週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第172話】バット猿とジーニアスボーイのネタバレ!天久VS雷市の第一ラウンド

65568685816846 - ダイヤのA actⅡ【第172話】バット猿とジーニアスボーイのネタバレ!天久VS雷市の第一ラウンド

2019年6月26日発売、週刊少年マガジン30号のダイヤのA actⅡ【第172話】バット猿とジーニアスボーイのネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

市大三高は過去に二度敗北を喫した薬師高校との大一番を迎えるにあたり、王者復権を目指して田原監督のもと、必勝を誓い合いました。

一方エースの天久は雷市と薬師打線を打ち取るべく、密かに新球を準備していました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第172話】バット猿とジーニアスボーイのネタバレ

青道の寮では、午後からの練習はフリーで、明日に備えて16時には上がるようにと選手たちに指示がされていました。

携帯で薬師対市大三高のスタメンをチェックする青道の選手たち。

「先行は薬師。三高の先発はエース天久。薬師の先発は1年友部。真田は3番レフトでスタメン・・2番に・・・轟雷市!?」

それを聞いて「やっぱ仕掛けてきたか・・・。」とつぶやく御幸。

 

一方薬師対市大三高の試合が行われる球場では、すでに市大三高が守備につき、薬師の1番バッターがバッターボックスに立っていました。

観客は雷市が2番だということに驚き、「熱すぎる!」と話します。

そんな中、雷市は天久を見つめ、一人不敵な笑みを浮かべて闘志を燃やしながら、ネクストバッターズサークルで自分の打席を待ち構えています。

そんな雷市の様子に、

(おいおい、今からもうそんなかよ。焦んじゃねーよ、バット猿。)

と考えながらニヤッとする天久。

観客席では青道高校から渡辺、奥村と共に偵察に来た高島が、天久から大量得点を取るのは難しいから、薬師は一つでも多く山場を作り出すためにクリーンナップを上げたと話します。

3番に勝負強い真田、4番にしぶとい打撃ができる三島、5番に先発の友部を置いた前陣速攻型のオーダーです。

市大三高のキャッチャーは、雷市も要注意だが1番バッターの秋葉も油断できない打者だと考えていました。

(まずは先頭バッターを丁寧に打ち取ろう)

心の中で天久に語り掛けながら、ミットを構えるキャッチャー。

天久も(わかっているよ、たかみー・・)と心の中で返事をして、雷市なんて全然意識してないと思いつつ、1球目のボールを投げました。

大きく曲がった変化球を秋葉は見逃し、ボールに。

天久は2球目、3球目も際どいところに投げ、秋葉は全くバットを振らずスリーボールとなります。

そして4球目、真ん中に来たストライクボールを秋葉はとらえました。

打球は天久の頭上を越え、センター前へと抜けていきます。

やっぱり雷市が気になったと、キャッチャーに素直に謝る天久。

秋葉は明らかに天久の気持ちが、こちらに向いていなかったと感じていました。

「立ち上がりムラっ気の多いピッチャーだからな。」とつぶやく真田。

「さぁー見せ場だぞ!」

「いったれ雷市ー!!」

盛り上がる薬師高校の選手たち。

「うおおおおー来たぁ――!!」

「いきなり!!ランナー一塁が得点圏!!」

観客たちも盛り上がります。

2番サードの雷市がバッターボックスに入った瞬間、大声援で驚く渡辺。

一方、市大三高の選手たちは、天久への信頼感から、この状況も冷静に受け止めていました。

「これも彼の持ち味・・・。」とつぶやく市大三高の田原監督。

(I Believe 天久ボーイ)

 

そしていよいよ、ランナーを1塁において、エースと主砲の第一ラウンドが始まりました。

キャッチャーは秋の大会で、雷市から三振を奪った膝元のスライダーを軸に勝負しようと考えます。

(来る・・・来る)と天久の投球を待ち構える雷市。

轟監督はベンチで「たまんねぇな雷市!逃げる気なんて毛頭ねぇってよ!!」と興奮気味です。

(あの時のままか、進化の途中か、あいさつ代わりの―――)

と天久はスライダーを投じました。

雷市は練習でシミュレーションしてきた通りに、曲がってきたスライダーを捉えます。

市大三高の選手たちが唖然とする中、雷市の打球はフェンスに直撃しました。

「カハハハハ!!イメージ通ーり!!」

ダイヤのA actⅡ【第172話】バット猿とジーニアスボーイの感想

ついに薬師VS市大三高の試合がスタートしましたが、いきなり雷市がフェンス直撃のヒットを打ちましたね。

天久は雷市のことを意識し過ぎているようですが、まだ新球も使っていませんし、これから本領発揮するでしょうね。

どんな展開になるのか楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第173話】が掲載される週刊少年マガジン31号は7月3日に発売されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む