週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第174話】薬師の弱点のネタバレ!市大三高の反撃開始

16541171451547 - ダイヤのA actⅡ【第174話】薬師の弱点のネタバレ!市大三高の反撃開始

2019年7月10日発売、週刊少年マガジン32号のダイヤのA actⅡ【第174話】薬師の弱点のネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会5回戦、薬師対市大三高戦が開幕。立ち上がりに不安を抱える市大三高のエース天久は、1番秋葉、2番雷市の連打でピンチになります。

天久がこのまま崩れるかと思われましたが、後続を150㎞のストレートとスライダーで三者連続三振に仕留め、ピンチを切り抜けました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第174話】薬師の弱点のネタバレ

一回裏、市大三高の攻撃。

先頭打者の千丸浩史がバッターボックスに入りました。

背番号二桁の千丸は、薬師にはあまりデータがないようです。

青道高校から偵察に来ている渡辺は、千丸について「春大ではベンチだった選手ですよね。」と高島に確認します。

高島はそれに同意し、千丸はピッチャーとして市大三高に入学した選手だったものの、最後の年は野手に専念することにしたようだと話します。

「今大会での大抜擢。よほど調子がいいんですかね。」

 

一方千丸は、1年で夏大会から先発する友部は、図太い神経をしているんだろうと考えていました。

轟監督には3点までは大丈夫だと言われている友部。

一点もくれてやるつもりはないと強気で1球目を投じました。

その図太いメンタルが自分にもあればと弱気のまま、友部の1球目をとらえる千丸。

打球はセンターの頭上を越え、ツーベースヒットとなりました。

「しゃあ!」

「千丸センパイナイバッチ!!」

応援団のチームメイトが盛り上がる中、市大三高の田原監督はベンチでグッドと親指を立てます。

(ピッチャーとしての才能を開いてやることはできなかったが・・・今のそのポジションは君の努力でつかんだものだ。Respect千丸ボーイ)

 

続いて2番サードの森大志は、バントの構えを見せます。

さすがの市大三高も手堅く来るのかと思いきや、森はバットを持ち替えてヒッティングをしました。

打球は右方向に転がりましたが、セカンドの増田が好守備を見せ、ファーストをアウトに。

ランナーは三塁に進塁しました。

市大三高はイケイケの強打のチームだから、息つく暇がないという観客たち。

次はいよいよ市大三高のクリーンナップです。

3番センターの宮川輝が、バッターボックスに向かいます。

 

一方ベンチの天久は、どうやっても点はいるだろうから寝てていいかとチームメイトに冗談ぽく尋ねました。

そんな天久に「そーいうフラグ立てんな!」と突っ込むチームメイト。

田原監督は試合前のノックから、薬師は守備の方もかなり鍛え上げてきたように見えると話します。

「相手のエラーやミスは期待しない方がいいぞ。ボーイズ。」

と打席に立つ宮川に向かってつぶやく田原監督。

一方轟監督は、始めは3点勝負と踏んでいたものの、天久のピッチングを見ると1点でも少なく抑えたいと考えていました。

 

そんな中、薬師の雷市と三島は、

「フハハハ心配いらんぞ友部―!!」

「いらーん!!」

「後ろにいるのは俺たちだからな!!」

「俺たちが守ーる!」

と友部を鼓舞します。

そんな騒がしい声援に、少しうっとおしさを感じながらも、慣れてきた友部。

他のチームメイトも友部に声援を送ります。

(塁は2つ空いている・・・大胆にいけばいい)と心の中で応援する真田。

ストレートに強い宮川に対して、コーナーを広く使おうと薬師のキャッチャーがサインを送ります。

そして友部が1球目を投じました。

宮川はその球を打ちますが、ファールになります。

かなり引き付けるなと感じながら、2球目を投げる友部。

バッテリーは逃げずにインコースを攻め、またも宮川の打球はファールに。

2球で追い込んだものの、宮川はここからがしぶといぞとサインを送る薬師のキャッチャー。

「攻めろよ!!」「打たせて来い!」と守備陣が友部に向けて声を出します。

秋大会やセンバツなど激戦の中で多くを学んできた薬師の選手たち。

守備に走塁、準備思考、基本となるスローイング、弱点が多いほど付け込まれます。

「守備が足を引っ張ってるとは言わせない」と、守る薬師の選手たちは気合いの入った表情で守備についていました。

 

そして3球目。友部の投げたスライダーを、宮川がすくい上げました。

打ち上がったフライはセンターの阿部の元に向かいます。

タッチアップするには浅いかと、舌打ちをする宮川。

一方三塁ランナーの千丸は、センターの阿部はそんなに肩のある選手じゃないからいけると考えていました。

しかし阿部がキャッチした瞬間、スタートしようとする千丸を、三塁コーチャーが止めます。

阿部のバックホームは、ストライク返球でした。

観客からは薬師の守備が良くなっていると歓声が上がります。

三塁コーチャーに向けて、「グッジョブコーチャー」と親指を立てる田原監督。

(ここは星田ボーイに任せよう―――)

ダイヤのA actⅡ【第174話】薬師の弱点の感想

薬師に続き、市大三高も猛攻を見せましたが、薬師の守備の成長も際立ちましたね。

しかしまだ市大三高のチャンスは続いており、次は4番打者です。

どんな試合展開になっていくのか楽しみですね!

次回のダイヤのAactⅡ【第175話】が掲載される週刊少年マガジン33号は7月17日に発売されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む