。

曲がり過ぎて制御しづらいスライダーを、カット気味に投げることで生まれた新たなボールの回転。

カットボールのように打者の手元で鋭くスライダーのように曲がるこのボールを、天久は曲がり切らないスライダー「スライ」と呼んでいます。

 

観客たちも天久のボールが何か分からないと話しています。

「轟があんな簡単に三振するなんて。」

「カットボールにしては沈んでたよな。」

一方雷市もチームメイトに天久のボールについて必死に説明しています。

「回転がこうぐるぐるぐる~ってきて、途中どひゅんって感じに沈んで!!」

そんな雷市の解説を聞きながら、「結構スピードが出てたよな」「スプリットみたいなもんか」と話すチームメイトたち。

轟監督はあのスライダーだけでも、手を焼いていたのに新しい球まで隠し持っていたかとイラ立ちます。

そして天久の出来を見た轟監督は、真田にこの回からいけと告げました。

(頼んだぜ)

 

3回裏、薬師高校はピッチャーの友部がレフトに回り、レフトの真田がピッチャーに変わりました。

(これ以上、やつらを勢いづかせちゃいけねぇ)

そんな決意をもってマウンドに上がる真田。

もう少し粘りたかったと謝る友部に、「気にすんな。守備にバッティング。お前にはまだまだ活躍してもらわなきゃ困るからよ。」とフォローする真田。

一方田原監督は、真田の先発を回避させたのは何か事情があったはずだと考えていました。

そしてベンチから1番の千丸へ向けて、何かサインを送る田原監督。

(この早い回。轟ボーイや三島ボーイではなく、エースを引きずり出せた意味は大きい。薬師自ら、もう後がないとカムアウトしてくれているようなもの)

 

打席に立つ千丸は真田が情報通り、プレートの一塁側いっぱいに足をかけていることを確認します。

(右打者には胸元に食い込んでくるシュート・・・差し込まれないように身体の前で)

千丸が情報を頭の中で反復している間に、真田は一球目を投じました。

千丸がバットを振りぬくと、ボールはボテボテのセカンドゴロに。

先頭の千丸をセカンドゴロに打ち取った瞬間、薬師高校のチームメイトたちは盛り上がります。

「しゃあ!真田先輩!」

「一球必殺!」

「ナイスボール真田先輩!!ナイスピー!!」

そんな中、クールな表情で(まず一つ・・)と一息つく真田。

雷市は「カハハハ!これがサナーダ!!」と笑います。

真田は一球でベンチの空気をガラッと変えました。

 

一方田原監督は次の打者の森に、先ほど千丸に送ったサインと同じサインと送ります。

(シュートにカッター、打者の胸元に食い込んでくるボールが武器のピッチャーだ・・・彼のボールに振り負けないためには、バットを短く持つことも必要となるだろう。

ツーフィンガー分、君たちのプライドを私に与えてくれ―――!!)

ダイヤのA actⅡ【第177話】指2本分のプライドの感想

いよいよ薬師のエース真田が登場しましたね。

エース対決、どちらに軍配が上がるのか、さらに楽しみになってきました!

次回のダイヤのAactⅡ【第178話】が掲載される週刊少年マガジン36号は8月7日に発売されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む